「過去問ってできなくていいもの」伊沢拓司が受験生にアドバイス

「過去問ってできなくていいもの」伊沢拓司が受験生にアドバイス

「過去問ってできなくていいもの」伊沢拓司が受験生にアドバイス

伊沢拓司さんが、12月11日(水)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。東大出身でクイズ王としても知られる伊沢さんに、リスナーが自身の勉強に関するお悩みをクイズとして出題。そのお悩みが解決するような解答を、直接電話で伝えました。



――リスナー(18歳男性)の問題
『自分は受験生なのですが、過去問で解けない問題に出会ったとき、僕はどうなってしまうでしょう?』

とーやま校長:『どうなってしまうでしょう?』って、なかなか難しい問題ですが……。

伊沢:答えは……『やる気がなくなってしまう』。

リスナー:ちょっと違います。近いです。

伊沢:近い? 『頭が真っ白になる』。

リスナー:ちょっと違います。

とーやま校長:じゃあ、答えをもらいましょうか。

伊沢:はい。教えて?

リスナー:答えは……『すぐに苛立ってしまい、親に冷たく当たり、全く勉強ができなくなる』です。

伊沢・校長:お〜……。

とーやま校長:でも、これはよくないよね? なんとか改善したいと思っているってこと?

リスナー:自分ではわかっているんですけど……マインドコントロールが苦手なので、平常心を保つコツとか教えて欲しいです。

伊沢:なるほど。心を変えるのって、めっちゃ難しいんですよね? 僕も、できないとイライラしますもん。クイズ番組を見ても、ちょっと出ているのがわかると思うけど(笑)。感情が出ちゃうんですよ。

リスナー:(笑)。

伊沢:性格を変えるのは難しいと思うので、それより環境を変えちゃえばいいと思うんですよ。ここで言う“環境”とは、“考え方”なんですけど。

リスナー:はい。

伊沢:過去問って、できなくていいものなんですよ。なぜかというと、自分が何ができないかに気づくための道具なので。過去問が解けたって、本当のテストの点数は1点も上がらないじゃないですか。

リスナー:そうですね。

伊沢:むしろ過去問が解けなかったら、「やった! 自分のできないことに気づけたぜ!」って思ったらいいんじゃないですかね? それを復習すれば、次からできるようになるから。

リスナー:なるほど〜。

伊沢:(それでも)次にできなかったら、「前回の勉強のやり方が、間違っていることに気づけたぜ! ラッキー!!」って思えばいい。

リスナー:おお〜。

伊沢:過去問ができなくたって、本番は1ミリも損しないんですよ。大事なのは、本番でいい点を取ることだけですから……って考えると、ちょっと気楽にならないですか?

リスナー:そうですね。

伊沢:僕もそうでした。過去問はできないものです。できないものを探して解くものなので、焦る必要はないです。

とーやま校長:うん! この伊沢先生の解答は……どう?

リスナー:100点です!

<ピンポン!>

とーやま校長:大正解!

リスナー:大正解です。

伊沢:ありがとうございます! 苛立っちゃうときは仕方ないので……できなかったら、苛立ちますもん(笑)。なので、そのときに自暴自棄にならないで、「よし! 苛立ったからこれは解決!!」って思えば、マインドリセットできるので。それでまた頑張ってください!

とーやま校長:俺も応援してるよ!

リスナー:ありがとうございます!


----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2019年12月19日(木)AM 4:59 まで

スマートフォンでは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員に登録の上ご利用ください。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:とーやま校長
放送日時:月〜木曜 22:00〜23:55・金曜 22:00〜22:55
番組Webサイト ⇒ http://www.tfm.co.jp/lock/

12/9(月)〜12/13(金) SCHOOL OF LOCK! はスペシャル授業を開催!!

関連記事(外部サイト)