賀来賢人「何回でも嗅いじゃう…」クセになるほど大好きなニオイは?

賀来賢人「何回でも嗅いじゃう…」クセになるほど大好きなニオイは?

賀来賢人「何回でも嗅いじゃう…」クセになるほど大好きなニオイは?

俳優の賀来賢人がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「賀来賢人 SUZUKI “KENTO’S CLUB”」。12月18日(水)〜12月19日(木)の放送では、クラブ会員(※本番組でのリスナーの呼称)から寄せられたメッセージにまつわるトークや番組企画をお届けしました。

賀来賢人



◆会長の「好きなニオイBEST3」
12月18日(水)の放送では、「ケンクラ(※本番組の呼称)BEST3」と題して、クラブ会員から届いたメッセージに対し、会長(※本番組での賀来の呼称)のBEST3を発表しました。

<クラブ会員からのメッセージ>
「会長の好きなニオイは何ですか?」(女性 専門職)

好きなニオイ第3位は、「粘土のニオイ」。その理由について「わかる(笑)? 粘土って独特なニオイがするじゃないですか。小さいころすごく好きで。粘土をやるというよりも、粘土のニオイをひたすら嗅いでいるような少年だった。子どもが粘土を使って遊んでいるんですけど、『嗅がせていただきやす』ってニオイを嗅いじゃうんですよね。フェチだから異論は認めませんけど(苦笑)」と意外な一面を明かします。

次いで第2位は、「狭い部屋のカビ臭いニオイ」とニッチな回答が続きます。「部室のニオイが好きだったんです。汗臭い部室とかじゃなくて、部室のちょっとカビ臭いと言うか……地方とかに行ったときの狭い部屋のニオイ。カビっぽいんだけど、悪いニオイじゃないタイプのやつ。部室に汗臭さがマッチングすると駄目なんだよね。冬とかのカラッとした部室のニオイがすごく好きでしたね〜」と独特な説明をする会長。

そして、第1位は「うちの子どもの頭のニオイ」。発表するやいなや「これはもう断トツですね。これに勝てるニオイはないと思うな。何回でも嗅いじゃう。クセになるんですよね〜。やっぱり、自分のDNAを受け継いでいる子のニオイだから落ち着くんですかね? 昨日、寝かしつけ担当だったんですけど、寝たあとに“クンクンクン……”って(笑)」とプライベートの一面に触れつつ、「好きなニオイについて延々と語ってしまいましたけど、クラブ会員のみんな、引かないでね!」と呼びかけていました。

◆究極の選択に挑戦!
12月19日(木)の放送は、クラブ会員から届いた「こんな企画をやってみて」というメッセージに会長が答えました。

<クラブ会員からのメッセージ>
「私はよく女子会をするのですが、そこで盛り上がったのが“究極の選択”です。例えば、『1.男と女、生まれ変わるならどっち?』『2.未来を読める能力と人の心が読める能力、ほしいのはどっち?』『3.明日地球が滅亡するなら、最後の晩餐は何を食べる?』など。賢人会長もぜひやってみてください」(女性)

【1.男と女、生まれ変わるならどっち?】
会長は「男」を選択。その理由について、「男って馬鹿じゃないですか。だから女性になったらイラついてしょうがないと思うんですよね。それは耐えられない」。

【2.未来を読める能力と人の心が読める能力、ほしいのはどっち?】
この究極の選択に、「人の心は読みたくないな〜」とポツリ。「だって嫌なことも知っちゃうでしょ。これぐらいがちょうどいいし、面白いと思いますけどね、人生って。人の心が全部読めたら、何でもうまくいっちゃったり、傷ついちゃったりするじゃないですか」と話します。

一方の未来を読める能力についても「どうなの?」と疑問をぶつける会長。「周りの人にはいいかもしれない。本当に大変なことが起きる前に、大切な人に助言ができるような能力だったらいいですよね。自分の未来が読めるのってつまらない。一つひとつクリアしていくのが人間の使命と言うか、生きている意味と言うか……『どちらか選べ』と言われたら、未来を読める能力のほうかな」と語ります。

【3.明日地球が滅亡するなら、最後の晩餐は何を食べる?】
すぐさま「納豆卵ごはんに味噌汁とステーキ。で、ステーキは塩で食べる。もう半分は、ポン酢に大根おろし。これでどうだ!」と回答。というのも、この組み合わせは会長の“ルーティンめし”だから。

3つの究極の選択を終え、「難しいけど、面白いね。これ、またやりましょう! 良いお題があったら、メッセージをどんどん送ってください」と、またの実施を宣言していました。

<番組概要>
番組名:賀来賢人 SUZUKI “KENTO’S CLUB”
放送日時:毎週月〜木曜 16:50〜17:00
パーソナリティ:賀来賢人
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/kento/

関連記事(外部サイト)