木村拓哉 ドラマ「教場」撮影終了後は「喪失感よりも達成感のほうが大きかった」

木村拓哉 ドラマ「教場」撮影終了後は「喪失感よりも達成感のほうが大きかった」

木村拓哉 ドラマ「教場」撮影終了後は「喪失感よりも達成感のほうが大きかった」

木村拓哉が親交のあるゲストを迎え、人生をしなやかに生きていく様や、ゲストの秘めた魅力や強さに迫るTOKYO FMの番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」。12月のゲストには、女優の大島優子さんと俳優の三浦翔平さんが登場。12月15日(日)の放送では、3人が共演したスペシャルドラマ「教場」での撮影エピソードで盛り上がりました。


◆三浦翔平「やらなきゃいけない現場だな」
3人は2020年1月4日(土)、5日(日)二夜連続放送のフジテレビ開局60周年特別企画・ドラマ「教場」で共演。主演の木村は冷酷無比な教官・風間公親(かざま・きみちか)役、そして2人は“風間教場”の生徒役として、大島さんは楠本しのぶ(くすもと・しのぶ)役、三浦さんは日下部准(くさかべ・じゅん)役を演じています。

普段、三浦さんは「(現場では)僕の仕事をしたくて。1人で台本を読んで、次の準備をしたいタイプ」と明かします。しかし、現場での雰囲気から「これは、やらなきゃいけない現場だな」と感じ、生徒役のまとめ役を率先して買って出て、コミュニケーションを図っていたそうです。

現場について木村は「警察学校では点検という所作があるんです。『気をつけ』『休め』『楽に休め』という3つの姿勢があって、30人全員が合わせることを必要とされるんです。教官の『気をつけ!』と言う号令に対して取る姿勢は、三浦翔平も大島優子も今まで一度も使ったことのない筋肉をフルに使った『気をつけ』なんですよ」と明かします。

大島さんも「初めて(訓練で)やった日は筋肉痛になった。『気をつけ』『休め』だけなのに、汗をかくし、緊張するし……」と振り返ります。

この3つの姿勢に加え、木村は「警笛、手帳、手錠、警棒などの点検所作があって。それらをできるようになるまでの2週間ないし1ヵ月間は、みんな尋常じゃない時間を過ごしたと思う。みんなが変わっていく姿をあからさまに感じることができた」と語ります。

◆みんなの気持ちが1つに
生徒役の役者が1つになったきっかけは、三浦さんが音頭を取って集まった焼肉会。そのあとの訓練では、木村の気持ちにも変化が生じたようで「みんな制服に着替えて汗をかいて訓練しているのに、それを見ている(教官役の)自分は、なぜ私服だったんだろうと思って。自分も風間公親として着替えて、現場に立ち会うようになった。それから、みんな変わったのを感じて。訓練を指導してくれていた古谷(謙一)さんもスイッチが入ったよね」と振り返ります。

撮影当初、古谷さんは演者たちに気を使ってか、物腰がやわらかかったそうですが、木村が制服を着て訓練に立ち会うようになってからは、「急に鬼教官のようになって(笑)」と三浦さん。木村も「あの日を境に、『何度同じことを言わせるんだー!』って始まってね(笑)。それを含めて、すごくおもしろい企画なんだなと思った。

今、会社だろうが教育の現場だろうが、パワハラだったり、モラハラだったり。やり取りのなかで、少しでも圧を感じた時点でハラスメントになってしまう時代なのに“こういう作品をやるんだ!?”って」と話すと、大島さんは「放送されてどういう反響があるのか、とても楽しみ」と期待に胸躍らせていました。

◆印象的だった「卒業式のシーン」
そんなハードな現場のクランクアップを迎えたとき、木村は「終わったあとは喪失感よりも達成感のほうが大きかった」と打ち明けます。卒業式のシーンで、生徒たちが卒業証書を受け取る姿を見たときに、達成感を味わったそうで「みんなが卒業していったあとに、同じ教室に入っていく風間も撮ったんですけど、そのときの“振り出しに戻った感”がハンパなかった。時間がキュルキュルって巻き戻るというか、“またここから始まるんだ”っていう空気感はすごかったかな。それが新鮮だったのは、ものすごく覚えている」と話していました。

<番組概要>
番組名:木村拓哉 Flow supported by GYAO!
放送日時:毎週日曜 11:30〜11:55
パーソナリティ:木村拓哉
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/flow/

関連記事(外部サイト)