毎年書くことが同じ…年賀状に添える“手書きの一言” みんなのオススメを教えて!

毎年書くことが同じ…年賀状に添える“手書きの一言” みんなのオススメを教えて!

毎年書くことが同じ…年賀状に添える“手書きの一言” みんなのオススメを教えて!

2020年の年賀状、もう書き始めましたか? 印刷の年賀状でも、手書きのメッセージが一言添えてあると、なんだかうれしくなりますよね。 住吉美紀がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生ワイド番組「Blue Ocean」。毎週金曜日に放送している「オトナのなんでも相談室」のコーナーでは、「年賀状に添える小洒落た一言を教えてほしい!」という女性からの相談を取り上げました。


※写真はイメージです


【リスナーの相談】
「年賀状に手書きで一言添えているのですが、毎年同じになってきています。『今年もよろしくお願いします』とか……。何か小洒落た一言があれば教えてください!」(主婦)

こちらの相談に対し、ほかのリスナーからは以下のようなアドバイスか届きました。

◆今年の目標を書いてみては?
「年賀状には『毎日育児に追われています』などの近況を書くことが多いですが、『今年は少しのんびり過ごしたいです』『今年は習い事を始める予定です』など、軽い目標を書くと良い気がします。私も今年はそうしよう!」(40歳・主婦)

◆パーソナルなことを書いてほしい!
「この1年何があったかを書いてくださると、読んでいるほうは楽しいです。パーソナルなことが書いてあると、よりその人との距離が近く感じられます。最近は喪中ハガキでも、故人について一言書いてらっしゃることがあり、『こういう偲び方もあるのだなぁ』と感じます」(36歳・主婦)

◆簡単おみくじで遊び心を!
「私が実際に昨年から使用している一言。『あなたの今年の運勢は……? 大吉です!』と印刷か手書きwpして、その“大吉”部分をマスキングテープで隠し剥がせる仕様にして“簡単おみくじ”にします。もちろん、差し出す年賀状すべてのおみくじを大吉にします。少しでも遊び心があれば、もらう側も楽しいかなと思います」(22歳・自営業)

◆2020年にちなんで一言
「干支にからめて『ネズミのようにちょこまかと、活動的にいきます!』とか、『ネズミ小僧ゆかりのお寺があるみたいですよ。行ってみたいな〜』とか、『オリンピックのチケットは当たりましたか?』とか、そういうのはどうでしょうか」(42歳・主婦)

こちらの相談に対し住吉は、「私は、『Blue Ocean、毎朝楽しくやってます!』とか、『猫が増えました!』とか、自分の人生の報告を一言決めて書くっていうことが最近は多いかな」とコメントしていました。

<番組概要>
番組名:Blue Ocean
放送日時 :毎週月〜金曜9:00〜11:00
パーソナリティ:住吉美紀
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/bo/

関連記事(外部サイト)