ももクロ 7年来の“お友達” 宮城県・女川町の魅力について語る

ももクロ 7年来の“お友達” 宮城県・女川町の魅力について語る

ももクロ 7年来の“お友達” 宮城県・女川町の魅力について語る


(左から)番組ナビゲーターの清野茂樹、ももいろクローバーZの“かなこ”こと、百田夏菜子、“しおりん”こと、玉井詩織、“れに”こと、高城れに、“あーりん”こと、佐々木彩夏



「ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!」は好奇心を刺激する“知識”と、日曜夕方を彩る“音楽”をあわせ持った家族で楽しめる『知識+音楽のハイブリッドプログラム』。毎週ゲストをお迎えして、より音楽が色濃くなって、家族でドライブに行きたくなるような1時間をお届けいたします。

12月15日(日)の放送では、宮城県女川町より生放送を行いました。以前から女川町と親交のあるももいろクローバーZが、オナガワエフエムのパーソナリティ・阿部こころさんをゲストに迎えて、女川町について語りました。
(ももいろクローバーZがパーソナリティをつとめるTOKYO FM「ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!」2019年12月15日(日)放送より)


阿部さんは、宮城県石巻市生まれ。2008年、小学生のときに女川町に引っ越してきましたが、東日本大震災で自宅が被災したため、石巻の仮設住宅で暮らしています。

2015年、ご自身がリスナーとして聴いていた、「女川さいがいFM」に高校生アナウンサーとして参加。また、時を同じくして女川の自宅が再建され、女川町へ戻られました。

れに:“ももクロと女川町”といえば、かれこれお友達になって7年ということですね。

しおりん:思い出がいっぱいあるよね。



れに:お祭りに出たり、ラジオ番組に出たり、船に乗ってホタテ漁に行ったの、みなさん覚えてますか?

あーりん:すごい寒かったやつ!(笑)

れに:お友達として、定期的に女川の皆さんと交流させてもらっていますね〜!

清野:阿部さんが高校生のときから、ももクロの皆さんとはお付き合いがあるんですね。

あーりん:制服着てるイメージだもんね。

かなこ:ショートカットだったよね? 21歳になって、大人っぽくなったね。普段は、どんな勉強をしているんですか?



阿部:今、大学に通っているんですけど、主に経営の勉強をしています。他にはメディアの勉強など幅広く勉強しています。

しおりん:パーソナリティを経験したからこそ、学びたいと思うことも増えたんじゃないですか?

阿部:そうですね、その経験が視野を広げてくれたんじゃないかと思います。

れに:こころちゃんが思う、女川町の良いところ、オススメポイントはありますか?



阿部:私が好きなところは、女川に住む人の生活リズムって、ゆったりした時間が流れているような気がするんです。

かなこ:私たちも女川に来ると、気持ちがゆっくりしますよね。

しおりん:みなさん温かく迎えてくださるから、ふるさとに帰ってきた感じがするよね。

清野:災害の復興はどれくらい進んでいますか?

阿部:私の目から見ると、女川町の復興は計画通りに進んでいて、町も綺麗になりました。
逆に、綺麗になった町を見て“ここで震災が起こったことって忘れられちゃうんじゃないかな?”という心配があって。“これから、どうやって震災を伝えていこうかな“と考えています。



しおりん:1つ問題が解決すると、また新たな問題が出てくるんですね。

あーりん:私たちも災害の後から見させていただいて。どんどん町が元気になっていく感じがして、それを見ていて嬉しいよね。



清野:“伝える”ってメディアの大事な仕事ですからね、阿部さんの責任もまた大きいですよね。

あーりん:そんなにプレッシャーかける!? 「責任大きいですよ」って(笑)。

かなこ:アナウンサーの先輩としてね(笑)。

清野:先輩風を吹かせてみました(笑)。

しおりん:こころちゃんの将来の夢は決まっているんですか?

阿部:女川で商売をやりたいなと思っていて、今は子どもが遊べる場所を作りたいと思っています。

あーりん:女川のみんなはさ、“この先もずっと女川にいたい”って思っている感じがして素敵だよね。

番組内では、メンバーそれぞれ、4つの「女川のおいしいグルメ」をリポートして、リスナーへのプレゼント企画も実施。女川の魅力を全国に伝えました。

〈番組概要〉
番組名:ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:毎週日曜 16:00〜16:55
パーソナリティ:ももいろクローバーZ、清野茂樹
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/clover/

関連記事(外部サイト)