ASKA剣道大会で優勝! 後押しをした男同士の約束とは?

ASKA剣道大会で優勝! 後押しをした男同士の約束とは?

ASKA剣道大会で優勝! 後押しをした男同士の約束とは?

本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。12月9日(月)の生放送は、ASKAさんがゲストに登場しました。本記事では、トーク前編の模様を紹介します。


浜崎美保、ASKAさん、マンボウやしろ



◆40年ぶりに剣道再開→4段合格→区大会優勝
やしろ:率直にまずお聞きしたいんですけど、この「Skyrocket Company」はTOKYO FMの番組なんですけど、今日出て頂けることになった理由っていうのは何かあるんでしょうか。

ASKA:そんな、何をおっしゃいます。お話を頂いて、出して頂いた、もうそれだけですよ。

やしろ:得体が知れない番組じゃないですか。

ASKA:大丈夫です、大丈夫です。本当にありがとうございます。

やしろ:こちらこそ本当にありがとうございます。ということで、実はですね、剣道大会でASKAさんが優勝なさったということで、本当におめでとうございます。

ASKA:どうもありがとうございます。

やしろ:シードを含めた17人のトーナメントを勝ち抜いたということで。

ASKA:うーん、まぁ東京は23区ありますから。

やしろ:北区の大会ってことですか?

ASKA:そうですね。年齢別なんですけど、各区には優勝された方がいらっしゃいますので。例えば東京都の23区でいえば、たまたまそのなかの1区の中の優勝というだけです。

やしろ:でも区大会優勝ということですから、とんでもないことだと思いますけど。

ASKA:いえいえ。

やしろ:高校時代はインターハイで出場経験があり、デビュー後は競技を離れていましたが、昨年に再開して4段を取得したと。剣道を再開した理由というのは?

ASKA:数年前に『Abema TV』で亀田興毅君とお友達になって。今、“興毅”って呼ばせて頂いているんですけどね。彼は世界タイトルマッチでベルトを失って、そのまま引退しちゃいましたけど、大好きなボクサーだったんですよ。テレビに映る彼の姿は“パフォーマンス”だと僕は見抜いていたので、“こんなヤツじゃない。絶対に彼は違うな”と。

やしろ:世間からワーッと言われて叩かれたりしているときも、これはあくまでパフォーマンスだと。

ASKA:そう。だから興毅を見ていると“すごく大変だな、つらいだろうな”って。でも、これをやり切ることが彼のプロとしての見せ方なんだろし、“内面もきっと全然違うんだろうな”ってずっと思っていたんです。で、興毅に会ってみたらやっぱり全然違うわけですよ。目上の人にはしっかり振舞いますしね。

やしろ:あ、そうなんですね。

ASKA:敬語もそうだし、相手のことを気遣ってくれるし、“やっぱりこういうヤツだったのか”ってすぐに仲良くなって。それで一昨年の12月末に興毅を含めて、友人たちがいっぱい集まったんですけど、そのときに“なぁ興毅、お前タイトルマッチが終わった後、引退試合を日本でやっていないじゃない。引退試合を見たいな”と。でも興毅が“いやぁ、ボクシングはもういいです”と。

興毅はわりと頑なに拒んでいたんですけど、“あれっ?”ていう空気が少なからずあったので、思いきって僕が切り出してみたんです。“興毅、俺40年ぶりに剣道を再開して、4段を取ってみるわ”って。そうしたら興毅のほうも“実は本当のことを言うと、1人だけぶっ飛ばしておかなきゃいかん奴がおるんです”と。“じゃあお互いやろうよ”と。で、興毅が今年の5月に引退試合でポンサクレック(・ウォンジョンカム)選手と戦うためにリングに上がったんです。

◆亀田興毅→ポンサクレック→ASKAへ男気の連鎖
これにはいい話があるんですよ。興毅がポンサクレックに負けて、亀田家は分散したと。 “いろんなものを分散させてしまったのは自分のせいだ”って、彼はすごく感じていたから“もう1度彼とやりたい”と。ただ、当のポンサクレックも引退していたんですよ。ただ“興毅が引退試合に指名してくれるのだったら、自分はチャンピオンでいなければならない”と。それで、現役の世界チャンピオンに4タイトルで挑んで彼は勝ったんです。

やしろ:興毅選手とやるために、自分がチャンピオンじゃなきゃいけないって。すごい話ですね!

ASKA:男ですよね。いい話でしょう。それで興毅を引退試合に迎えるわけですからね。

やしろ:チャンピオンに勝った男として、ちゃんと迎え撃つ、と。

ASKA:興毅は2ラウンドでTKO勝ちしましたからね。先に興毅に約束を果たされちゃったわけですよ。僕の剣道の4段の試験というのは、その年の8月だったので、まぁその3ヵ月間が……。

やしろ:それはとてつもないプレッシャーがありましたね。

ASKA:試験に落ちたらどうしようっていうね。

やしろ:でもけしかけましたもんね。完全に、ASKAさんが。

ASKA:そうなんです。

やしろ:タイの元チャンピオンの男気のリレーが来て、夢のマッチが実現して、興毅さんが勝って。そこから3ヵ月間は剣道漬けの感じですか?

ASKA:自分が何者だかわからないぐらいに稽古をしていましたね。40年ものブランクがありましたから。

やしろ:それは高校生のときの練習量と同じくらいに?

ASKA:そうですね。福岡は剣道がすごく盛んなので、あえて福岡で4段を取ったんです。

やしろ:そうなんですか! さっき話して頂いた男気が連鎖していって。もちろんASKAさんの努力というか、覚悟もあったからこそだと思いますけど。

ASKA:うん。“こうなったらどうしよう”っていうことを考えないで、“こうなるんだ”ってことだけを考えてやりましたね。

----------------------------------------------------
??80名様に「TOKYO FM」オリジナルグッズをプレゼント! 応募はコチラから??

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Skyrocket Company
放送日時:毎週月曜〜木曜17:00〜19:52
パーソナリティ:本部長・マンボウやしろ、秘書・浜崎美保
番組サイト:http://www.tfm.co.jp/sky/
番組公式Twitter:@Skyrocket_Co

関連記事(外部サイト)