人や環境に優しい、ススや煙が少ない…未来にあるべき“お米のろうそく”

人や環境に優しい、ススや煙が少ない…未来にあるべき“お米のろうそく”

人や環境に優しい、ススや煙が少ない…未来にあるべき“お米のろうそく”

吉田美穂がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「DUNLOP presents みらい図鑑」。日本の美しい風景、地域で受け継がれる伝統、志を持って活動する人など、100年後の地球に生きる子どもたちへ繋げていきたい“ヒト・モノ・コト”を紹介しています。1月4日(土)の放送では、和ろうそくの専門メーカー「大與(だいよ)」代表の大西巧さんに、「和ろうそく」についてお話を伺いました。

環境や人にやさしい「お米のろうそく」



ろうそくには、洋ろうそくと和ろうそくがあります。石油から採れるパラフィンが原料の洋ろうそくに対して、和ろうそくの原料は植物性。

一本一本、手作業で作られていくために大量生産はできませんが、和ろうそくは、煙が少なく、蝋(ろう)が垂れにくいのが特徴です。

天然素材から採れる蝋を素材とするため、和ろうそくを製造するメーカーは少なくなっているのが現状のなか、100年以上続く老舗の和ろうそく工房が滋賀県高島市にあります。

1914年(大正3年)創業の「大與」。“自然を暮らしのなかに取り入れた、丁寧で豊かな暮らしを”コンセプトに、神事には欠かせないろうそくを作りながら、現代の暮らしに合わせた和ろうそくを展開しているブランドです。

100年以上続く老舗「大與」



そんな「大與」が提案する「お米のろうそく」が、環境や人にやさしいろうそくとして、注目を集めています。

「お米のろうそくは、米糠蝋(こめぬかろう)といってお米の糠から抽出した蝋を100%使っている和ろうそくです。蝋が垂れにくく、においもススも少ないんですね。何よりも、米糠蝋100%でできるっていうところに、この価値があると思っています」と大西さん。

一人前の和ろうそくの職人になるには、10年かかると言われています。

蝋の温度や外の気温、さらには、自分の体調や精神状態まで、一瞬一瞬、変わっていく空気を掴みながら、淡々と仕事を進めることができるようになるまでの時間。それが10年という月日なんですね。

熟練の技が光る和ろうそく



一本一本、熟練の職人が作り上げる和ろうそく。やわらかな炎と静かなゆらめきに身を委ねてみませんか?


----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2020年1月12日(日)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
??80名様に「TOKYO FM」オリジナルグッズをプレゼント! 応募はコチラから??

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:DUNLOP presents みらい図鑑
放送日時:毎週土曜13:55〜14:00
パーソナリティ:吉田美穂
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/miraizukan/index.php

関連記事(外部サイト)