冷静な自分をイメージ、今の心境をメモ…受験や面接時の「緊張を解く」秘訣

冷静な自分をイメージ、今の心境をメモ…受験や面接時の「緊張を解く」秘訣

冷静な自分をイメージ、今の心境をメモ…受験や面接時の「緊張を解く」秘訣

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。毎週木曜日は、文筆家の古谷経衡さんとお届け。1月16日(木)の放送では、緊張と上手に付き合う方法についてトークしました。



1月18日(土)、19日(日)に大学入試センター試験がおこなわれます。受験生は緊張極まりない日々を過ごしているのではないでしょうか。もちろん、試験に限らず、面接や人前でのプレゼンなど、さまざまな緊張するシーンがあるなか、どう緊張と向き合っているのか……今回はリスナーから寄せられたメッセージを紹介しつつ、意見を交わしました。

“ものすごく緊張してしまうタイプ”というリスナーからは「自分は何かをするとき“失敗するんじゃないか”と心配になり、手に汗をかいてしまいます。自分なりの緊張の解き方は、その場で立ったり、少し歩いたりしてみること。それだけで気持ちが楽になります」との声が。

このメッセージに対し、古谷さんは「じっとしていると、緊張がどんどん激しくなる気がしますよね」と同意します。

続いて、看護師のリスナーからは「すごく緊張しやすいので、そんな自分のことをよく理解して、冷静に見ている“もう1人の自分”を想像したり、緊張している心境をノートにメモしたりすることで心を落ち着かせています」というメッセージも。これには「自分のことを客観視できるのは素晴らしい!」と絶賛する古谷さん。

また、受験生に向けて、「“緊張”って誰もがするもの。みんな緊張しているし、自分だけじゃない。緊張するのはしょうがない」とエールを送ります。友人のなかには、1浪で大学に入学し、8年通ってようやく卒業した人もいたそう。かく言う自身も、「僕は現役で大学に入ったけど、単位が取れなくて卒業するのに7年かかっていますから。だから、全然大丈夫」と背中を押します。

そして、たかみなからは「本番に向けてやってきたことができないと、どうしても気持ちが下がってしまうと思う。でも、“人生は一度きりだけど、チャレンジは何回でもできるんだ”と思えば。あと、“みんな緊張している”というのは忘れないほうがいいかも」と助言。

AKB48在籍時代には、緊張のあまり舞台袖で吐きそうになったこともあると言います。「いざ舞台に出たら“やらなきゃいけない”という切り替えも大事だし、どんなに緊張しても、体や口が動く状態まで持っていけるだけの練習量とか(で乗り越えた)。受験生の皆さんもめちゃくちゃ努力をしてきているでしょうから、そこは自分を信じてあげてほしい」と体験談を交えてエールを送ると、古谷さんは「説得力がある!」と大きく頷いていました。


----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2020年1月24日(金) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。

??80名様に「TOKYO FM」オリジナルグッズをプレゼント! 応募はコチラから??

----------------------------------------------------

【番組概要】
番組名:高橋みなみの「これから、何する?」
放送日時:毎週月〜木曜 13:00〜14:55
パーソナリティ:高橋みなみ
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/korenani
番組SNS:
LINE=@korenani
Twitter=@KoreNaniTFM
Instagram=korenanitfm

関連記事(外部サイト)