槇原敬之「申し訳ないほど難しかった…」セルフカバー作品を振り返る

槇原敬之「申し訳ないほど難しかった…」セルフカバー作品を振り返る

槇原敬之「申し訳ないほど難しかった…」セルフカバー作品を振り返る

木村拓哉が親交のあるゲストを迎え、人生をしなやかに生きていく様や、ゲストの秘めた魅力や強さに迫るTOKYO FMの番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」。1月のゲストには、シンガーソングライターの槇原敬之さんが登場。1月19日(日)の放送では、槇原さんの“音楽との出会い”などの話を伺いました。


◆ベートーヴェンで「雷が落ちた」
槇原さんが楽器を始めたきっかけは、保育園の先生がピアノの練習でベートーヴェンの「エリーゼのために」を弾いているのを聴いたとき。先生が奏でるピアノを耳にした瞬間、「僕に雷が落ちまして。それまで、“その楽器は、伴奏するもの”と思っていたので、ピアノかどうかも知らなかったんですよ。

それで、雷に打たれたまま、ふらふらっと先生のところに行って……今でも忘れられないんですけど『それ、なあに?』って聞いたんです。すると、先生が『これはピアノで、「エリーゼのために」っていう曲なのよ』って。それで家に帰って、親に『ピアノを習う』って言ったんです」と当時を振り返ります。

そのエピソードに、木村が「もし保育園の先生が『エリーゼのために』を弾いていなかったら、雷は落ちていないし、ピアノをやるというスイッチは入っていなかった?」と問うと、大きく頷く槇原さん。「だから、今思うと先生に感謝しているし、僕の人生のなかで雷に打たれた経験をしたのはそのときだけ」と断言します。

とはいえ、いざ習い始めてみると「練習曲がつらくてね……『エリーゼのために』じゃなかったから全然練習しなくて(笑)」と紆余曲折あったそう。それでもピアノを続けた槇原さんは、「中学のとき『僕はピアニストになりたいわけじゃないので、「エリーゼのために」を弾かせてくれませんか?』と先生にお願いしたっていう(苦笑)。それからはピアノがすごく楽しくなって。ただ曲を作るための技能を習得するだけのピアノでしたね」と回顧。

「でも、その落雷がなかったら今(ここに)いないですもんね?」と聞く木村に、「今ごろたぶん電器屋さんの息子ですね(笑)。“ドカ〜ン!”って音が聴こえそうなくらいにビックリしましたから」と当時の衝撃を打ち明けました。

◆“夢”だった提供曲セルフカバーアルバム
槇原さんは、2019年10月にデビュー30周年を迎え、アニバーサリーイヤー第1弾となるカバーアルバムのベスト盤『The Best of Listen To The Music』を同年10月23日(水)にリリース。さらに第2弾作品として、自身初となる提供曲セルフカバーアルバム『Bespoke』(ビスポーク)が、3月4日(水)にリリースされます。

「昔、竹内まりやさんが、いろいろなアーティストに書いた曲を自分で歌う『REQUEST』というアルバムを出したんです。僕もそんなアルバムを出すのが夢だった」と語る槇原さん。

まさに念願叶った初のセルフカバーアルバムのタイトル“Bespoke”は、“テーラーがお客様と話し合いながら洋服をあつらえること”に由来しているそうで、「今まで、人に曲を書いたものを、自分が改めて“こういう曲をアーティストの皆さんに提供させてもらいました”というアルバムを、今回作ったんです」と説明。

木村が「セルフカバーをされてみて、どんな感じでしたか?」と尋ねると、「提供した曲の数が溜まってきたので『出したい!』って、軽い気持ちでやってみたんですけどね。もちろんSMAPに提供させていただいた『Love & Peace Inside?』もカバーさせてもらって、ほかにもいろいろな曲をやったんですけど……本当に“申し訳なかったな”ってくらい難しいと思いました、人の曲って」と苦笑い。

オリジナル曲とは違った気付きがあったようで、「面白い経験でした」と振り返り、「取っ掛かりは軽い気持ちでしたけど、レコーディング作業を進めていくにあたって、“人に書いた曲のときの状況”ってありありと思い浮かべられるんですよ。歌っていても感情移入が強いというか、“あっ、この曲一生懸命作ったな〜”みたいな」と思い出に浸る槇原さん。

木村が「人に提供した曲を自分の声で表現するときって、写真のアルバムを見返しているのと一緒のようなものなんですね」と感想を口にすると、槇原さんは「そう、不思議ですよね。自分にとっては新録なので、タイムマシンに揺られているような感じはありましたね」と話していました。

次回1月26日(日)の放送も、引き続き槇原さんをゲストに迎え、お届けします。どうぞお楽しみに!


----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2020年1月27日(月) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
??80名様に「TOKYO FM」オリジナルグッズをプレゼント! 応募はコチラから??

----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:木村拓哉 Flow supported by GYAO!
放送日時:毎週日曜 11:30〜11:55
パーソナリティ:木村拓哉
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/flow/

関連記事(外部サイト)