話題のビリー・アイリッシュ、ジェーン・バーキン…ささやくように歌う“ウィスパーボイス”の魅力

話題のビリー・アイリッシュ、ジェーン・バーキン…ささやくように歌う“ウィスパーボイス”の魅力

話題のビリー・アイリッシュ、ジェーン・バーキン…ささやくように歌う“ウィスパーボイス”の魅力

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。毎週水曜日は、音楽ジャーナリストの高橋芳朗さんとお届け。1月29日(水)の放送では「耳がくすぐったいウィスパーボイス特集」をお届けしました。



日本時間の1月27日(月)、世界最高峰の音楽の祭典「第62回 グラミー賞授賞式」が開催され、ポップ歌手のビリー・アイリッシュが主要4部門を制覇しました。ビリーの魅力と言えばささやくような“ウィスパーボイス”も外せません。そこでこの日は、ビリーの快挙を記念し、ウィスパーボイスが特徴の歌手・楽曲を紹介しました。

◆「bury a friend」ビリー・アイリッシュ
まずはポップス編。やはり最初はビリーの曲から。“自分の内に潜む怪物を葬る”というテーマの同曲ですが……歌詞は完全にホラーです。ミュージックビデオも観たというたかみなは、「1本の映画を観ているような内容。ドン! ドン! という音が鼓動とリンクして……怖いっす」と話します。

◆「Mornin' Glory」ボビー・ジェントリー
続いてはカントリー編です。タイトルの意味は“アサガオ”。曲のシチュエーションはまさに“朝”で、「低血圧の気だるそうな女性のウィスパーボイス」と芳朗さんは評します。途中にはあくびまで入っています。たかみなが、「どうやって録音したんだろう?」と首をかしげると、芳朗さんは「朝、恋人と一緒に目覚めて、そこでピロートークしているような状況じゃないかな。日曜の朝みたいな感じ」と解説します。

◆「Lolita Go Home」ジェーン・バーキン
次はフレンチ編。フレンチポップはウィスパーボイスの宝庫で、“フレンチロリータ”を魅力とした歌手がたくさんいるそう。高級バッグ・バーキンの由来にもなったジェーン・バーキンは、その代表格です。芳朗さんは「この曲はグッとコケティッシュ。色気がある」と感想を口にします。

◆「I'm Shadowing You」ブロッサム・ディアリー
ジャズの世界でも魅惑的なウィスパーボイスは、多くの人をとりこにしています。ブロッサム・ディアリーは、1957年に33歳でデビューし、2009年に84歳で死去するまで「ずっと声が変わらず、少女のような声で歌い続けた」と芳朗さん。この曲を歌ったのは50歳のころなのだそう。

まさに“ウィスパーボイス界の美魔女”と言うべき彼女の歌声を聴いたたかみなは、「この声を生涯持ち続けるのはすごい!」と感服します。

◆「NEVER MORE」大野雄二
5曲目はブラジル編。大野雄二さんはアニメ「ルパン三世」シリーズの音楽を手がけた大御所で、自身の曲にソニア・ローザをたびたび採用していました。ポルトガル語で歌うソニアの愛らしい声に、たかみなは「おとぎ話のお姫様のよう」。ちなみにソニアは、ラジオDJとして知られるDJ TAROの母でもあります。

◆「At Your Best(You Are Love)」アリーヤ
最後のR&B編で取り上げるアリーヤは、22歳の若さで事故死した伝説のシンガー。この曲のレコーディングは15歳のときで、収録アルバムのタイトル『Age Ain't Nothing But A Number』は、“年齢はただの数字にすぎない”という高いメッセージ性を持っています。芳朗さんは「まさに15歳とは思えないセクシーなウィスパーボイスを聴かせてくれる。吐息が歌になっていくような美しさがある」と絶賛しました。

ジャンルや年代を超え、多くの人を魅了するウィスパーボイス。たかみなは、「どれもタイプが違いつつも共通点を感じさせる。この歌い方って相当に技術が必要ですよね」と感じ入った様子でした。


----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2020年2月6日(木) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

【番組概要】
番組名:高橋みなみの「これから、何する?」
放送日時:毎週月〜木曜 13:00〜14:55
パーソナリティ:高橋みなみ
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/korenani
番組SNS:
LINE=@korenani
Twitter=@KoreNaniTFM
Instagram=korenanitfm

関連記事(外部サイト)