村上春樹を魅了するジャズ・ヴォーカル アニタ・オデイとスタン・ゲッツの粋なお話

村上春樹を魅了するジャズ・ヴォーカル アニタ・オデイとスタン・ゲッツの粋なお話

村上春樹を魅了するジャズ・ヴォーカル アニタ・オデイとスタン・ゲッツの粋なお話

作家・村上春樹さんがディスクジョッキーをつとめるTOKYO FMの特別番組「村上RADIO」。2月23日(日・祝)の放送は、ジャズ・ヴォーカルに焦点を当て、苦手な人でも楽しく聴けるような村上流の入門企画「村上RADIO〜ジャズが苦手な人のためのジャズ・ヴォーカル特集」をオンエア。本記事では、後半5曲についてお話しされた概要を紹介します。


◆Anita O'Day「Early Autumn」
◆Karrin Allyson「Parisian Thoroughfare」


次は2人の女性歌手によるヴォーカリーズとスキャットを聴いてください。1曲目は、スタン・ゲッツのソロをフィーチャーしたウディ・ハーマン楽団の演奏でヒットした「Early Autumn」(初秋)、これをアニタ・オデイが歌います。1958年の録音で、アレンジはマーティ・ペイチです。ほんとうに美しいメロディーですね。スタン・ゲッツは、この曲の演奏で一躍スターダムにのし上がりました。

それからバド・パウエルの作った「Parisian Thoroughfare」 (パリの歩道)です。この速い曲をスキャットで歌うのは、かなり難度の高い技なんですが、カリン・アリソンは見事にさらっとやり遂げています。現在活躍している女性歌手のなかでは、彼女は最も実力のある1人だと思います。ピアノを弾いているのは、伴奏の名手、ポール・スミス。1999年の録音です。



アニタ・オデイとスタン・ゲッツは、短い期間ですが、スタン・ケントン楽団で同僚だったんです。同僚といっても、そのときゲッツはハイスクールをドロップアウトした17歳。一方のアニタは、20代半ばで、既にスター歌手になっていました。ゲッツはまだ若造なので、なかなかソロをとらせてもらえなくて、お姉さん格のアニタのところに行って、「ねえアニタ、僕にソロをとらせてくれって、ケントンさんに頼んでもらえないかな」って甘えるんです。アニタは姉御肌の人だから、「いいよ、任せときな」みたいになるんだけど、さてどうなるか……。
結末は、僕が翻訳したスタン・ゲッツの伝記(『スタン・ゲッツ―音楽を生きる―』)を読んでみてください。

◆Lisa「Light My Fire」
次は、スウェーデンの女性ジャズ歌手・リーサの歌うドアーズの「Light My Fire」。原曲とは、かなり肌合いの違う、クールでスマートな仕上がりになっています。



ジャケットの解説によると、トランペッターのクリス・ボッティと一緒にヨガのクラスに行って、そのときに、ふと口笛でこの曲を吹いていたら、ボッティもそれに合わせて口笛を吹き始め、それ以来メロディーが頭から離れなくなったということです。そういえば、なんとなく朝ヨガ風の雰囲気はありますね。朝ヨガ風の「Light My Fire」、たまにはこういうのもいいかもね。(羊さん、メェ〜)

◆Gregory Porter「L-O-V-E」
次は実力派の黒人男性歌手、グレゴリー・ポーターがナット・キング・コールに捧げたアルバムからの1曲です。“L-O-V-E”、この曲はコールさんが歌って1964年に大ヒットしましたが、残念ながらその翌年、彼は肺がんのために亡くなっています。チェーン・スモーカーだったんですね。

コールさんは紳士的で家庭的な人で、温厚な性格で知られていますが、実際には生涯を通じて、人種問題でけっこう苦労したようです。彼は歌手として成功してから、ロサンジェルス郊外の白人が居住する区域に家を買ったんですが、近所の住民は黒人が入り込んでくるのを嫌って、「好ましくない人」を排除するための署名活動を起こしました。コールさんはそれを聞いて、その近所の家に行って、にこやかにこう言いました。

「私にも署名させてください。だって、好ましくない人が近所に越してきたら、私も困りますからね」。

おかしいけど笑えない話ですよね。でもそれにもかかわらず、ナット・キング・コールの歌は、いつも僕らの心を不思議なくらい明るくしてくれました。

(Ending)
◆Rahsaan Roland Kirk「Loving You」

今日のエンディングは、ローランド・カークが演奏する「Loving You」、ミリー・リパートンの1974年のヒットソングです。このアルバムが出た頃は、「ローランド・カークが、こんなのやるんだ」と驚きましたが、いま聴くと、ほほえましくていいですね。



少し前のオーストラリアでの話です。シドニー郊外の街に、週末になると暴走族の若者たちが集まるパーキングロットがありまして、その結果、いろいろと問題が発生したんです。それで商店街の人々は、彼らがそこに来ないようにするために、できるだけ若者受けしない、ダサい音楽を拡声器で流そうと決め、それは「マニロウ作戦」と名付けられました。バリー・マニロウの音楽がプログラムの中心になったんです。気の毒に、ダサい音楽の代表格にされたんですね。

それについてのマニロウさんのコメント。

「おいおい、もしその連中が僕の『Can't Smile Without You』(涙色の微笑)を合唱しだしたら、いったいどうするんだよ?」

しないって……とか思いますけどね。実際にこの「マニロウ作戦」、なかなか効果があったんだそうです。日本のどこかでもやっているかもね。それではまた今後。

この記事で紹介できなかった選曲やそのほかの内容は、以下の記事よりチェックできます。
??「僕がいちばん素晴らしいと思うジャズ歌手」…村上春樹が50年以上聴き続けているレコードとは?
??村上春樹「ジャズが不得意な人、苦手な人に…」“村上流”ジャズ入門特別ラジオ番組をオンエア

番組の感想を送ってくれた方のなかから10名の方に、「村上RADIO」オリジナルTシャツをプレゼント! 詳しくはWebサイトをご確認ください。


----------------------------------------------------
【??2月23日(日・祝)放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2020年3月2日(月) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<2月23日(日・祝)放送番組概要>
番組名:村上RADIO〜ジャズが苦手な人のためのジャズ・ヴォーカル特集
放送日時:2月23日(日・祝)19:00〜19:55
放送局:TOKYO FMをはじめとするJFN系列全国38局ネット
パーソナリティ:村上春樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/murakamiradio/

関連記事(外部サイト)