巨人・小林誠司「“守備で1番”を目指す」2020年シーズンの目標を堂々宣言!

巨人・小林誠司「“守備で1番”を目指す」2020年シーズンの目標を堂々宣言!

巨人・小林誠司「“守備で1番”を目指す」2020年シーズンの目標を堂々宣言!

藤木直人、高見侑里がパーソナリティをつとめ、アスリートやスポーツに情熱を注ぐ人たちの挑戦、勝利にかける熱いビートに肉迫するTOKYO FMの番組「TOYOTA Athlete Beat」。3月7日(土)の放送では、読売巨人軍の小林誠司選手をゲストに迎え、お届けしました。


(左から)小林誠司選手、高見侑里


大阪府出身の小林選手は、1989年6月7日生まれの30歳。広島県の強豪校・広陵高校時代には、現・広島東洋カープの野村祐輔投手とバッテリーを組み、2007年に春夏連続で甲子園に出場。夏の大会では準優勝を果たしました。同志社大学では、4季連続優勝に貢献。そして、2013年、日本生命からドラフト1位で読売巨人軍に入団。

昨シーズンは、チーム5年ぶりとなるリーグ優勝に貢献。昨秋に開催された「2019 世界野球WBSCプレミア12」では、野球日本代表・侍ジャパンの一員として見事優勝に輝きました。今シーズンは、読売巨人軍にとって8年ぶりの日本一奪回、さらには東京オリンピック出場が期待されています。

◆「満足のいくシーズンではなかった」
高見:去年は5年ぶりのリーグ優勝、そして山口俊投手と2019年度プロ野球最優秀バッテリー賞を受賞しました。昨シーズンを振り返ってみて、どんな年でしたか?

小林:チーム的にはリーグ優勝できたんですけど、個人的には満足のいくシーズンではなかったです。でも、俊さんとバッテリー賞をいただけたのは、すごく嬉しかったですね。

高見:その山口投手は、今シーズンからMLBのトロント・ブルージェイズに移籍されます。今後は若手の登板が増えてくると思いますし、小林捕手の守備力が必要になってくるのではないでしょうか。

小林:そうですね。僕もこれまでいろいろな経験をさせてもらったので、若いピッチャーとも話をして、お互いに成長できたらなと思います。それがチームの力になると思うので、一生懸命いろいろなことを話したいなと思います。

高見:やはりコミュニケーションは大切ですか?

小林:僕もわからないことはたくさんありますし、同級生で智之(菅野智之投手)もいますから、一緒にいいものを作り上げていきたいなと思っています。

高見:“すがこば”コンビ復活にファンも期待していると思います。

小林:智之とは大学生のときから交流があるんですけど、プロに入ってずっと気にかけてくれたから、僕がここまで成長できたと思っていますし、去年、(菅野選手が)苦しんでいるときに、なかなか力になれなかったので、今年は僕が引っ張っていけるように頑張りたいです。

◆師・阿部慎之助から学んだこと
高見:師弟関係だった阿部慎之助さん(現・二軍監督)が引退されました。阿部さんから教えてもらったことのなかで、特に印象的だったことは?

小林:自主トレとかも一緒にさせていただいて。ポジション柄、“目配り・気配り・思いやり”っていうのはよく聞くんですけど、野球だけでなく、生活の部分でも、とにかくいろんなことを“感じろ!”と、そういう感性を磨くことがすごく大事だと言われていました。それが頭に残っていますね。

高見:先ほど、「昨シーズンはあまり納得のいかない部分もある」とおっしゃっていましたが、2018年の盗塁阻止率は3割4部1厘で、去年は12球団トップの4割1部9厘。なぜ、こんなに飛躍的に伸びたのでしょうか?

小林:去年の成績でも、まだまだ満足する数字ではありません。OBの方を含めて、周りを見渡せば、もっと高い数字を持つすごい方がいますので。不可能に近いかもしれないですが、“全部刺す”という気持ちを持って常にやっているので、それがこの数字になったと思います。もっともっと高いレベルを目指していきたいです。

高見:その意識以外に、トレーニング方法を変えるなど何かされていますか?

小林:僕のなかでは、キャッチボールが1番大事だと思っています。スローイングはコントロールが1番大事だと思っていますし、常に自分の狙ったところに投げられるようにと、キャッチボールでは意識してやっています。

◆「若い投手を引っ張っていけるように」
高見:今年はいよいよ東京オリンピックが開催されます。昨年秋の「プレミア12」では、初めて国際大会での優勝を経験されました。

小林:“日本代表”というのはすごく独特で、緊張感もあって……日本を代表する選手がたくさんいますけれど、やっぱり“国際大会というのは難しいな”とつくづく感じました。今回のオリンピックも東京で開催されるということで、盛り上がると思いますが、すごく緊張するだろうなという思いですね。

高見:「プレミア12」のメンバーは28人でしたが、オリンピックでは24人に。代表入りをかけて、シーズンでの活躍がより大事になってきそうですね。

小林:そうですね。まずはジャイアンツでしっかりアピールして、試合に出ないことには代表チームにアピールできないと思うので、みんなが納得できるように頑張りたいなと思っています。

高見:やはり、侍ジャパンへの思いは強いですか?

小林:これまで何度も呼んでいただいて、本当に良い経験をさせていただいているので、出たい気持ちはもちろんあります。


小林誠司選手


高見:今年はどんなシーズンにしたいですか?

小林:“日本一”は当然目指すところなのですが、個人としては“守備で1番”を目指して、なおかつ若いピッチャーを引っ張っていけるようにしたいです。打つほうでは、「今年はよく打ったな」と言ってもらえるように頑張りたいです。

次回3月14日(土)の放送は、読売巨人軍から、田口麗斗投手、中川皓太投手をゲストに迎え、お届けします。どうぞお楽しみに!

----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2020年3月15日(日) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOYOTA Athlete Beat
放送日時:毎週土曜 10:00〜10:50
パーソナリティ:藤木直人、高見侑里
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/beat/

関連記事(外部サイト)