社会人意識調査:学生時代、「将来の夢」はありましたか? みんなのリアルな声は…

社会人意識調査:学生時代、「将来の夢」はありましたか? みんなのリアルな声は…

社会人意識調査:学生時代、「将来の夢」はありましたか? みんなのリアルな声は…

本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。5月14日(木)の「社会人意識調査」のテーマは「学生時代、将来の夢ありましたか?」はたして、その結果は……?


番組パーソナリティを務める本部長・マンボウやしろ



はい  68.3%
いいえ 31.7%
(回答票数748票)

◆「はい」に関する意見
「『世界ふしぎ発見』(TBS系列)のミステリーハンターになり、『ここで、クエスチョンです』と言いたかった」(東京都 28歳 男性 公務員)

「初めはサッカー選手、いつの日か記者を志し、現在は、なぜか編集者をやっております」(東京都 30歳 男性 編集者)

「CAになりたかったです。世界中を飛び回りたかった」(神奈川県 50歳 女性 会社員)

◆「いいえ」に関する意見
「小さい頃に思い描いたさまざまな職業が、高校生くらいから現実的な目線で見て実現不可能だと理解したので、なくなりました」(神奈川県 30歳 女性 会社員)

「何も考えていませんでした。もっと将来のビジョンをみていたら、もう少しマシな人生になっていたのかなぁ……」(神奈川県 43歳 男性 会社員)

「自営業で、“あぁ、自分は(後を)継ぐんだぁ”って感じでした。いまは、大変な時期ですが後悔はしてないです」(神奈川県 51歳 男性 自由・自営業)

【7割近くの人が“夢はあった”】
今回の社会人意識調査は「学生時代、将来の夢ありましたか?」というアンケートを実施しました。その結果、「はい」は68.3%、「いいえ」は31.7%となりました。

【“若い世代”のほうが夢があった】
学生時代に将来の夢があった人の割合を見てみると、男女比では「男性」は69.2%、「女性」は67%となりました。世代別の割合を見てみると「10代」は80.8%、「20代」は77.8%、「30代」は69.5%、「40代」は68.9%、「50代」は63.5%、「60歳以上」は43.8%となっています。世代が上がるにつれ割合が減っていることについて、やしろ本部長は「日本が夢を見られる時代になっているのでは?」とコメントしました。

----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2019年5月22日(金)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Skyrocket Company
放送日時:毎週月曜〜木曜17:00〜19:48
パーソナリティ:本部長・マンボウやしろ、秘書・浜崎美保
番組サイト:http://www.tfm.co.jp/sky/
番組公式Twitter:@Skyrocket_Co

関連記事(外部サイト)