一人ひとりが“住んでよかった”と実感できる街に…文京区長が目指す「文の京(みやこ)」総合戦略とは?

中西哲生と横山ルリカがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「TOKYO TEPPAN FRIDAY supported by Ginza Sony Park」のコーナー「TOKYO LOCAL GOOD with トヨタモビリティ東京」では、毎月、東京の1つの「区」や「市」にフォーカスし、その街にゆかりのある人に“街の魅力”を伺っています。

5月に特集するのは「文京区」。本記事では、5月1日(金)、8日(金)と2週にわたってご出演いただいた、文京区を支える文京区長・成澤廣修(なりさわ・ひろのぶ)さんのインタビューを紹介します。


文京区・小石川後楽園の大泉水


◆コロナ収束のために……区民へのお願い
成澤区長は、現在54歳。2007年4月より文京区長として10年以上にわたり手腕を振るっています。自治体の男性首長として、全国で初めて育児休暇を取得したことでも話題を集めました。


文京区長・成澤廣修さん


現在、コロナ禍で自粛生活を余儀なくされている区民に向けて、成澤区長は「今、緊急事態宣言のもと、外出を控える。“ソーシャルディスタンス”と言われる空間を取る。10人以上の集会をおこなわない。家族以外の外食を極力控える、ということをぜひともお願いしたい」と呼びかけます。

なかでも、保育園や学童クラブなどに通っている子どもがいる家庭については「テレワークや在宅勤務を会社と掛け合っていただいて、できるだけお子さんを外出させないで自宅で保育をできるように取り組んでいただきたい」と協力を仰ぎます。とはいえ、さまざまな事情でどうしても保育を必要とする家庭もあることから、「特別保育という形で、保育園でお預かりする制度は整えている」と成澤区長。そういった整備を進めつつも、「外に出るわけですから、保育園のほうが“リスクが高い”というのは事実なわけで、なるべく(人との接触を)減らすために、会社に取り組んでいただくことをお願いしてほしいです」とあらためて強調します。

◆未来の「文の京」を見据えて
感染症対策に尽力する一方で、現在、力を入れている取り組みについて、成澤区長は「文京区では、基本構想のなかに“歴史と文化と緑に育まれた、みんなが主役のまち「文の京(みやこ)」”という将来都市像を定めています。江戸時代から続くこの地の歴史的文化遺産などを大切にしながら、一人ひとりが“この地域に住んでよかった”と実感できる街になるために、これからも自治体としての努力を続けていきたい」と展望を語ります。

また文京区では、今年4月に「文の京」総合戦略と銘打ち、区が解決すべき主要課題を明らかにした重点化計画を新たに策定。この「文の京」総合戦略については、「4年間の計画です。例えば、人口推計をしたんですけど、20年間文京区の人口はこれからも増えるだろう、と。

そのなかで、特に0〜14歳の年少人口が増えていく。20年後くらいからなだらかな下降線で、全国的に見られるような少子高齢化が進んでいくだろうというのが、文京区の将来の姿です。そういったことを想定しながら、教育や福祉、保育、子育てなどの政策の量を増やしていくと同時に、質を上げていくことが、我々に求められている」と成澤区長。

そんな「文の京」を目指し、現在文京区が取り組んでいる「春日・後楽園駅前地区市街地再開発事業(文京GARDEN)」については「1つ目の建物が4月中にオープンする予定だったのですが、残念ながら現在の状況のなかで少し延びる状況にあります」と説明。しかしながら、「区役所の前には、新しい街づくりが進んでいると。区役所の周辺は、働く人と住む人がバランスよく集まっていただくための重点化地域です。後楽園駅と、地下で再開発地域がつながったり、雨に濡れずにそのエリアまで行けたり、区役所の反対側は東京ドームシティですので、その辺り一体が活気ある街になっていくんじゃないかな、と期待をしています」と前を向きます。

◆魅力溢れる“まつり”と“坂”の街
文京区といえば、1年を通して四季折々の花をテーマにした「文京花の五大まつり」が有名です。しかし、新型コロナウイルスの影響で「文京さくらまつり」「文京つつじまつり」「文京あじさいまつり」は軒並み中止に。

現在、多くの人が“Stay Home(ステイホーム)”で外出を控えている状況下ですが、事態が収束した際には「『文京花の五大まつり』に加えて、『朝顔・ほおずき市』や、根津神社を中心とした下町風情を感じ取ってもらえる『根津・千駄木下町まつり』ですとか、いろいろなまつりをおこなっていますので、ぜひとも体験しに来ていただきたい」と成澤区長はアピール。

さらには、「文京区は、名前のついている坂の数が100を超えている“坂の街”でもあります。転がって落ちると炭団(たどん)のようになってしまう『炭団坂』とか、さまざまな文学作品に出てくる『菊坂』とか、いろいろな坂の名前があって、その坂の由来は“何にあるんだろう?”というのを知るだけでも、物語が膨らんでいくような気がします。車や公共交通機関で訪れるだけでなく、そういうところを“歩いて楽しむ”ことで、有名な観光スポット以外でも、地域のよさを知ることができると思います」と話していました。

毎週金曜にお届けしている「TOKYO LOCAL GOOD with トヨタモビリティ東京」。次回5月22日(金)の放送もどうぞお楽しみに!

<番組概要>
番組名:TOKYO TEPPAN FRIDAY supported by Ginza Sony Park
放送日時:毎週金曜 15:00〜16:55
パーソナリティ:中西哲生、横山ルリカ
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/teppan/
「TOKYO LOCAL GOOD」サイト:TOKYO LOCAL GOOD with トヨタモビリティ東京

関連記事(外部サイト)