センター試験から共通テストへ 情報不足で不安な浪人生たち

新型コロナウイルスの影響で、10代は学校に行けない日々が続いています。5月19日(火)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」では『受験生が今思っていること』をテーマに、リスナーの声を取り上げました。その中から、パーソナリティのさかた校長、こもり教頭と、今年浪人をして受験に挑む女性リスナーとのやり取りを紹介します。



さかた校長:今はどんなふうに勉強しているの?

リスナー:予備校に通おうと思っていたんですけど、コロナウイルスの影響で夏まで閉鎖になってしまったんです。夏期講習とかも開かれるのかよくわからなくて、今は映像授業をパソコンで受けています。

さかた校長:そうか……じゃあ、全部自分で勉強している感じなの?

リスナー:そうですね。

こもり教頭:うん……今の世の中だと仕方ないのかもしれないけど、今後の予定もわからないとなると、マンパワーで頑張るしかないもんね。

リスナー:はい。

さかた校長:志望校は決まっているの?

リスナー:中2のころから同じ学校を目指しています。航空宇宙関係に行きたいんですけど、ロケットのエンジニアとかになりたいです。

さかた校長:すご! え? NASAとかってこと!?

リスナー:いや、さすがにそこまでは(笑)。

こもり教頭:昨日校長と、漫画「宇宙兄弟」の話をしていたところなのよ!

リスナー:私も全巻持っています!

こもり教頭:持ってる?(笑)。それは、中学から変わらない夢ってこと?

リスナー:夢自体は小学校からです。

さかた校長:すごいね。

こもり教頭:強い夢があったから、浪人をしてでも行きたいんだね。

リスナー:そうです。

さかた校長:今、不安に思っていることって何?

リスナー:私の代でセンター試験が最後だったんです。来年から共通テストに変わってしまうんですけど、予備校がその対策をしてくれるということで、安心して浪人することを決めたんです。でもその予備校が開かれていなくて、共通テストに向けてどういう勉強をしていけばいいのかわからない、というのが一番大きな不安です。

さかた校長:なるほどな。しかも年間の対策も、高3と浪人では違ってくるもんな。

リスナー:はい。

こもり教頭:今回コロナウイルスの影響があって、受験勉強がなかなかできないという不安もあるけど……センター試験が変わるというのにこんなことが起きていて、もっとわからないわけじゃないですか。まだセンター試験だったら従来のことで勉強できたかもしれないけど、それがゼロになっているのに予備校も模範解答もないって、たしかに不安だよね。



リスナー:はい。

さかた校長:今家では、どれくらい勉強しているの?

リスナー:自分の中ではあんまりできていなくて……8時間くらいです。

さかた校長:いやいや、すごいよ(笑)。

リスナー:全然です。

こもり教頭:やれる人は“全然”って言うんだろうけど、1日の3分の1だからね。

さかた校長:固い意志と夢があるから、ストイックになっちゃうよな。

リスナー:そうですね。

さかた校長:しかもこんな不測の事態が起きて……モチベーションとしてはどんな感じ?

リスナー:その第一志望の学校に行きたいという思いが強くて……今年の2月に不合格の通知が届いたときは1日中泣いたんですけど、その通知を見返したりとか、落ちたときのショックを思い返して「来年は絶対に笑ってやる!」という思いでやっています。

さかた校長:そのときの悔しさをバネにね。いや強いよ。

こもり教頭:今の時点でもすごく頑張っていると思うよ。

リスナー:ありがとうございます!

こもり教頭:でも現状が日々変わる中で、誰も答えを持っていないというのがね……。でもこういうことがなくても、通常通りだったとしても、受験に対して不安なことって出てくると思うんだよね。だから今やっていることで、イチの不安を乗り越えていくというのが強みになるんじゃないかな。

さかた校長:うん!

リスナー:ありがとうございます!

さかた校長:大丈夫だから頑張れよ!

こもり教頭:頑張って!

リスナー:ありがとうございました。

――番組の学校掲示板には、こんなメッセージも届いていました

【僕は今年、宅浪という形で浪人しています。学校や予備校などに行ってないからあまり被害を受けていないと思われがちですが、こういう今までにない事態が起きると、「どういう状況なのか?」「これから何か変更が出てくるのか?」などといった情報が入ってこないことは何より怖いです。そして、今年からセンター試験が廃止となって新たに共通テストになり、このコロナウイルスが流行る直前に国語と数学の問題形式の変更があったうえに、この数ヵ月の遅れの影響や9月入学が来年から始まった場合による受験期の変更など、すぐに対策を取れない問題が多過ぎるのが受験勉強において大きな影響を及ぼすと思っています。僕は家で一人で勉強しているので、3月末から家族以外の人と喋っていないどころか会ってもいないです。今年、浪人することを親は100%納得をしてくれてはいないので、浪人生として抱える不安や恐怖などを相談できる人がいないので、一人で抱え込んでいます。(三重県/男性)】

【私は今年浪人生として大学受験をします。予備校に通うことになったのですが、コロナの影響で今は休校しているので毎日家で勉強しています。バイトがあるわけでもないのでこの2ヵ月間、本当に家族としか会話をしていないです。電話とかで友達と話したくても、大学生の友達はきっと忙しいだろうなと思うと中々できません。正直めちゃめちゃ寂しいし、勉強のモチベーションを保つのが大変です。(神奈川県/女性)】

【大人の事情でいろんなことが変わってるけど、当事者である私たちの視点からすると、もっと受験生や浪人生の気持ちも考えつつ進めて欲しいと思いますよね。(神奈川県/女性)】

----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2020年5月27日(水)AM 4:59 まで

スマートフォンでは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員に登録の上ご利用ください。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:さかた校長、こもり教頭
放送日時:月〜金曜 22:00〜23:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/

関連記事(外部サイト)