「マスクをすれば、公園で鬼ごっこをしても大丈夫ですか?」9歳からの相談に、専門家の回答は…

住吉美紀がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生ワイド番組「Blue Ocean」。この放送は、療養中の住吉に代わり、フリーアナウンサーの望月理恵がパーソナリティをつとめました。キッズリスナーから寄せられたお悩みにぴったり合う答えを専門家に伺うコーナー「子どもリモート相談室」では、関西福祉大学教授・勝田吉彰先生にお応えいただきました。


※写真はイメージです



<キッズリスナーからの相談>
東京都9歳 ラジオネーム:じゅりちゃん
公園でマスクをしていない子、特に男子がたくさんいて心配です。私はマスクをしています。マスクをしていれば、公園で鬼ごっこなどをしても、大丈夫ですか? 2m離れていれば、感染はしませんか?

望月:じゅりちゃん自身はマスクをして遊んでいるけど、マスクをしていないお友達がいて、ちょっと気になるんですね。同じ悩みを持っているキッズや親御さんは多いかもしれませんね。公園で遊ぶこと自体は大丈夫なのか、また、公園で遊ぶときの注意点について、関西福祉大学教授・勝田吉彰先生に伺いました。

◆公園で遊ぶときの注意点
勝田:じゅりちゃん、こんにちは。“公園に遊びに行きたいけど大丈夫かな?”って、ちょっと不安なのかな?

今、公園に遊びに行くこと自体は、行ってもかまわないです。屋外での遊びね。遊びに行った先で、“どんなことに注意すればいいのかな?”ということを知って、守ってもらえたら大丈夫です。

まず、多くの人が触るものには、あまり触らないほうがいいかなと思います。例えば、遊具。どうしても触るようなことになる場合は、触ったあとに、手をきちんと洗ってほしいと思います。もちろん遊んだあとは、なるべく早く手を洗ってください。

もし公園に水道があったら、そこですぐに洗う。石鹸がない場合でも、水で手洗いするだけで、洗わないよりは、ずっといいです。そんなことに注意してほしいですね。

◆“鬼ごっこ”をして遊ぶのは大丈夫?
勝田:例えば咳をしたり、くしゃみをしたり、大きな声で喋ってツバが出ちゃったりしたときに、そこから感染することはあります。

そういうものがどこまで飛ぶかというと、2m以内で、ほとんどが下に落ちます。だから2m離れていれば、だいたい大丈夫なんです。

じゅりちゃんは、鬼ごっこが好きなのかな? 鬼ごっこは、あまり大きな声で叫び続けたりしないので、そんなに危ない遊びではないです。

ただ、ものすごく元気で、大声で叫ぶお友達がいる場合は、やめたほうがいいかもしれないね。なるべく静かに、大きな声をあまり出さず、ツバを飛ばさないようにしてやる鬼ごっこはいいと思います。これは大事なことですが、鬼ごっこのときもマスクを忘れないで着けてくださいね。

<鬼ごっこをするときの注意点>
・運動するときは、N95などの医療用の高性能マスクは絶対にダメ!
(場所によっては、マスクを外しても大丈夫です!)

・暑くなる季節。くれぐれも熱中症には気をつけて。こまめな水分補給を!

◆今後学校が再開するにあたり、気をつけるべきことは?
勝田:これから学校が再開して登校するときに、みんなで気をつけなくちゃいけないことがあります。

以前、この番組でほかのお友達にもお話したんだけど、「かみかみ」という言葉があります。

「か」……換気
換気をしていないところだったら、ちゃんと換気をするように、近くの大人に言ってしてもらいましょう。外だったら大丈夫かもしれないね。

「み」……密集
多くのお友達が一緒に集まるというのは、よくないんです。だから、狭いところにギッチリ集まるような遊びはやめましょう。

「か」……会話
ツバが飛ぶような近い距離で大きな声でお話をしたり、騒いだりするのはよくないです。

「み」……みんなで注意しましょう
今、紹介した「換気」「密集」「会話」をみんなで気を付けて、感染を減らしましょう。

望月:これから学校生活が始まるのが楽しみな反面、不安な方も多いと思います。「かみかみ」を大切に、みんなで気をつけて予防していけたらいいですね。

それから大声を出さないサイレント鬼ごっこだったらOKということでしたが、もしかしたらお子さんにとって難しい場合もありますよね。例えば、みんなで黒いマスクをして“忍者鬼ごっこ”とか、声を出さないルールを作って、新しい遊びとして工夫して楽しめたらいいですよね。

<番組概要>
番組名:Blue Ocean
放送日時 :毎週月〜金曜9:00〜11:00
パーソナリティ:住吉美紀
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/bo/

関連記事(外部サイト)