SUPER BEAVER 新曲『ひとりで生きていたならば』への思い

SUPER BEAVERのボーカル・渋谷龍太さんとギター・柳沢亮太さんが、6月4日(木)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。6月10日(水)リリースのニューシングル『ハイライト / ひとりで生きていたならば』について、パーソナリティのさかた校長とこもり教頭の質問に答えました。後編の記事では、『ひとりで生きていたならば』への思いを伝えた部分を紹介します。



さかた校長:そして(『ハイライト』に続いて)『ひとりで生きていたならば』も聴かせてもらいましたけど……僕、抱きしめられました。

こもり教頭:(笑)。

さかた校長:渋谷先生が自分に向けて歌っているような歌詞なんですけど、聴いている僕が壮大な感じで抱きしめられている感覚に陥ったんです。なんでかはわからないですけど……。

こもり教頭:“受け取った”ってことですかね?

渋谷:嬉しいなぁ。

こもり教頭:この楽曲ができていく中で……音ができて、歌詞がついて、渋谷先生の場合は歌うってなったときに、一発目に声を出すタイミングではどんな思いが強かったですか?

渋谷:そうですね、自分たちの歴史上、早い段階でメジャーデビューして一度落っこちているという……いわば人生において一つの挫折を経験して、自分の中でも割と大きなバツが付いたな、と思っていたんです。でもその悔しい気持ちをそのときで終わらせてしまったら悔しいまんまだし、力を貸してくれた人とか隣にいてくれた人というのはいるわけで。その人たちの気持ちまでそういう風にはしたくないな、って思っていたんですよね。なのでそれを全部持って、いつになってもいいからどこかの未来で全部ひっくり返して、「あれがあったから、こうなっているんだよね」っていう気持ちになれればいいなって思ったときに、自分とメンバーとそれ以外の顔がたくさん浮かんだんです。やっぱり音楽をやったり、音楽をやらなくても生きていくということは一人じゃ完結しない。誰かがいてこその人生だったな、というのを思いながら、「(息を吸う音)……♪」と思って歌いました。

さかた校長:思いを全部!(笑)。それは息を吸わないと!

こもり教頭:(笑)。

さかた校長:そしてこの曲は、映画『水上のフライト』(近日公開)の主題歌ということで。

渋谷:そうそうそう。

さかた校長:この映画もすごくこの曲を押し出すようなテーマになっていて、すごく最高なんですけど……。

こもり教頭:主題歌って、流れるの嬉しくないですか?

渋谷:そうですね。実は、映画の主題歌をやらせていただくのが初めてだったんです。試写会に招待していただいて、4人一列になって観たんですけど……曲が流れた瞬間は、隣のこととか気になりましたよね。「どんな顔をしてんだろうな?」って(笑)。

柳沢:曲が流れてすごく嬉しかったけど、ニヤニヤしてしまうのを抑える自分がいましたね(笑)。

こもり教頭:わかります(笑)。

さかた校長:じゃあちょっと、曲を聴きましょうか!



――ここで『ひとりで生きていたならば』をオンエア

さかた校長:柳沢先生は、この曲をどんな思いで作詞作曲されましたか?

柳沢:“ひとりで生きていたならば”というタイトルをつけているんですけど、嬉しいことも悔しいことも、時にはムカつくことも……一人きりで生きていれば、こういう気持ちは生まれないんじゃないかって思うんです。やっぱり悔しいとか悲しいとかって思ったときに、自分だけじゃなくて家族や友達やいろんな人の顔が浮かぶからより悔しかったり悲しかったりするのかなというのは、ずっと感じてきていたことだったんです。

さかた校長:はい。

柳沢:このSUPER BEAVERというバンドの活動においても、一度メジャーを離れて4人で活動しているときに、躍起になって“4人でやろう!”と思えば思うほど、4人だけで成り立つことって全然ないんだな、ということをすごく感じたんですよね。僕らの歩みというのは、そういう中で出会ってきた人と紡ぎあげてきた時間だと思っていて、いろんな人の顔が浮かぶというか。それって本当に嬉しいことだよなというのを、今一度声にしたくて、歌にしたくて作ったのが、この『ひとりで生きていたならば』という曲ですね。

さかた校長:なるほど……。

こもり教頭:僕はこの曲が、夜に走っているイメージなんです。走りながら、大声で、一人で、何かを訴えているというイメージが頭に浮かんだんですけど、言葉(歌詞)がドストレートじゃないですか。経験や感情が繰り返される言葉と合わさって、自分が思い描いた景色はあれか、と納得できました。

柳沢:嬉しいっすね。

渋谷:めちゃくちゃ嬉しいです。

●前編はこちら

----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2020年6月12日(金)AM 4:59 まで

スマートフォンでは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員に登録の上ご利用ください。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:さかた校長、こもり教頭
放送日時:月〜金曜 22:00〜23:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/

関連記事(外部サイト)