「“早く日曜日が来ないかな”って…」ももクロ・玉井詩織が“ドハマり”していたドラマとは?

「“早く日曜日が来ないかな”って…」ももクロ・玉井詩織が“ドハマり”していたドラマとは?

「“早く日曜日が来ないかな”って…」ももクロ・玉井詩織が“ドハマり”していたドラマとは?



(左から)ももいろクローバーZの“しおりん”こと玉井詩織、“かなこ”こと百田夏菜子、番組ナビゲーターの清野茂樹



「ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!」は好奇心を刺激する“知識”と、日曜夕方を彩る“音楽”をあわせ持った家族で楽しめる「知識+音楽のハイブリッドプログラム」。毎週ゲストをお迎えして、より音楽が色濃くなって、家族でドライブに行きたくなるような1時間をお届けいたします。

6月21日(日)の放送では、新テーマ「ハピクロ的・心に残るドラマ主題歌プレイリスト」をお届け。リスナーのみなさんから募集した「ドラマの思い出」とともに、「心に残るドラマ主題歌」をオンエアしていきました。

◆放送日だった6月21日(日)は…
かなこ:今日は、久しぶりにスタジオで清野さんとも顔を合わせましたけれども。

清野:は〜い。お久しぶりです。

かなこ・しおりん:お久しぶりです!

かなこ:ということで、本日6月21日(日)は、なんと……うちの高城れにさんのお誕生日で〜す!!

しおりん:おめでとう! 当日だ! すごい!

清野:じゃあ(高城さんに)一言ずついただいて……。

かなこ:そうですね。私たちのなかでの、1番近い“27歳”が高城さんなんですよ。

しおりん:そう。“お手本”になるわけですよね。

かなこ:だけど、たまに世間の27歳の方々とお会いすると、“あれ?”って(笑)。

しおりん:“知っている27歳と違う……”ってなる(笑)。

かなこ:だけど、れにちゃんは本当にいつまでも“若い”というか……。だから今年も、いつもの高城さんでいてほしいなと思います! おめでとうございます!



しおりん:おめでとう〜!

◆ハピクロ的・心に残るドラマ主題歌プレイリスト
4月からお送りしている「ハピクロ的元気が出るプレイリスト」企画。先月から今月にかけて「元気が出るアニソン」をテーマにしてきましたが、今週から「心に残るドラマ主題歌」というテーマでお送りしていきます!

かなこ・しおりん:イェ〜イ!

清野:リスナーからいただいた「ドラマの思い出」とともに、今日は「ハピクロ的・心に残るドラマ主題歌プレイリスト」をお届けしていきます。

<リスナーからのリクエスト・メッセージ>
「私が心に残っているドラマ主題歌は、『あなたの番です』の主題歌『STAND-ALONE』(Aimer)です。ドラマ、歌詞ともに謎で、毎週ドキドキで観ていました。みなさんは“あな番”観ていましたか?」(21歳 男性)

しおりん:観ていましたーーー!!!

かなこ:(返事が)早いよ! 玉井さんとマネージャー(のハマりっぷり)がね、すごかった!

しおりん:激ハマりしていましたね(笑)。“早く日曜日が来ないかな”って、1週間を楽しみにしていましたね。

かなこ:毎日言っていたよね。私も玉さんに勧められて、途中から観たんですけど。

しおりん:「絶対に観たほうがいいよ、2クール楽しめるんだよ!」って(笑)。

かなこ:そうそう!

清野:かいつまんで言うと、どんな話なの?

かなこ:観てないの!?

清野:“あな番”という言葉も、いま初めて知りました。

かなこ:どひゃー(笑)。

しおりん:“あな番現象”ってなったよね?

かなこ:なりました〜。

しおりん:あるマンションで、住民会というものが開かれるんですよ。そこで、“交換殺人ゲーム”というのを冗談のつもりでやるんです。そうしたら、本当にそのゲームをやった人たちの周りで殺人事件が起きて……っていう話で、毎話毎話、怪しい人が変わっていくんですよ。“この人が犯人だと思う”とか、そういうことを推理しながら観るのが、とても楽しくて。めちゃめちゃ盛り上がっていました。

清野:“推理系”は見逃せないよね。

かなこ:観ているみなさんが推理しているので、自分じゃない人の推理を読んだ後にドラマを観るのが、また面白いんですよ。“なるほど、こういう推理もあるんだ”って。それがまた面白かったんだよね。

しおりん:そう。“考察ブーム”みたいな。それこそ、SNSとかでも「あなたの番です 考察」というキーワードがすごい上がっていたり。

かなこ:“こんなところまで見ていたの!?”みたいな。

清野:玉井さん、さすがだね。説明が超わかりやすい!

しおりん:めっちゃ観てましたもん(笑)。この歌もとても素敵で、私もよく聴いています。



<リスナーからのリクエスト・メッセージ>
「私が心に残っているドラマ主題歌は、『ごくせん』の主題歌だったAqua Timezさんの『虹』です。当時、私は中学生で、部活の試合で競技場に向かう車のなかで、この曲を聴いていました。試合への不安で“どうしよう”ってなっていたとき、サビの“大丈夫だよ 見上げれば もう 大丈夫ほら 七色の橋”という歌詞を聴いて、自分に“大丈夫! 大丈夫!”と言い聞かせて試合に臨みました。今でも心に残っている曲です」(26歳 女性)

かなこ:そりゃもう、この歌詞を見たら、あのメロディーになっちゃうよ(笑)。

しおりん:歌っちゃう!

清野:さすがに、このドラマは知っています。大ヒットしましたよね。

かなこ・しおりん:(ドラマの)再放送〜〜〜!! 観ちゃった〜〜〜〜!!

清野:ちょうどいい“寝かせごろ”でしたよね。

かなこ:最高だった!

しおりん:あれだけ年月が経っても、前のめりでテレビにかじりついて観れるドラマって、“すごいな”って思いましたね。

かなこ:カッコ良すぎて。仲間由紀恵さんの……。

清野:“ヤンクミ”?

かなこ・しおりん:ヤンクミ(笑)!

しおりん:この「虹」という曲は、(「ごくせん」の)第3シリーズの主題歌なんですよね。

かなこ:そうか、主題歌は毎回違うのか。

しおりん:でも、第2シリーズの曲も良かったな。“NO MORE CRY〜♪”

清野:D-51の「NO MORE CRY」! あれも印象に残っていますね。ちなみに、この「虹」はAqua Timezにとっても大事な曲だそうで、2018年に行われた解散ライブでも、アンコールの1番最後に演奏されたそうです。

しおりん:Aqua Timezさんとして最後に歌った曲がこの曲ってことですね。
やっぱり“歌”って、聴いていた時代のことを思い出すよね。

<リスナーからのリクエスト・メッセージ>
「僕の元気が出るドラマ主題歌は、NHKの朝ドラ『べっぴんさん』の主題歌、Mr.Childrenの『ヒカリノアトリエ』です。このドラマは、夏菜子ちゃんが良子役を演じていて、“キアリス”の一員として試行錯誤をしながら、仲間とともに仕事をする姿が、今でも印象に残っています! この曲を聴くと、どんなにつらいことがあっても、“明るい未来を信じて、歩き続けよう!”という気持ちになれます」(25歳 男性)

清野:きましたね〜。百田さんが出ているドラマ「べっぴんさん」。

かなこ:ありがとうございます! 本当に素敵な曲で……。Mr.Childrenさんが主題歌を担当してくださると決まったときの現場スタッフさんの反応が忘れられないですね。ちょうど(決まった瞬間、現場に)いたんですよ、“すごいことが……!”ってなっていて。それで、出演者のみなさんと一緒に「どんな主題歌がくるのかな」って、楽しみにしていたんです。

初めて聴かせていただいたときに“ドラマにもぴったりだ”と思いましたし、私たちも、撮影をしながら毎朝(現場で流れている)この曲を聴いて、“よし、今日も頑張ろう!”って気持ちになりました。

しおりん:全国の家庭の朝に流れていた曲じゃないですか。ウチでも、毎朝流れていましたね。

----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2020年6月29日(月)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------


〈番組概要〉
番組名:ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:毎週日曜 16:00〜16:55
パーソナリティ:ももいろクローバーZ、清野茂樹
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/clover/

関連記事(外部サイト)