医療従事者への差別的言動…当事者の家族が語る「報道以上に偏見・差別を受けていたような話を聞いた」

医療従事者への差別的言動…当事者の家族が語る「報道以上に偏見・差別を受けていたような話を聞いた」

医療従事者への差別的言動…当事者の家族が語る「報道以上に偏見・差別を受けていたような話を聞いた」

本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」では、毎週木曜に新型コロナウイルスと最前線で戦う医療現場の「リアルな現状や課題」を情報発信するべく、在京民放ラジオ放送局5社連携でスタートした共同プロジェクト「#医療現場を応援」と連動したコーナーをお届けしています。

6月25日(木)の放送では、「医療従事者への偏見や差別」をテーマに、ご家族に医療従事者がいらっしゃる方に、お話を伺いました。


写真はイメージです


◆看護部長として看護師たちを守っていく立場
やしろ:今日は、お名前は匿名とさせていただきます。よろしくお願いいたします。奥様がコロナ対応の病院で看護部長さんをされているのですよね?

匿名さん:そうです。

やしろ:まずは奥様がコロナ対応をされると決まったときの正直なお気持ちを伺いたいのですが。奥様が家に帰ってきて「うちでコロナの患者さんを診ることになったよ」って聞いたときに、旦那さんはどう思いましたか?

匿名さん:妻は看護部長なので、現場というよりはどちらかというと看護師のみなさんを引っ張っていく、守っていく立場なので、その辺は頭ではわかっていたのですが、病院で感染する不安や確率がやはり他の人よりも多いので……。

とは言っても、誰かがこの仕事をやらないとこの環境は変わらないので、厳しい仕事だとは思っているのですが、看護部長として頑張ってもらえればと思いました。妻よりも現場の医者の先生とか看護師さんのほうがもっと厳しいので、妻にはそういう方々のサポートを頑張ってほしいと思いました。

◆医療従事者への偏見・差別は…
やしろ:一時期言われていた、コロナ対応をする医療従事者の方々への偏見や差別というのは、実際にあったのでしょうか。

匿名さん:うちは子どもが3人いて全員小学生より上なのですが、学校が休校になったので、テレビで報道されているような「保育園を断られる」とか、「学校でいじめられる」というのはありませんでした。

詳しくは言えないですけど、病院に勤めているみなさんはそういった報道以上に、偏見・差別は受けていたような話は、ちょっと耳には入ってきました。

やしろ:僕の知り合いの医療関係の方々も、近くのお店の方に「あまり来ないでください」みたいなことを言われてしまった、と。なぜというと、お店の方は気にしていないのですが、お店に出入りしているお客さんがお店の方に言うらしいですね。「あそこの病院で働いている方が来ているから行きづらい」とかお店に言うらしいんですよ。

匿名さん:……正直あるでしょうね。

やしろ:それを聞いてすごく悲しい気持ちになりましたし、本当にリスクが高いなか責任感・使命感を持って取り組んでいる人たちがいて、もし第2波が来たとして、医療関係の方が辞めてしまったり家族が偏見に遭ったから辞めたとか、金銭的な補助がなかったり、そんなことで医療が仮にでも崩壊に近い状態になってしまったときには、国としてやりようがないですもんね。

匿名さん:機械ができる仕事ではないので、生身の体でリスクを背負って頑張ってもらっているからこそ、それでやっと今の状況が守られていると思います。

やしろ:そうですね。偏見をしているつもりはなくて(差別)してしまっている人も、なかにはいらっしゃると思うんですよね。でも、すごく嫌な言い方になりますが、その方々も1歩冷静に立ち止まって、ご自身や大事な人が感染したときに、どこで診てもらうんですか? と考えれば、わかることだと思うんですよね。

匿名さん:1回、そういったところを想像してもらえれば、そのような偏見も減っていくかな、とは思います。

誰かがやらなきゃいけない仕事ですし、医療従事者は家族に対するケアがないと、誰もできなくなってしまいますので。東京に限らず、日本を守るために、命がけでやってくれる人を守っていただければと思いますね。

やしろ:患者さんの治療に当たったり、経過を診てくださるっていうことは、最も核となる感染予防をしてくれているということでもあるわけですしね。

匿名さん:はい。まずそこで食い止めていければいいと思います。

◆医療従事者への支援が本当にうれしい
やしろ:夫として、奥様に思うことはありますでしょうか。

匿名さん:ひと言で言うと、“尊敬”ですね。もともと看護師で人の命を預かる職場なので。その時点で大変な仕事なのですが、今回は特にコロナの関係で、今のような状況でも毎日病院に出勤していますから、立派だというそのひと言ですね。

こういった番組でしゃべらせていただく機会も含めて、最近では医療従事者を幅広く応援、ご支援いただけるようになりましたので、家族としても本当に誇らしく、うれしく思っています。引き続き、みなさまのご理解とご協力をいただければと思いますので、よろしくお願いします。

*    *    *

なお、「#医療現場を応援」と連動したコーナーは、TOKYO FMでは毎週木曜の「Skyrocket Company」のほか、「Blue Ocean」でも毎週火曜9:12ごろからお届けしていますので、ぜひ現場の声に耳を傾けてみてください。

----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2020年7月3日(金) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Skyrocket Company
放送日時:毎週月〜木曜17:00〜19:48(※コーナーは毎週木曜18:40ごろ〜)
パーソナリティ:本部長・マンボウやしろ、秘書・浜崎美保
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/sky/
番組公式Twitter:@Skyrocket_Co

関連記事(外部サイト)