作詞家・松本隆「この人だったら理想の詞を書けるかもしれない」斉藤由貴「初戀」の誕生秘話

リスナーの記憶に残る過去の名番組を紐解きながら、これまでに築いてきた音楽文化の足跡をたどる特別番組メモリアルシリーズ Vol.1「「TOKYO FM開局50周年『アイ・ラブ・ユー〜僕はきみのラジオ〜』」。7月24日(金)の放送では、ロックバンド・はっぴいえんどのメンバーであり作詞家の松本隆さんの音楽人生に注目しました。

アイ・ラブ・ユー〜僕はきみのラジオ〜



TOKYO FMは2020年に開局50周年を迎えました。開局年である1970年は、日本語ロックの元祖とも言える、はっぴいえんどが結成された年でもあります。今回の放送では、はっぴいえんどのドラムであり作詞家でもある松本隆さんにスポットをあて、カルチャーコンシェルジュである泉麻人さんと50年の歩みを振り返ります。

2020年4月に放送された「TRUE STORIES」で松本さんは「TOKYO FMが80年代にやった、コーヒータイムという番組だったかな。そこで2時間ぐらいモノローグで喋ってくれって言われたんですよ」と語っています。松本さんのインタビューを受けて、TOKYO FMが過去の音源を調査したところ、『ネッスル珈琲サロン』の1985年12月8日放送分の音源であることが判明。過去の音源から、松本さんが番組内で語った“作詞家になったキッカケ”をプレイバックしました。

「けっこう前から作詞家を志望していて、歌謡曲の詞はすぐに書けると思っていました。そして『ヤング・ギター』編集長の山本隆士さんにね、『僕、作詞できるよ』って言ったら『嘘だあー!』って言われたんですよ(笑)。そんなふうにいろんな人に言っていたら、仕事が舞い込んできたんですよね」と語る松本さん。

歌謡曲寄りに書いたつもりでも、はっぴいえんどの歌詞と変わらなかったそう。(1985年までの)12年間で書いた作詞の数は、なんと1,200曲に及びます(現在は2,000曲以上)。泉さんは当時の松本さんの印象を「スラっとした背の高い人でした」と述懐しました。

カルチャーコンシェルジュの泉麻人さん



松本さんの作詞活動のなかで、外すことのできない人物が松田聖子さんです。TOKYO FMでは、松本さんが松田聖子さんの詞について語る音源を発掘しました。1985年9月15日放送の『出光ミュージックタイム』から、松本さんのインタビューパートを取り上げました。

松本さんは「近藤真彦や寺尾聡、大瀧詠一などの歌詞を書いてきましたが、なぜか松田聖子だけクローズアップされることが多いんですよ。それだけ、彼女の存在感が大きかったんでしょうね。80年代にとって、大事な存在だったのでしょう」。当時の彼女を“南の島”のイメージで捉えていた松本さんでしたが、作詞活動を進めていく過程で“彼岸”になり、やがて“天国”のイメージに変容していったそう。そうして生まれたのが、松田聖子さんの名曲『天国のキッス』だったと松本さんは語りました。

80年代に多くの名曲を生み出した松本さんは、斉藤由貴さんのデビューシングル「卒業」を手掛けています。松田聖子さんについて語った「出光ミュージックタイム」内で、松本さんは斉藤由貴さんの「初戀」についても触れていました。松本さんは「どうしたら心を解き放つ歌詞が書けるだろうかと考えたときに、斉藤由貴をテレビで観たんですよ。彼女がものすごく無防備な笑顔を浮かべたんですね。それで、この人だったら理想の詞を書けるかもしれないと思ったんですよ。それでできたのが『初戀』でした」と振り返り、「曲を聴いてもらったら、意図が通じると思います」と続けました。

松本隆さん



そして、松本さんの音楽人生の原点とも言えるはっぴいえんど。ロックバンドでありながら日本語詞と「ですます調」を採用したはっぴいえんどを、泉さんは「レトロブームの先駆け」と分析します。2020年4月放送分の『TRUE STORIES』で、松本さんははっぴいえんどの名曲「夏なんです」についてトークを展開しました。「夏なんです」は、松本さんが過ごした少年時代の夏休みを投影した作品とのこと。

「両親が群馬出身なんです。母親の実家が伊香保温泉にあるのですが、夏になると自分をそっちへ預けちゃうんですよ、ズボラな人だから(笑)。だから、子どもの頃は東京の夏を知らなかったんですよ。知っているのは、伊香保温泉の真夏なんです。『夏なんです』は群馬で過ごした夏の少年時代の実体験です」と、松本さんは語っています。

はっぴいえんどは1972年に解散後、1985年に1度だけの再結成ライブを実施。2013年にメンバーの大瀧詠一さんが亡くなったのち、「松本 隆 作詞活動45周年記念オフィシャル・プロジェクト 風街レジェンド2015」で、細野晴臣さん、松本隆さん、鈴木茂さんの3人によるはっぴいえんどが再結成されました。TOKYO FMは、ライブの模様を独占で放送。2015年10月23日に放送された「風をあつめて〜風街レジェンド2015 LIVE at 東京国際フォーラム」で演奏した「夏なんです」のライブ音源を、番組内でオンエアしました。

<番組概要>
番組名:TOKYO FM開局50周年『アイ・ラブ・ユー〜僕はきみのラジオ〜』
総合司会:住吉美紀、坂上みき
50年クロニクル案内人:大橋俊夫
カルチャーコンシェルジュ:泉麻人、田家秀樹
ミュージックアドバイザー:松任谷正隆(録音パート)
ゲスト:渡辺美里
放送日時:7月24日(金・祝) 12:00〜16:55
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/blog/info/index.php?itemid=168027