Novelbright 路上ライブに1,000人「こんなに人おんねや!」

Novelbrightのボーカル・竹中雄大さんとドラム・ねぎさんが、9月1日(火)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。2019年に行い話題となった路上ライブや、メジャーデビューの感想ついて、パーソナリティのさかた校長、こもり教頭の質問に答えました。



さかた校長:本日の生放送教室には、Novelbright先生!

Novelbright:よろしくお願いします!

さかた校長:Novelbright先生は大阪出身の5人組ロックバンドですが、本日はお二人で来校していただきました。完全に初めましてですよね?!

Novelbright:初めましてです。よろしくお願いします!!

校長・教頭:よろしくお願いします!

さかた校長:Novelbright先生は、1年前までは路上ライブをされていたんですよね?

竹中:新宿とかでめちゃくちゃやってましたね。

さかた校長:路上ライブの映像を観たんですけど、すごかったですね。お客さんがパニック状態で。

竹中:ちょうど、1年前の9月あたりから人が来てくれるようになったんです。

さかた校長:それから1年経って……素晴らしいですね。SNSでどんどん広がって、聴いてくれる人が増えていくのを目の当たりにしてどうでしたか?

竹中:去年1年はいろんな所で路上ライブをやったんですけど、それまでも6年くらいはライブハウスで地道に活動していたんです。でも鳴かず飛ばずやな……というので路上ライブを始めたんです。当初はお客さんが5人とか10人とかだったんですけど、SNSでの発信も頑張っていたら、やっと夏くらいからそれが50人、100人となっていって。

さかた校長:うん!

竹中:最終的には1,000人くらいになったんです。

さかた校長:すご!

竹中:ライブハウスだと……もちろんソールドアウトになったら嬉しいんですけど、キャパが決まっているので、「思っているより来たな」はないじゃないですか。でも路上だと「今日は、こんなに人おんねや!」というのがあって、新鮮でしたね。

さかた校長:チケットを買ってではなく、その日その場所でという感じですもんね。

竹中:基本は「明日ライブやりまーす」とか、「今日の夕方やりまーす」という告知だったので。

ねぎ:場所もあまりわからなかったしね。昼間に散策して「今日はここでやってみようか?」みたいな感じだったので(笑)。

こもり教頭:それがちょうど1年前のことなんですね。

さかた校長:そして、ついに8月17日にメジャーデビューと! おめでとうございます!! 率直な感想はいかがですか?

竹中:メジャーデビューはずっと目標だったんですけど、ぶっちゃけ自分ら的にはそんなに変わらないかなと。インディーズだろうがメジャーだろうが、僕らのスタンスだったり信念みたいなものは変わらないので。

こもり教頭:はい。

竹中:でも、喜んでくれる人が増えたのは嬉しいですね。

こもり教頭:そうですよね。

----------------------------------------------------
??この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2020年9月9日(水)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:さかた校長、こもり教頭
放送日時:月〜金曜 22:00〜23:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/