魔夜峰央の「2万光年翔んで新潟」に期待! 鈴村健一「これはまた映画になっちゃうんじゃないの」

声優としても活躍中の鈴村健一(月〜木曜)と俳優の山崎樹範(金曜)、フリーアナウンサーのハードキャッスル エリザベスがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「ONE MORNING」。この記事では、9月21日(月・祝)〜9月25日(金)の放送から、ニュースを象徴する1つの数字にスポットを当てるコーナー「SUZUKI TODAY’S KEY NUMBER」で取り上げたトピックを紹介します。


(左から)鈴村健一、ハードキャッスル エリザベス



◆14年連続
ノーベル賞のパロディで、ユニークな研究などに贈られる「イグ・ノーベル賞」。 このたび2020年度の受賞研究が発表され、日本人の研究者が「音響学賞」を受賞しました。日本人の受賞は14年連続です。

この日、鈴村の代演をつとめたお笑いトリオ・グランジの遠山大輔さんは、「14年連続ってすごいですね!」と驚きの声を上げます。今回受賞した研究は、人の声を変えるヘリウムガスをワニに吸わせ、鳴き声の変化を調べたもの。

「ワニって鳴いているところとか、あんまり見たことなくないですか? ザベスさんのイメージするワニの鳴き声ってどんな感じ?」と遠山さんから突然の無茶振りが。エリザベスは臆することなく鳴き声を披露するも、「ンメェ〜ッ!」と羊そのもの。笑いを誘ったところで、逆にヘリウムガスを吸ったときのバージョンを遠山さんに無茶振り返し。遠山さんの鳴き声がこだまするカオス状態となり、苦笑いするエリザベスでした。

◆2万光年
去年、実写映画が大ヒットした魔夜峰央(まや・みねお)さんの漫画「翔んで埼玉」。そんな魔夜さんによる、新潟県を題材にした「2万光年翔んで新潟」が10月16日(金)に発売されるということで話題になっています。

今作も「翔んで埼玉」に負けず劣らずのディスり具合に、「ひ……ひどい」と思わず大笑いしてしまう鈴村。「面白そう! これはまた映画になっちゃうんじゃないの」と期待を寄せていました。

◆およそ6,000本
東京・渋谷駅前にあるTSUTAYAの旗艦店「SHIBUYA TSUTAYA」が、4階と5階の映像レンタルフロアをリニューアル。なかでも注目は、およそ6,000本のビデオテープを取り揃えた「渋谷フィルムコレクション」コーナー。DVD化されていない作品や廃盤となった作品など貴重な映像作品を数多く取り揃えており、ビデオデッキの貸し出しサービスも実施しています。

ビデオデッキ世代の鈴村は「いいですね〜、VHS。この時代に生きた人間としてはとてもうれしい」と喜びの声。DVD化されていない、“マッチ”こと近藤真彦さんの主演映画「ハイティーン・ブギ」や、三國連太郎さんと佐藤浩市さんの親子初共演が話題となった映画「美味しんぼ」などのラインナップに興味津々の様子でした。

◆5週連続
アニメ化30周年を迎えた「ちびまる子ちゃん」(フジテレビ系)。 9月27日(日)〜10月25日(日)の放送まで、5週連続となるお楽しみ企画「秋のお楽しみメニュー〜まる子の昔ばなし〜」が放送されるということで話題となっています。

9月27日(日)「まる子のおむすびころりん」、10月4日(日)「まる子の笠地蔵」、10月11日(日)「まる子の桃太郎」、10月18日(日)「まる子の西遊記」、10月25日(日)「まる子の3匹の子ブタ」という放送ラインナップに、「え〜、どんな風になるんだろう! 気になる!」と声を弾ませるエリザベス。

山崎は「『ちびまる子ちゃん』のようなすごい作品、すごいキャラクターというのは、作家さんの手を離れて、自分で歩き出すんだよね。『サザエさん』(フジテレビ系)もそうだけど、作家さんが亡くなっても、作品やキャラクターが生き続ける」としみじみ。「ずっと続いてほしい」と願っていました。

<番組概要>
番組名:ONE MORNING
放送日時:毎週月〜金曜6:00〜9:00
パーソナリティ:鈴村健一(月〜木曜)、山崎樹範(金曜)、ハードキャッスル エリザベス
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/one/