矢沢永吉の名言「これがポルシェになるんだぜ?」…後藤次利がバックバンドをつとめた当時を振り返る

TOKYO FMで放送の“ラジオのなかのBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。10月7日(水)のお客様は、とんねるずの石橋貴明さんと、作曲家・編曲家・音楽プロデューサーの後藤次利(ごとう・つぐとし)さん。この記事では、後藤さんが矢沢永吉さんとのエピソードを語りました。
??この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!

(左から)後藤次利さん、石橋貴明さん



◆永ちゃんがメモ書きのようにコードを書いて…

石橋:驚いたのは、僕が高校生くらいに聴いていた永ちゃん(矢沢永吉さん)の曲を、次利さんが弾いているんですよね?

後藤:ベースで弾いていますね。

石橋:永ちゃんの「チャイナタウン」を次利さんの車のなかで聴いたときに、「いいですよね、この曲」って言ったら、「タカちゃん、これ俺がベースを弾いているんだよ」って。「えーっ!? 本当ですか?」ってなりましたね。

後藤:僕とタカちゃんは9歳違うからね。ベースを弾いたり、いろいろやっています。

石橋:永ちゃんのすごさって何だったんですか?

後藤:永ちゃんと出会ったのは、僕が23歳のとき。1975年くらいだったと思うんですけど、初対面からまず、人を包み込みますよね。

永ちゃんは、キャロルでベースを弾いていたんです。知り合いのギタリストの方から、「矢沢さんのレコーディングをやるから、ベースで来て」って言われて。“永ちゃんはベースじゃないの?”と心に迷いがありながらも、ベースを持ってスタジオに行ったんです。そうしたら、永ちゃんはもうソロシンガーでロッカーで、ウェルカムな感じで包容力がすごいんですよ。それで、安心してベースを弾いたという感じです。それはセカンドアルバム『A Day』でのことなんですけどね。

そこから永ちゃんにプレイを気に入ってもらって、(4thアルバム)『ゴールドラッシュ』まではやっていましたね。

石橋:すごいですよね。永ちゃんが、ペラ紙にメモ書きのようにコードを書いて「おい、次利! これがポルシェになるんだぜ?」って言ったという伝説の(エピソードも)。

後藤:肩を組んでね。その紙、もらっておけばよかったですよね。

石橋:オークションで売れましたよ(笑)。

*   *   *

来週の「TOKYO SPEAKEASY」のお客様は……

10月12日(月)笠井信輔さん(フリーアナウンサー)×柿澤勇人さん
10月13日(火)島田秀平さん×もう中学生さん
10月14日(水)ASIAN KUNG-FU GENERATION・後藤正文さん×古川日出男さん(作家)
10月15日(木)FROGMANさん(アニメ監督)×関和亮さん(映像ディレクター)

がご来店。一体どんな話が飛び出すのか……!? お楽しみに!

----------------------------------------------------
??石橋貴明「もう1回歌をやりたい…」芸能生活で“唯一やり残したこと”があるとしたら…この続きは「AuDee(オーディー)」でチェック!

スマホアプリ「AuDee(オーディー)」では、スペシャル音声も配信中!
★ダウンロードはこちら→http://www.jfn.co.jp/park
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00〜26:00
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/speakeasy/