Official髭男dism 新曲「Universe」歌詞に込められた思い

Official髭男dismの藤原聡(Vo/Pf)と松浦匡希(Dr)が、TOKYO FMのレギュラー番組に出演。『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争2021』(3月5日公開)の主題歌で、2月24日にリリースされるニューシングル「Universe」について、楽曲を聴いたというリスナーの感想を紹介し、制作時のエピソードや楽曲への思いを伝えました。
(TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! ヒゲダンLOCKS!」1月13日(水)放送分)



藤原:僕とちゃんまつのペアでは、今年初の授業でございます! 先週(1月6日放送分)は、(ベースの)楢ちゃんが俳優デビューしたいっぽいって話をね……(笑)。

松浦:妙にリアルなんだよな(笑)。

藤原:声優デビューなら果たされるみたいですよ! 楢崎さん含め、我々4人がドラえもんに出させていただけるということで……! 恐縮でございます、ありがとうございます!(1月16日放送のアニメ「ドラえもん」作中に出演)


――新曲「Universe」を聴いたリスナーの感想を紹介

【新曲「Universe」、イントロのピアノからグッと心を掴まれました。私はこの曲のベースラインが大好きです。特に2番のAメロに入るときのフレーズが神がかってます……。最初は歌いやすい曲だな〜と思っていましたが、サビの藤原先生から出る『Universe』、絶対歌えない曲だと確信しました(笑)。この曲をライブで聴けるのを楽しみにしています!】(13歳女性)

藤原:なるほどね、ピアノにグッとつかまれたけれども、やっぱベースラインに、楢ちゃんに……役者に持っていかれたわけですね(笑)。

松浦:なるほどね(笑)。

藤原:楢ちゃんのこの曲のベースライン、ヒゲダン史上いちばん好きかも知れんなぁ! 本当に素晴らしいプレイをしていますからね。さらに「サビの藤原先生から出る『Universe』、絶対歌えない曲だと確信しました」ということだけど、確かにキーの高い曲ではありますね。でもそう言わず、ぜひ歌う際には挑戦してみていただきたいなと思いますけどね。チャレンジですね!


【Official髭男dism - Universe[Official Video]】


【「Universe」のOfficial Video、見ました! 宇宙をイメージした部屋、公園のセット、そしてUniverseのCDのジャケットの器材など、曲の世界感がとても感じられるMVでした。今、受験を目前に控えています。「自分の実力をもっと上げなきゃ」とか、「もっと勉強しなきゃ」とか自分に焦りを感じていて、すごく苦しいです。今の自分から逃げようとしていた自分もいました。しかし、このUniverseを聴き、「未来のことよりも、まずは今の自分と向き合おう」と思え、今の自分と真正面からちゃんと向き合えるような気がしました】(15歳女性)

藤原:確かに、受験のシーズンでもありますよね。この曲の大事なところというか、素敵だなと思うところがいくつかあるんですけど……歌詞の面で言うと、3番のサビの『今日は帰ろう』かな。

松浦:うん。

藤原:生きているといろんな問題に直面しますけど、その日は頑張れた、頑張れなかった、は別として、“今日は帰ろう、明日また”という感覚ってすごく大事だなと思ってて。

松浦:そうだね。

藤原:この「Universe」という楽曲は、自分たちがレコーディングしてるときにすごく大事にしてる心情も入ってるような気がするんだよね。

松浦:いや〜わかるわ。過去の自分がやってきたことも無意味じゃないんだよ、って……救いのある楽曲でもあると思うんだよね。

藤原:うん。主題歌発表のときのコメントでも書いたんだけど、子供のときにはどんな大人になるかわかんなかったじゃない? まさかバンドでこうやって音楽を作って届けることが仕事になってる未来なんて、全く想像してなかったし。

松浦:うん。

藤原:未来はやっぱり未知だから、大人になってもわからんじゃん? だから子供も大人もどんな未来が待ってるかとか、どんな人生を歩んでいくかはわからないから、懸命に今日をやるっていう。それが入ってるのが、この楽曲の素敵なところかなと思いましたけど。歌詞もさることながら、音もすごく素敵ですね!

松浦:自分たちの楽曲のことだけどさ、「まだこんないい曲作るん!」っていう(笑)。

藤原:すごく幸せなことだと思うよ。結局音楽は、誰かの能力で生まれているみたいな部分もあるのかもしれないけど、閃く閃かんみたいな世界だったりするじゃない?

松浦:まあたしかにね、その時々のね。

藤原:そう。だから曲としていいものが生まれてもバンドとしてアレンジしていくうちに、何かいい着地点が見つけられないってこともやってりゃあるし。この形にきちんと完成できたのは、このバンドとしてラッキーなことだなと思いましたけどね。“この楽曲、俺たちのものにしていいんだ!”みたいな……いいのかな?(笑)。

松浦:(笑)。本当に歌詞もメロディもいいし、アレンジのクオリティというか……2020年もいろいろあったけど、その中でも進化を遂げていってるなと、自分たちのことだけど思う。

藤原:確かにね。このライブができない期間に形にした楽曲だしね。1週間スタジオにこもりきりになることも、今までなかったからね。それによって、納得のいくアレンジが深く掘れたっていうところあるのかもしれないね。

松浦:めちゃめちゃ丁寧に作ったもんね。他の楽曲が丁寧じゃないとかじゃなくて、さらに丹精込めて作れる時間をもらえたというか。それもあいまって、こういう神曲……自分で言う(笑)。

藤原:いやいや、自分で言えるのは素敵なことだよ、俺もそう思うし。今回はみんなのパートがすごく緻密に噛み合っていくアレンジだったから、「楢ちゃんのベースが変わったから、ここのフレーズ俺もちょっと変えようか」ってもう1回弾き直したりとかさ。

松浦:そうだったね。レコーディングの最中で録った音をさらに変えて……って、積み重ねていったもんね。

藤原:そうそう。『積み重ね 野に咲くユニバース』……(笑)。

松浦:そういうことなんですよ!(笑)。

----------------------------------------------------
??この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年1月21日(木)AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
パーソナリティ:さかた校長、こもり教頭
放送日時:月〜金曜 22:00〜23:55
番組Webサイト ⇒ https://www.tfm.co.jp/lock/

関連記事(外部サイト)