食費を「節約」するポイントは? 食費の目安は? “お金のプロ”が回答

住吉美紀がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの生ワイド番組「Blue Ocean」。暮らしとお金の情報サイト「家計見直しナビ」 とタッグを組んで、お金や保険のプロに“家計のお悩み”を相談し、日常生活におけるお金にまつわる豆知識を学ぶコーナー「家計見直しナビ presents おさいふ相談室」。1月15日(金)の放送は、ファイナンシャルプランナー・飯村久美さんがリスナーの質問に答えました。

※写真はイメージです



<リスナーの質問>
5人家族で子どもが3人いるのですが、食費が毎月10万円以上かかります。外食は別枠ですが、ほとんどしません。食費を切り詰めているつもりなのに、“これも必要”“あれも買っておかないと……”と、気付くと、それなりに使ってしまっています。買うものはリスト化して、献立を考えてから買い物に行くようにしているのですが、食費を少しでも節約できるポイントがあれば教えください(神奈川県 43歳 主婦)

住吉:お子さんが3人もいて、外食をほとんどしないで、毎食作っているのは本当にすごいです。まずは、自分をほめてあげてください。また、ステイホームで自炊が増えたので、食費を見直したい、という方もいるのでは。今回はファイナンシャルプランナーの飯村久美さんに回答していただきます!

◆家計における食費の目安は?
飯村:総務省の調査「家計調査年報(家計収支編)2019年」によると、5人家族の食費の平均は91,588円。内訳は外食費が18,318円、家での食費は73,270円です。

ご相談者さんの食費の状況は、全国平均と比べて30,000円ほど高いです。おそらく、食べ盛りのお子さんがいらっしゃるのではないでしょうか? 家族全員がお弁当を持って行くと食費もかさみますし、有機野菜や無添加のものなど質の高いものを買うとコストも高くなります。

食費は、家庭ごとのこだわりが現れるところでもあります。目安としては、食費が「手取り収入の20%」を超えると他の支出に影響が出てしまいます。家計費全体の何%になっているか、計算してみましょう。

◆食費を節約するポイントは?
★買い物の工夫をする
・買い物1回あたりの予算を決めましょう。
⇒ほしい物に優先順位がつけられ、無駄な出費を防げます。

・買い物に行く頻度を少なくして、まとめ買いをしましょう。
⇒お肉などは大容量パックが安いので、買ったらすぐに下ごしらえをして、フリージングをしてはいかがでしょうか。一方で、ビールの箱買いなどは、消費量が増えてしまうので注意が必要です。

⇒買い物に行かない日を作り、残り物を使ったメニューにすると冷蔵庫も整理されます。

・ネットスーパーは、買い物の合計金額がわかるので予算が守りやすくなります。
⇒買い物に行く時間が省け、重い物も持たずに済むので便利です。

★メニューの工夫をする
・旬のものやセール品、特売日などをうまく使いましょう。
・「ふるさと納税」の返礼品で食費を節約する方法もあります。

食は家族の健康の源です。上手に節約して家族の健康をサポートしましょう。

住吉:美味しいご飯を食べると、心も体も元気にしてくれます。今は普段から免疫を下げないことも大事ですので、無理のない範囲で上手に節約してくださいね!


----------------------------------------------------
??この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限:2020年1月23日(土)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:Blue Ocean
放送日時 :毎週月〜金曜9:00〜11:00
パーソナリティ:住吉美紀
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/bo/
特設サイト:https://www.kakeinavi.jp/blue-ocean/

関連記事(外部サイト)

×