村上春樹「あとで後悔しないように、こまめに気持ちを伝えましょう」

作家・村上春樹さんと坂本美雨さんがディスクジョッキーをつとめるTOKYO FM/JFN全国38局フルネットの年越し生特番「村上RADIO年越しスペシャル〜牛坂21〜」が、2020年12月31日(木)23:00から2021年1月1日(金・祝)1:00まで放送されました。この記事では、村上さんが選曲した「明るい2021年を迎えるための選曲」(後半)でお話された概要を紹介します。


村上RADIO



番組初・村上さん初の生放送となった「村上RADIO年越しスペシャル〜牛坂21〜」。いろいろあった2020年を締めくくり、明るい気持ちで新年を迎えるべく、大晦日の京都のスタジオから2時間の生放送でお届けしました。今回は、村上さんによる「明るい2021年を迎えるための選曲」や、ゲストに京都大学iPS細胞研究所所長の山中伸弥教授、霊長類学者の山極壽一京都大学前総長を迎えたスペシャル対談をオンエア。また、メッセージテーマ「2020年で一番よかったこと」を募集し、メッセージが採用されたリスナーには、村上さんから特製ラジオネームの“お年玉”がプレゼントされました。

*  *  *

◆Aaron Neville「Mickey Mouse March (From The Mickey Mouse Club) 」
アーロン・ネヴィルが「ミッキーマウス・マーチ」を歌います。これもかなり意外な組み合わせですよね。アーロン・ネヴィルと「ミッキーマウス・マーチ」。でも、これがなかなか良いんです。聴いてみてください。聴いていると、なんとなく静かな勇気が湧いてきます。2020年もいろいろ困ったことがありましたが、ここはひとつ、みんなで「ミッキーマウス・マーチ」を歌って元気を出しましょう。

◆Sacha Distel「Je t’appelle pour te dire que je t’aime」
スティーヴィー・ワンダーの名曲「I Just Called To Say I Love You」(「愛しているって言いたくて、それで君に電話をかけたんだ」)をフランスのジャズ・ギタリストにして歌手、サッシャ・ディステルがフランス語で歌います。この歌、なぜかフランス語がよく似合うんです。

Je t’appelle pour te dire que je t’aime
僕のフランス語はかなりひどいですけれど(笑)。

◆Brook Benton「Have I Told You Lately That I Love You?」
次にお送りする曲は、もうひとつ、スティービー・ワンダーと似たような内容の曲です。ブルック・ベントンが古いカントリー・ソングを歌います。“Have I Told You Lately That I Love You?”(「君のことを愛しているって、最近言ったっけね?」)。
そういう気恥ずかしくてつい言い忘れちゃうことってありますよね。でも、あとで後悔しないように、こまめに気持ちを伝えましょう。もう年も終わりですから、今年のうちに済ませられることは済ませてしまいましょうね。

◆Ella Fitzgerald+The Ink Spots「Cow Cow Boogie」
2021年は丑年です。僕も丑年生まれなので、「丑年記念」というか、このあとは牛にちなんだ曲をずらりとおかけします。エラ・フィッツジェラルドが黒人男声コーラス・グループ、インク・スポッツと一緒に歌います。「カウ・カウ・ブキ」は、アボットとコステロの1950年公開の映画「凸凹カウボーイの巻」の主題歌です。この曲、いろんな人が歌っていますが、エラの歌がやはり最高です。上手いです。インク・スポッツとの絡みがすごく洒落ています。

◆Petula Clark「Plaza De Toros」
次は、ハーブ・アルパートがヒットさせた「Lonely Bull(悲しき闘牛)」をペトゥラ・クラークがフランス語で歌います。またフランス語かよ、と思われる方もおられるかもしれませんが、「悲しき闘牛」は、どれだけ探しても、うちにはこのレコードしかなかったんです。すみません。でもまあ、フランス語で聴く機会もあまりないと思いますので、聴いてください。

◆ムーンライダーズ「ウスクダラ」
「ウシュクダラ」はトルコの街の名前で、牛とは何の関係もありませんが、なかなか楽しい歌なので、こっそりと「牛関係」に潜り込ませました。1953年にアーサ・キットの歌でヒットしました。正式なトルコ語の発音は「ユスキュダル」というみたいですが、どう聴いても「ウシクダラ」と聞こえますので、まあいいですよね。牛の歌です。日本語の歌は江利チエミさんのカバーが有名ですが、今日はムーンライダーズの素敵に楽しいバージョンで聴いてください。

◆Ahmad Jamal「Black Cow」
早いもので、ちゃんと聴ける最後の曲です。スティーリー・ダンのヒット曲「ブラック・カウ」をジャズ・ピアニスト、アーマッド・ジャマルが演奏します。この演奏、なかなかかっこいいんです。

ジャマルは1950年代にミニマリズム・スタイルのジャズ・ピアノを弾いて、あのマイルズ・デイヴィスにも影響を与えた人ですが、時代によって大きくスタイルを変えていきまして、1970年代には、こういうかなりポップなジャズをやっていました。僕は一度アメリカのジャズ・クラブで彼の演奏を聴いたことがありますが、本当にとてもセンスの良い素敵なジャズを聴かせてくれました。残念ながら日本に来たことはなかったと思います。

*   *   *

▼2月14日(日)開催! 村上春樹さんのイベント「MURAKAMI JAM」オンライン配信チケット好評発売中▼

2021年2月14日(日)に開催される、作家・村上春樹さんが中心となってお届けするイベント「村上春樹 produce MURAKAMI JAM 〜いけないボサノヴァ Blame it on the Bossa Nova〜supported by Salesforce」特設サイトが公開されました。TOKYO FMのパーソナリティ陣による特別コメントや、大西順子さん×小野リサさん×坂本美雨さんのスペシャル対談など、今しか見られないコンテンツが盛りだくさんです。


「MURAKAMI JAM〜いけないボサノヴァ Blame it on the Bossa Nova〜 supported by Salesforce」オンライン配信チケットは現在発売中。配信時間は2021年2月14日(日)19:00から。



■前売り券:3,500円(税別)(※2月13日(土)23:59まで販売)
■当日券:4,000円(税別)(※2月14日(日)0時以降<日本時間>)

英語字幕付きオンライン配信チケットは、
■前売り券:4,000円(税別)(※2月16日(火)23:59まで販売)
■当日券:4,500円(税別)(※2月17日(水)0時以降<日本時間>)

配信時間は2021年2月14日(日)19:00から予定(※変更可能性あり)。
配信後1週間アーカイブ視聴が可能です。

チケット販売については、こちらの公式ページもご覧ください。

<ライブ概要>
公演名:「MURAKAMI JAM〜いけないボサノヴァ Blame it on the Bossa Nova〜 supported by Salesforce」
配信日時:2月14日(日)19:00〜
司会:村上春樹、坂本美雨
ゲスト:大西順子(音楽監督)、小野リサ、村治佳織 ほか
スペシャルゲスト:山下洋輔
主催:TOKYO FM
特別協力:Salesforce
制作協力:DNP大日本印刷
公式サイト:https://www.tfm.co.jp/murakamiradio/jam/

関連記事(外部サイト)

×