水樹奈々 ライブ当日に大寝坊「衣装を網タイツに変えた」理由とは?

水樹奈々 ライブ当日に大寝坊「衣装を網タイツに変えた」理由とは?

水樹奈々 ライブ当日に大寝坊「衣装を網タイツに変えた」理由とは?

声優・歌手として活躍する水樹奈々がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「Mの世界」。5月22日の放送では、新コーナー「初めての水樹奈々」がスタート。リスナーのメッセージを受けて、水樹が初めて語った珍エピソードとは?
(TOKYO FM「水樹奈々のMの世界」5月22日放送より)


声優・歌手として活躍する水樹奈々



【水樹奈々、ライブ当日に大寝坊で“しいたけ事件”勃発!】

水樹奈々を初めて知ったとき、聴いたときのエピソードをリスナーに投稿してもらう新コーナー「初めての水樹奈々」が早くも大反響。今回は、数多く寄せられたエピソードの中から、まずはこちらのメッセージをご紹介。

リスナー(男性)「私の初めての水樹奈々は 2010年の春になります。アニメ好きの友人が“水樹奈々の名古屋公演のチケットが取れた!! ”と、興奮気味に語っていたのですが、アニメや声優に疎かったので、声優さんなんだ〜と、さほど興味を持たなかったことを覚えています。

それからしばらくして、自宅で歌番組を観ていたときに“次は水樹奈々さんです〜”と、ライブ会場からの生中継が流れてきました。ん? どっかで聞いたことがある名前だなと。あっ、友人が行ってるライブじゃん!とテンションが上がったのを覚えています。そのまま見続けていると(水樹が歌う)『夜桜お七』の曲が始まりました。アニメ声優さんなのに演歌?と戸惑いましたが、ものすごく歌が上手いぃぃ!!!と感動しました。次は『POWER GATE』。当然、初めて聴く曲でしたが、会場の熱気、オレンジのサイリウムの海に度肝を抜かれました。

その後、CDで楽曲を聴き込むようになり、水樹奈々ライブデビューを果たすことに。これからもずっと応援していきます! 77歳ライブも参加しますよ!(笑)」

水樹「うわぁ、嬉しい! 36歳ということなので、ほぼ同世代の方からのメッセージ。お友達から知ったというパターンで、しかも、そのお友達にライブに連れて行ってもらった、とかではなくて……お友達が行っているライブを生中継のテレビで観たというパターン。これは運命的なタイミングですよね。嬉しい! ありがとうございます!

2010年の春、覚えてますよ、この名古屋公演。私ね、この日の朝、寝坊したの(笑)。実は喉がガビガビで、声帯疲労みたいのを起こしていて……。少しでも寝て回復させようと思って、ギリギリまで寝てたんですよ。今だから話せることなんですけど。ちょっとでもコンディションを戻さないと、と思って必死だったんですよね。そしたら寝過ごしちゃって……慌てて東京駅をバーッって走っていたら、階段で転んで、膝小僧にね、シイタケみたいなアザができたのー(笑)。ものすごい内出血で。ボコーって腫れて、これはメイクでも隠し切れないっていうことになり、急きょタイツを履きましたね、網タイツ。網網網……ってなるので、ファンデーションをちょっと塗っておけばごまかせるんじゃないかって……。スタイリストさんとメイクさんに『ごめんなさい〜』って言って、カバーしてもらったことをすごく覚えてます。

通常のライブを行った後の生放送ということで、けっこうコンディション的にもシビアで、ちゃんと声が出るかなって、いつも以上に緊張してたの。だから、みんなに支えてもらったライブで。いやー、もうあのときから、自分に無理させちゃダメだよっていう、天からの啓示が体に出てたのに、無理してたなーって思います。ちょうど30歳になった頃ですからね、体の変化が出始めたときですよ。

でも、心は乙女だったんです。だって、プリキュアだったから(笑)。変身してたんだもん、みんなのために。子どもたちの夢を守るために。私も頑張って戦ってた時代なんですよ。今も戦ってますけど……。そのときの私の全力歌唱をこういうふうに受け取っていただいてたなんて、本当に嬉しいなって思います。私の初めてを受け取ってくださり、本当にありがとうございます」


さて、5月29日(月)の「Mの世界」は緊急特別企画「水樹奈々の好きな部位トップ7」! あなたが好きな水樹奈々のパーツはどこですか? 首、指、二の腕、叉骨、腰、太もも、ふくらはぎ、膝、スネ、うなじ……。リスナー投票で決める、総選挙的な特別企画です。ぜひ、あなたも参加してください。


<番組概要>
番組名:「水樹奈々のMの世界」
放送日時:TOKYO FM月曜日深夜1:00〜1:30 / FM愛媛土曜日深夜2:00〜2:30
パーソナリティ:水樹奈々
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/7
番組公式Twitter:@m20081001

関連記事(外部サイト)