ヒット曲で知る悲しい真実とは!? ザ・ウィークエンドの「In the Night」は社会の闇に光を当てる社会派ソング!

ヒット曲で知る悲しい真実とは!? ザ・ウィークエンドの「In the Night」は社会の闇に光を当てる社会派ソング!

ヒット曲で知る悲しい真実とは!? ザ・ウィークエンドの「In the Night」は社会の闇に光を当てる社会派ソング!

ニューヨーク在住の医師・加藤友朗と荒井レイラがパーソナリティをつとめるTOKYO FM「ENGLISH JUKEBOX」。毎週、ニューヨーカーが大好きな洋楽ヒット曲を1曲取り上げ、その歌詞の意味を聞き取るためのレッスンをしながら、英語のヒアリング能力を高めていきます。
今回、加藤先生が選んだ曲は、カナダ出身のR&Bシンガーでソングライター、ザ・ウィークエンドの「In the Night」です。ザ・ウィークエンドは2012年にメジャーデビュー、去年夏に大ヒットした「Can’t Feel My Face」でスーパースターの仲間入りを果たしました。
(TOKYO FM の音楽ワイド番組「ENGLISH JUKEBOX」 9月20日放送)

『Beauty Behind the Madness』(ザ・ウィークエンド)



【9月20日の洋楽ヒット曲】
「In the Night」(ザ・ウィークエンド)

カナダ出身のR&Bシンガーでソングライターのザ・ウィークエンドのヒット曲「In the Night」は、現代社会の「暗闇」を描いている曲です。歌詞を知ることで、その社会の深刻な問題とそれに対しての彼のメッセージを学ぶことができます。

曲のタイトルの「In the Night」は、「夜に何が起こるか?」ということで、これは子ども時代に性的な虐待を受けた女性を歌った曲となります。

「All alone she was living
In a world without an end or beginning」

「彼女はずっと生きてきた
終わりも始まりもない世界の中をずっと生きてきた」

「Baby girl was living life for the feeling
But I don't mind, I don't mind」

「彼女は感覚だけで人生を生きてきた
でも僕はそんなことは気にしない」

悲惨な状況で孤独に生きる女性の姿が歌われ、その後……

「And all the wrongs she committed」⇒「彼女が犯したすべての悪い事」

「commit」とは「犯す」という意味。
「commit crime」とは「犯罪を犯す」という意味。
「commit suicide」は「自殺を犯す(自殺する)」という意味になります。

つまり、子ども時代に性的虐待を受けた彼女は、自らも犯罪を犯してしまっている。
ひとつの罪が他の罪に繋がっていく悲惨な真実が歌われています。

「She was numb and she was so co-dependent」

「彼女はその事について麻痺していて(何も感じない)
そして彼女は誰かに依存していた」

「She was young and all she had was the city」

「彼女は若く、彼女が持っている全ては街だけだった」

ここまでの歌詞で、彼女の置かれた厳しく悲しい過去と、大都会での孤独な今が描かれています。

性的虐待を受け、その影響で色々と犯罪を犯している。
しかも、心が麻痺して犯罪を犯している事に何も感じない。
また、一緒に犯罪を犯している人との間で特別なつながりを持っているという、ひとりの女性の姿が生々しく描かれてゆきます。

社会問題を歌った、ザ・ウィークエンドの「In the Night 」。性的虐待を受けることが、不幸や犯罪につながるという精神的な問題、また、虐待が人生に様々な影響を与えていくという悲惨な真実を伝えています。
ザ・ウィークエンドは今年のグラミー賞でも7部門ノミネートされて2部門を受賞しましたが、この曲はグラミー賞の授賞式でも歌われました。実は、彼がこの曲を書いたのは、売れっ子プロデューサーのマックス・マーティンのスタジオですが、マックス・マーティンはかつてのマリリン・モンローの家をスタジオとして使っています。マリリン・モンローも幼い頃に性的虐待を受けたという話もあり、彼はそこからもインスピレーションを受けたと、この曲について語っています。

メロディーやリズムだけを聴いても名曲ですが、意味を理解して聴くと、そこに秘められた冷たい闇や事実に凍り付くような感覚にさせられます。それがまさに歌の力です。歌詞を知って、曲のメッセージをしっかりと感じてください。


さて、次回9月27日の放送で取り上げるのは、アデルの「Someone Like You」です。
アデルはイギリスのシンガーソングライター。以前に、去年リリースされた大ヒットシングル「Hello」をお送りしましたが、今回取り上げるのは、2011年リリースのアデルのセカンドアルバム『21』からの大ヒット曲です。お聞き逃しなく!


【あわせて読みたい】
★ついに発表! 真夏のダンス特集リスナー人気投票第1位! LMFAOの「Party Rock Anthem」はいつでもどこでもダンスフロアな1曲!!
★新感覚! アヴィーチーの「Wake Me Up」は踊りながら人生を学べるダンスミュージック!
★今すぐデートで使える歌詞が満載! 夏休みスペシャル! すぐに役立つホットな英語表現を大特集!

<番組概要>
番組名:「ENGLISH JUKEBOX」
放送日時:毎週火曜21:15〜21:40
パーソナリティ:加藤友朗、荒井レイラ
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/jukebox/

関連記事(外部サイト)