高須光聖×ヒャダイン「地下アイドルのフェスってどう?」

高須光聖×ヒャダイン「地下アイドルのフェスってどう?」

高須光聖×ヒャダイン「地下アイドルのフェスってどう?」

放送作家の高須光聖が、世の中をもっと面白くするためにゲストと空想し勝手に企画を提案していくTOKYO FMの番組「空想メディア」。3月12日の放送では、音楽クリエイターのヒャダインさんをお迎えしました。ご自身の活動から地下アイドルのイベントまで、空想は盛り上がりを見せました!



高須:ヒャダインさんには、もっとふざけた事をやってほしいなぁと。“ヒャダイン”というキャラクターは、何をやってもOKな位置にいてると思うんよね。そうあったほうが、魅力的な気がするんですよ。

ヒャダイン:やった! 最近はNGを無くしていて、ポケモンの番組も始めたんです。ボーダー無くやろうと思ってますね。

高須:僕、2012年の情熱大陸を見た時に、“すごい音楽プロデューサーやな”と思うと同時に、“何も出ないほうがいいのに”と思ったんです。最初はね。でもここ1年半くらい、テレビでお見かけするのを考えてみると、“この人、何をやってもいい感じになってきたな”と思って。

ヒャダイン:よっしゃ! 僕、それを目指してたんです。“裏方が表に出たらあかん”とか、“こうあるべき”とか誰が決めてんというのもあるし、前例がどうこうよりも“俺は俺”やし。バラエティー番組に出る一方で曲も書く。テレビ局批判みたいなこともするし(笑)。何でもアリかなって思ってます。

高須:そうそう。だから面白いことをやってほしいし、“ヒャダインとやりたい!”という空気をまとっててほしいしね。落差があることをやったほうが楽しいじゃないですか。例えば「ヒャダインが、突然夏期講習を開いてるけど、なんなん?」とかね。いいかどうかは知らんけどね。『この3日間は、僕、本気で教えてるんですよ』ってなったら「変なことしはんねんな〜」って(笑)。

ヒャダイン:たしかに……! 今日、扉が開いたかもしれないです。やりたいことを、もっとやったほうがええかもしれないですね。

高須:だって、不思議な人であるべきやもん。

ヒャダイン:夏期講習やりたい!

高須:(笑)。京大までいけるスキルを持ってるんやし、一緒にやりたい人も多いでしょうね。ヒャダインさんは一緒にやると面白がってくれそうやし。

ヒャダイン:いろいろ声をかけてもらいます。いい化学反応を起こすことが多いですね。



高須:この間の会議で、話題にあがったことがあって。日本には小さなスナックがいっぱいあって、いろんなママがいるじゃないですか。その人たちを東京に呼んで『スナックエキスポ』みたいなことができへんかなって。

ヒャダイン:(笑)。うわ〜おもろ!

高須:ママたちの常連も、狼煙持って一緒に来そうじゃないですか。声のハスキーなママたちを集めて合唱団を作ったりね。

ヒャダイン:「ボヘミアン」を歌うとか(笑)。いいですね〜。

高須:ほかにも、地下アイドルで戦力外通告を受けたような人たちを集めた『底フェス』みたいなものはどうかと。この人たちは、その日でアイドルを辞めるので最後に花を咲かせてあげるんです。

ヒャダイン:なるほど。でも、地下アイドルの人たちというのは、“そこまではかわいくないけど、チヤホヤされたい”というチヤホヤ願望を持っているんです。女の子なら誰しもそうだと思いますけどね。なので『底フェス』で“やめないで!”とか言われると、ドーパミンが出てしまって“私、まだいけるかもしれない”って、名前を変えて再デビューすると思うんですよ。

高須:(笑)。なるほどね。

ヒャダイン:だから『底フェス』は、“二度とアイドルをやりません”という誓約書を書いてもらうぐらいのことをしたほうがいいですよ(笑)。

高須:そうか。それやったら『スナックエキスポ』のほうがおもろいかもな(笑)。

【番組情報】
タイトル:空想メディア
放送日時:毎週日曜 25:00〜25:29
MC:高須光聖、中村亜裕美
番組Facebook:https://www.facebook.com/QUUSOOMEDIA/

関連記事(外部サイト)