年末太り防止! 食べたものを脂肪に変えない秘訣とは?

年末太り防止! 食べたものを脂肪に変えない秘訣とは?

年末太り防止! 食べたものを脂肪に変えない秘訣とは?

SAKIとバロン山崎がパーソナリティを務めるTOKYO FMの番組「日曜アートサロン和錆」。12月24日(日)の放送では、前回に引き続きパーソナル・トレーナーの池澤智さんが登場しました。

パーソナル・トレーナーの池澤智さん(右)、パーソナリティのSAKI(左)とバロン山崎



池澤さんはミス・ユニバース・ジャパンのオフィシャルトレーナーもつとめる“最短で最大の結果を出す”トレーナーのカリスマ。そんな彼女が、この日は美しいボディづくりに役立つ最新のメソッドを紹介してくれました。忘年会や新年会、パーティーシーズンはどうしてもカラダが緩んでしまうという方は、ぜひ究極のボディメイク法を学んでみてはいかがでしょうか?

前回の放送では呼吸法や骨盤コントロールを中心としたボディメイクについて紹介してもらいましたが、池澤さんによると「実はカラダを作るためには“運動”よりも“食”が大切」なのだとか。

「運動に関しては、よくカラダを動かすという人でも週3〜4回くらい。それに対して食事は1日3回。1週間で換算すると21回です。回数の観点から見ても、運動よりも食事のほうが影響力が強い」と池澤さんは述べます。

食事によるボディメイクにおいて大切なのは以下の2つ。
1、ササミ肉や赤身のお肉、魚介類や卵の白身部分など、高タンパク質・低脂肪・低糖質なものを摂取すること。
2、血糖値の上昇や下降の波を緩やかにすること。

池澤さんによると「お腹がいっぱい」と感じるまで食べると、たとえ食べたものが1つ目の条件を満たしている高タンパク質・低脂肪・低糖質の食べ物だったとしても脂肪になってしまうのだとか。逆に空腹状態は脂肪ではなく筋肉の燃焼につながってしまうのだそうです。

「血糖値の上下が緩やかになるように、起きている時間を3時間くらいで割って1日6回食事をとる。急激に満腹にしたり、空腹状態にしたりしないようにすると、1日に摂取する総カロリー量は変わらなくてもカラダは変わる」と池澤さんは言います。

なかでも池澤さんオススメの食材は、摂取したタンパク質をよりカラダの中で役立てる作用のある“スーパーフード”。スーパーフードといえば、カラダに必要な栄養素を12種類以上含む栄養バランスに優れた食材のこと。日本人に身近な食材のなかだと、味噌や抹茶などがそれにあたるそうです。
「数多くのスーパーフードのなかでも、一番素晴らしいと思うのは栄養素を109種類含んでいるモリンガ」と池澤さん。あまり聞きなれない食材ですが、ワサビノキ科の植物なのだとか。「例えば海苔とか佃煮に混ぜて食べるとコクが出て美味しい。(スーパーフードをとるときは)同じ種類の食べ物と混ぜると、食材同士がケンカをすることなく食べられる」と説明してくれました。

前回は1人で手軽にできるボディメイク法なども紹介しましたが、本気でボディメイクに取り組むにはパーソナル・トレーナーと二人三脚で取り組むことも必要です。池澤さんのもとに集まる人のなかには「痩せたいけど、すごく頑張るのは嫌」「食事制限は無理」という方も多いのだとか。
「(パーソナル・トレーナーには)やりたいことややりたくないことはハッキリ言っていい。でも、(私のもとに)来たからには手に入れたいものがあるはず。その部分を話し合いながら落としどころを見つけていく」のが池澤さん流のモットーなのだそうです。

ボディメイクに関して、ためになる話をたくさん聞いたバロンは「もうちょっと自分の体について考えよう……格好良くなろう……」とつぶやいていました。

----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2017年1月1日(月) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------


<番組概要>
番組名:日曜アートサロン 和錆
放送日時:毎週日曜6:00〜6:30
パーソナリティ:SAKI、バロン山崎
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/wasabi/

◆◇120名様に「オリジナルグッズ」が当たる! 感謝キャンペーン実施中◇◆

関連記事(外部サイト)