街角でズバリ質問!「貯金、いくらありますか?」意外にみなさん答えてくれました

街角でズバリ質問!「貯金、いくらありますか?」意外にみなさん答えてくれました

街角でズバリ質問!「貯金、いくらありますか?」意外にみなさん答えてくれました

東京の声とシンクロするTOKYO FMの番組「シンクロのシティ」。ボイス収集隊が東京の街に繰り出し、様々な人々に声をかけ、1つのテーマについてその人の意見や思いを聞き出します。その声を聴き、リスナーと共に考えるのはパーソナリティの堀内貴之。6月28日のテーマは「貯金、いくらありますか?」でした。

超高齢化社会に突入していくこれからの日本。そうなると心配になってくるのがやはり「年金問題」です。ほとんど貰えなくなるのでは、という不安もある中、「自分の老後のお金は自分で貯めておかなければ」という意識も高くなっているのではないでしょうか。ですが東京で暮らしていくには何かと出費もかさむのが現実問題。今回は街の人々に「貯金、いくらありますか?」というド直球な質問を投げかけてみました。果たして答えてくれるのでしょうか。
(TOKYO FM「シンクロのシティ」2017年6月28日放送より)



「貯金、いくらありますか?」

まずは30代の方々。

◆蒲田で出会った33歳の男性
だいたい、300万くらいですね。どうなんでしょう。普通くらいですかね、僕の年代だと。昔はそうでもなかったんですけど、子どもができたので、教育資金のために生活費の余りを貯金している感じです。あとは投資信託的なものに毎月4、5万まわしてて、それは教育資金にあてようかなって感じです。

◆蒲田で出会った31歳の男性
だいたい、世の男性平均くらいじゃないですか? 片手分くらいですか? 0が5つくらい。

(50万?)
くらい。計画性はあまりなくて、貯まればラッキーみたいな。

(あんまり貯金に興味はない?)
そうなっちゃいますね。

◆表参道で出会った33歳の女性
200万くらい。あまり他の人のこと聞いたことないですけど、普通くらいじゃないですかね? この歳だったら。そんなにキチキチとはしてないですけど、何かあった時に苦労しないようにしたいなって感じですかね。そこまで力んではやってないです。月にいくつかに分けて、2、3万とかはなるべくするようにしてます。それで普段の生活が貧乏になるのは嫌なので、無理がない程度にって感じですかね。

(貯金は必要?)
それは思いますね。人生何があるかわからないから。働けなくなったとき、病気になったときとか、歳をとったときのことを考えてます。

◆表参道で出会った31歳の男性
引越しをしたてで、家具や家電を新調した上で、200万から300万くらいです。

(多い? 少ない?)
少し少ないかなとは思うんですけど、これからどんどん貯めていく予定なので、今はまだいいかな。

(何歳までにいくらとかありますか?)
年間200万いかないくらい貯金できれば。200万くらい共働きなので2人で貯めてれば、なんとかなるでしょって。

(貯金は必要?)
必要ですね。間違いないです。

次に、40代。

◆勝どきで出会った46歳の男性
6000万ぐらいですかね。会社を経営しているのですが、将来自分でやっていると何があるかわからないので、子どもの将来のためとか、そういったところが強いです。車がすごく好きなんですけど、今は一切やめてます(笑)。

(貯金のコツはありますか?)
忙しくなってくると使う暇がないというのはあります。中途半端に時間があると飲みにいっちゃう。

(その貯金で何がしたいとかは?)
どっかに家を買ってもいいのかなって。

◆勝どきで出会った44歳の男性
600万くらいです。

(お友達と貯金の話はしますか?)
頻繁にはしないけど、たまにします。

(貯金で意識しているところはありますか?)
買い物する時に本当にそれが自分に大切かを立ち止まって考えるようにしてます。あるにこしたことはないじゃないですか。将来の不安も漠然とありますし。ないよりあったほうがいいのかなという感じで。

◆旗の台で出会った40歳の女性
300万くらいです。

(何のために貯めてますか?)
お店をやっているものですから、もし何かあった時のために。従業員のお給料とか、当面の生活費とかですね。 安心というか。家族や親に何かあった時に、安心ができたなというのはありますね。

(貯金のコツは?)
この額は絶対使わないようにするという口座があって、遠い銀行にしてるんですよ。行くのが面倒くさいので。溜める専用の口座があります。

◆浅草で出会った45歳の男性
無いっすね、若い頃からお酒ばっか飲んでるんで。結婚している頃はそれなりにあったと思うんですけど、今はロンリーです!(笑) まぁ、独りなんで、なるようになるかな! 太く短くで。

(月々のお給料は何に消えているんですか?)
お酒ですね、ほぼほぼ。給料越えじゃないっすか! 毎日飲み行くからね。下心アリアリで女性のいるお店に行ってました(笑)。自由気ままにやってますんで(笑)。

◆日比谷で出会った49歳の男性
今は200万くらいです。毎年使っちゃうんですけど、趣味のために。車が好きで、アマチュアで車のレースをやってまして、それのために。今回、寝かしていた車を起こすというか、新しく全部やりかえるために、がんばって貯めました(笑)。人の2、3倍遊ぶので、人の2、3倍仕事しようというところです。

(それくらいレースは大切?)
これがなければ仕事もしないんじゃないですかね。楽しけりゃいいかなと思ってます。息子がいるんですけども、息子に残す気もまったくないです。家だけは買ったので、あとは好きにしろと。自分は自分で生きろということは常に言ってます。小さい頃からそう言い続けています(笑)。



そして最後は50代。

◆六本木で出会った58歳の男性
円換算で5億円くらいかな。

(お、お、億ですか!?)
はい。円と外貨でしょうか。もうリタイアして今はとくに職業ありません。以前は投資をしてました。株式ですとか色々やっておりました。

(貯金はおいくつから始められたんですか?)
30代から。1000万とか2000万とか。当時は金融関係でした。会社で働いてその収入を貯蓄していました。負けない投資の積み重ねかもしれないですね! まぁ、野球に例えるならホームランを狙うと失敗することが多くて、三振しないでシングルヒットを積み重ねるように頑張ると!

◆鬼子母神前で出会った56歳の男性
たぶん1000万以上はあると思います。若い時からずっとコツコツと。もう50半ばを超えてますので、やっぱり老後リタイアしてからやっていくにはいろいろ必要かなと! 今よりも、特に若い頃のほうが自分のお金がどんどん貯まっていくので、通帳見ながら確認する楽しみがありました。

◆祐天寺で出会った52歳の男性
200万くらいあると思います。結婚してから始めたので20年くらいですね、途中使っちゃったりして上下しているんですけど。月5万円引き落としされるように設定しています。だいたい100万は切らないようにって頭にあります。

(100万切ると厳しいですか?)
ちょっと不安になります。

(この先の目標ありますか?)
そうですね、仕事終わってからのことを考えると 500万くらい貯まればいいかな。年金が怪しいので補填できればな〜って感じですね!

【生き方、考え方が出る「お金の話」】
匿名性のあるラジオというメディアの強みか、ほとんどの方がすんなりと具体的な貯金額を教えてくれました。当たり前のことですが、貯金額は人それぞれ、バラバラ! 平均貯蓄額というものをよく聞きますが、皆がそのくらい貯めているというわけではなく、貯めている人と貯めていない人、それを足して割っているだけの数字なのだと改めて感じました。

堀内貴之は「心配だから、不安だからというのもわかるんですけど、ずっと貯めていて使わないでいるのは一体何のために働いているのかって気持ちにもなりますよね。何かあった時に苦労しないために、もし未来に何かあった時のために……あんまり未来に備えてばっかりいて今はそんなに楽しくないっていうのはちょっと怖い気もする」とコメント。

正解はないものの、生き方について色々と考えさせられるオンエアとなりました。

<番組概要>
番組名:「シンクロのシティ」
放送日時 :毎週月〜木曜15:00〜16:50
パーソナリティ:堀内貴之、MIO
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/city/

----------------------------------------------------
この記事の放送回を『radikoタイムフリー』で聴くことができます(1週間限定)。
(スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)

■番組聴取は【コチラから】(無料)
聴取期限 2017年7月6日 AM 4:59 まで

※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

関連記事(外部サイト)