「後悔なんて、晴らすチャンスしかない」学校を辞めてしまった君へ

「後悔なんて、晴らすチャンスしかない」学校を辞めてしまった君へ

「後悔なんて、晴らすチャンスしかない」学校を辞めてしまった君へ

新生活が始まって2ヵ月が経ちました。
楽しい毎日を過ごしている人がいる反面、環境に馴染めず学校を辞めてしまった人もいます。
6月8日放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」では、パーソナリティのとーやま校長とあしざわ教頭が、“高校を中退した”というメッセージを寄せたリスナー(16歳・女性)に直接電話で話を聞いていきました。



このリスナーは、中学に入るとクラスメイトから悪口を言われたり、物を投げらたりするようになりました。学校の相談室に通う日々が続きましたが頑張って卒業し、昨年高校に進学。新しい環境では、周りの子に話しかけるなど努力したものの馴染めず、5月から不登校に。今年3月のタイミングで辞めてしまいました。高校を辞めてからはコンビニでのアルバイトに挑戦しましたが続かず、今は家でテレビを見るなどして過ごしているといいます。
◇◇◇

とーやま校長「高校を辞めたことに対して、今はどう思ってる?」

リスナー「もうちょっと(学校に)行っていれば良かったなぁって思います」

とーやま校長「どうしてそう思うの?」

リスナー「もうちょっと行っていたら、友達とかも出来たかもしれないなって思って」

とーやま校長「ちょっと後悔の気持ちがあるんだね」

リスナー「中1の時、小学校から仲が良かった子と一緒に剣道部に入ったんですけど、その子にも悪口とか言われて……。その子は謝ってくれて味方になってくれたんですけど、私が部活を辞めちゃったので、そのまま関係が終わっちゃったんです。それも後悔してます」

とーやま校長「3、4年前のことを未だに後悔しちゃうんだ。これは、自分との決着をどこかでつけないといけないね。そこで頑張ることが出来たら、コンビニのバイトも続けられてたかもしれないって思ったりする?」

リスナー「はい」

あしざわ教頭「人と話していても、また裏切られるかも……って思って怖さが勝っちゃうってことかな」

リスナー「はい。過呼吸になったりしてしまうこともあって」

あしざわ教頭「そうか。ちょっと人が怖いんだね」

とーやま校長「これからやりたいことってある?」

リスナー「保健室の先生になりたいので、定時制か通信制の高校に行きたいって考えています」

とーやま校長「それはどうして?」

リスナー「中学で相談室に行っていた時に、そこの先生がとても優しくしてくれたので、自分も保健室の先生になってそういう生徒の相談に乗ってあげたいと思います」

とーやま校長「先生が気持ちを受け止めてくれてたんだね。お前は止まっているわけじゃないよ。中学や高校の時の後悔を持ちつつ、今も“どうしたらいいんだ”って悩んでいることは、何もしていない状態ではないと思う。時間なんてまだまだいくらでもあるし、焦る必要なんてないってことを言いたいな」

あしざわ教頭「時間をかけてゆっくり立ち直っていこうよ」

リスナー「はい」

とーやま校長「あとは、残っている後悔をどうやって落とし前つけるかだよな」



――ここで、メッセージをくれた先輩リスナー(20歳・女性)からも話を聞いてみました。

先輩リスナー「私も、高校を2年生の3月で中退しました。そこからは高卒認定を受けて、自分と同じ代の子と一緒に大学に進学しました」

とーやま校長「大学生活はどう?」

先輩リスナー「楽しいです!」

とーやま校長「いいね! 将来は何を目指しているの?」

先輩リスナー「将来は教師になろうと思っています。私が不登校だった時に支えてくれた先生がすごくいい先生で、自分もそんな風になりたいと思ったんです。不登校だったという経験があるからこそ出来ることもあるし、気持ちも分かるんじゃないかと思って。それが絶対にプラスになると思って頑張って勉強してます」

あしざわ教頭「学校で人が怖くなった時は、どうやって乗り越えてた?」

先輩リスナー「う〜ん……。そこが乗り越えられなくて高校を辞めたんですけど、教師になるには大学を卒業しなきゃいけないですよね。学校という組織そのものが怖かったけど“絶対に教師になりたい!”と思って克服しました」

あしざわ教頭「やりたいことやなりたいものがあると、その一歩がいつもよりは踏み出せるようになるのかな」

先輩リスナー「そうですね! 私も友達とすれ違ったことがきっかけで学校に行けなくなったんです。でも、後々引きずるのがイヤだと思って、学校を辞める時に友達と話をしました」

とーやま校長「それは、直接会ったの?」

先輩リスナー「電話しました」

とーやま校長「やっぱり、自分の中にある後悔にしっかりケリをつけることが、夢に大きく関わってくるんだな。その友達に気持ちが言えてスッキリしたでしょ?」

先輩リスナー「そうですね。“やっと言えた”って思ったし、その子の気持ちも知れたので、今でもその子とは仲がいいです。だから気になっているのなら、思いは伝えたほうがいいと思います」

とーやま校長「最後に、先輩から後輩に向けて、伝えられることがあったら伝えてほしいなって思うんだけど」

先輩リスナー「はい。保健室の先生という夢はとても素敵だと思うので、大事にしてほしいです。同じような経験をしてきて私のほうが少し夢の近くにいるかもしれないけど、私でもあと一歩のところまで来られたので、絶対にいけると思います。一緒に頑張れたらいいなと思います。応援してます!」

リスナー「ありがとうございます。頑張ります!」

とーやま校長「そうだね。自分のペースでいいから、ちょっとずつやっていこうよ。後悔なんて、晴らすチャンスしかないから。そうだよね?」

先輩リスナー「そうですよ! 後悔を晴らした瞬間は、すごく気持ちいいですからね」

あしざわ教頭「いくらでも取り返せるぞ!」

とーやま校長「先輩に続こう!」

先輩リスナー「待ってますよ!」

リスナー「はい!」

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:
月〜木曜 22:00〜23:55
金曜 22:00〜22:55
番組Webサイト ⇒ http://www.tfm.co.jp/lock/

<今後の予定>
6/12(月)〜6/16(金)
スペシャル授業!
6/12(月) DISH//がゲスト出演
6/12(月) indigo la End 新曲「鐘泣く命」初オンエア
6/13(火) 天月-あまつき-、96猫がゲスト出演
6/13(火) KANA-BOON 新曲「バトンロード」初オンエア
6/14(水) MAN WITH A MISSIONがゲスト出演
6/15(木) BOYS AND MENがゲスト出演
6/16(金) 乃木坂46 井上小百合がゲスト出演

「未確認フェスティバル2017」ネットステージ投票受付中!

----------------------------------------------------
この記事の放送回を『radikoタイムフリー』で聴くことができます(1週間限定)。
(スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)

■番組聴取は【コチラから】(無料)
聴取期限 2017年6月16日 AM 4:59 まで

※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

関連記事(外部サイト)