ホリエモンが提唱する「バカが最強」説とは

ホリエモンが提唱する「バカが最強」説とは

ホリエモンが提唱する「バカが最強」説とは

SHOWROOM代表の前田裕二がパーソナリティをつとめ、ゲストの“夢の原点”や“人生のターニングポイント”などに迫るTOKYO FMの番組「SHOWROOM主義」。11月18日(土)の放送は、前回にひきつづき堀江貴文さんが登場。堀江さんの行動力の秘密や夢を持つ人に向けてのアドバイスを伺いました!

堀江貴文さん(右)と、パーソナリティの前田裕二とアシスタントの永藤まなさん



◆実行力に必要なのは「過去の成功体験にとらわれないこと」

前田:堀江さんが出版した「多動力」という本が爆発的に売れましたよね。「堀江さんみたいに行動力や実行力を持ちたい」と思っている人はすごく多いと思うんですけど、“実行力”を持つために必要なカギってなんですか?

堀江:過去の成功体験にとらわれないように、良かったことを忘れることも大切。僕は新しい事業やムーブメントを作るときは自分で意図的に、というか自動的に過去の成功は忘れるようにしてる。ただ、タレントみたいにフロントマン的な仕事を求められるときは別ですけどね。視聴者は(過去の成功体験を持っている)フロントマン堀江貴文を求めているから。正直、僕自身はそういう仕事が嫌いなんですけどね(笑)。例えば、対談とかなら相手から面白い話を聞けるから僕にとってもためになる。でも講演だと、僕が得られるものが1つもないから。

永藤(アシスタントMC):タレント側の目線としては、「視聴者が自分に何を求めているのか」っていうのを考えるのは大事ですよね。

堀江:まなまる(永藤)さんはタレント志向だから(フロントマン的発想で)いい。けど、僕は違うから。

永藤:たしかに、自分の“絶対にやりたいこと”を大事にしたいですよね。

堀江:そうそう。だから僕、やりたくないことは全部アウトソーシングしている。出版も“聞き書き”したり、“コピペ本”と割り切って、これまでの僕の発言とかメルマガとかの言葉をコピペしてきてもらって、最後に僕が構成したりっていうスタイル。

◆「とにかく行動する」こと

堀江:今って、何が当たるかわからない“素人革命の時代”だと思います。SHOWROOMみたいな誰でもデビューできるプラットホームがあって、安い費用でチャレンジができる。例えば、センスのある名もなき人がいい曲を作って、突如フランスでヒットチャート1位みたいなことが普通に起こる時代です。

前田:確かに。

堀江:僕がITで培った方法論が音楽の世界で応用できるかもしれないし。だからこれから一番大事なのは、“いかに情報を知っているか”ということだと思う。

前田:「SHOWROOM主義」は“夢”をテーマにお届けしている番組なので、改めて堀江さんから目標に向かって頑張っている人へのアドバイスをお願いします。

堀江:行動するしかないです。動けば、何かに当たる……かも。

前田:僕、堀江さんがよく言っている「バカが最強だ」っていう話がすごく好きなんです。

堀江:バカな人は何も考えないから強いんですよね。最近の例で言うと、これまで職を30〜40回くらい転々としている、43歳くらいのアイスマン福留さん。彼はコンビニアイス評論家なんですけど。

前田:ニッチだな〜(笑)。

堀江:しかもね、コンビニのアイスを買ってきて「このアイスにはこういう成分が入っているから美味しい」とか(理論的な)説明があるのかと思いきや、「これ本当にうまいんですよ!」みたいなことしか言わないわけ(笑)。ただただアイス食っているだけの人だったんですけど、今や大スターですよ。テレビでのコンビニアイス特集にはほとんど出ているし、夏はスゴく忙しい。

前田:彼はもともとアイスが好きだったんですか?

堀江:いや、全然好きじゃなかったと思う。たまたま「これからはアイスマンでいこう」って感じじゃないかな。

前田:「好きなことをやるべきですね」っていう着地点だと思ったら、そうじゃないのか(笑)。

堀江:彼はアイスマンの前にも「勝手に〇〇証明書」っていう、何の権威のもとでもなく勝手に資格書みたいなものを作って渡すという活動をしていたんだけど、鳴かず飛ばずで(笑)。たまたまいろんなことをてがけていたらうまくいっちゃった、って感じ。コンビニのおでん評論家とかかき氷評論家がいてもいいし、いろんなものがあると思う。だから僕がオススメするのは、まずはアイスマンのやり方をパクる。たぶん1つくらい席は空いていると思いますよ(笑)。

前田:考えて、まずやってみる。当たらなくても、繰り返しやり続けることが大事ってことですね。具体的なアドバイスありがとうございました。

<番組概要>
番組名:SHOWROOM主義
放送日時:毎週土曜 25:30〜26:00
パーソナリティ:前田裕二(SHOWROOM代表)
番組ホームページ:http://www.tfm.co.jp/show/

◆◇120名様に「オリジナルグッズ」が当たる! 感謝キャンペーン実施中◇◆


関連記事(外部サイト)