私立恵比寿中学 廣田あいか 最後の武道館で「アイドルとしてやり残したことはない」

私立恵比寿中学 廣田あいか 最後の武道館で「アイドルとしてやり残したことはない」

私立恵比寿中学 廣田あいか 最後の武道館で「アイドルとしてやり残したことはない」

エビ中のぁぃぁぃこと私立恵比寿中学の廣田あいかさんが、12月27日(水)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! ミセスLOCKS!」にゲスト出演。Mrs. GREEN APPLEの大森元貴と対談を行いました。
廣田さんはもともとMrs. GREEN APPLEのファンで、ライブに行ったこともあるとのこと。また11月にリリースされた私立恵比寿中学のニューシングル「シンガロン・シンガソン」の作詞作曲を大森が手掛けたこともありこの対談が実現。2018年1月3日に行われる日本武道館公演をもってエビ中を転校(脱退)する廣田さんに現在の心境を聞きました。



大森:1月3日の日本武道館、「私立恵比寿中学迎春大学芸会 〜forever aiai」をもって、およそ7年半在籍したエビ中から転校することを発表したんですよね。

廣田:そうなんです。1週間後なんですよ。

大森:どうですか今の気持ちは?

廣田:でもなんか本当に楽しみです。この日のために作っていることとか計画していることがあるので、この公演をやったらアイドルとしてやり残したことはないなってなるんじゃないかと。

大森:でもファンとしては複雑だよね〜。

廣田:そうですよね。「楽しみたいけど……」っていうコメントはすごいもらうんですけど、私は笑わせる気で考えているので!

大森:楽しめたらいいよね。そして今年は、ぁぃぁぃちゃんにとってどんな1年でしたか?

廣田:今年は本当に色んなことがありまして、すごく心が動いたというか。今までアイドルっていう職業を全力で突っ走っていて、どこがゴールとかも決めずにがむしゃらに突っ走っていたんです。そこからまた感情が生まれて、「こんなことやってみたかったな」っていう外の景色をすごく感じるようになって、色んな決断もできたし、より人生楽しもうってなりました。



大森:エビ中としてはどうでしたか?

廣田:本当に色んなこと……本当はあっちゃいけないこともあったし、周りからの見られ方も変わったし、名前を知ってもらう機会も多かったかなと思います。でもその分、私たちは「楽しくやってるよ」ってことを、エビ中は本当に楽しい場所だから、よりそれを伝えられるように頑張った一年だったかなと思います。

大森:転校も発表しましたし、個人的にも大きな一年だったと思いますよ。それにしても1週間後って、ハンパない時に呼んじゃってるじゃん(笑)。

廣田:でもギリギリで呼んでいただいて、危なかったんですよ。1週間後に呼ばれていたら、私もういないから! セーフ! 滑り込みです(笑)。

大森:ちゃんとお話ししたいと思ってましたから良かったです。

----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2018年1月4日AM 4:59 まで

スマートフォンでは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員に登録の上ご利用ください。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:
月〜木曜 22:00〜23:55
金曜 22:00〜22:55
番組Webサイト ⇒ http://www.tfm.co.jp/lock/

◆◇120名様に「オリジナルグッズ」が当たる! 感謝キャンペーン実施中◇◆

関連記事(外部サイト)