“決裁文書”書き換え問題、早急に「証人喚問が必要」な“4人”

“決裁文書”書き換え問題、早急に「証人喚問が必要」な“4人”

“決裁文書”書き換え問題、早急に「証人喚問が必要」な“4人”

中西哲生と高橋万里恵がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「クロノス」。3月13日(火)放送の「WAKE UP NEWS」のコーナーでは、元官僚の古賀茂明さんに「森友学園をめぐる決裁文書問題」について伺いました。



国会を揺るがせている、森友学園に関する決裁文書の書き換え問題。「書き換え」と報じられていますが、古賀さんは「(書き換えられている文書の量は)訂正レベルではなく、明らかに意図を持っておこなわれていた。改ざんといっても過言ではない」と今回の事件について指摘します。

今後野党は、「決裁文書を誰が、何のために書き換えたのか」を徹底的に追求していく必要がありますが、野党はこれまでにも森友学園をめぐるさまざまな疑惑に関して決定的な証拠や証言を得られていません。こういった状況に、古賀さんは「決裁文書の内容から責任追及をするようなやり方では、政府に逃げられるだろう」と述べます。そして「そもそも“何故決裁文書の書き換えという不規律を犯す必要があったのか”を知っている人物を、早急に証人喚問するべき」と続けます。

そこで、古賀さんが挙げたのは安倍昭恵総理夫人、イタリア大使館書記官の谷査恵子氏、前国税庁長官の迫田英典氏、財務省理財局の田村嘉啓氏の4人。中でもキーパーソンとされているのが、当時明恵夫人の秘書をつとめていた谷氏です。古賀さんは「当時の谷さんの役職で(格上のポジションである)財務省の管理職と個人的な話をするなんてありえないこと。それを可能にしたのは昭恵さんの存在であるのは間違いない」と語り、「谷さんの身柄を確保し、早急に証人喚問をすることで政府をかなり追い詰めることができる」と述べていました。


----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2018年3月21日(水) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------


【番組概要】
番組名:クロノス
放送日時:毎週月〜金曜6:00〜8:55
パーソナリティ:中西哲生(月〜木)、速水健朗(金)、高橋万里恵
番組Webサイト:http://www.jfn.co.jp/ch/

関連記事(外部サイト)