車いすバスケのスーパースター「東京パラで金メダルが欲しい!」

車いすバスケのスーパースター「東京パラで金メダルが欲しい!」

車いすバスケのスーパースター「東京パラで金メダルが欲しい!」

藤木直人、伊藤友里がパーソナリティをつとめ、アスリートやスポーツに情熱を注ぐ人たちの挑戦、勝利にかける熱いビートに肉迫するTOKYO FMの番組「TOYOTA Athlete Beat」。12月9日(土)の放送では、車いすバスケットボール界のスーパースター、パトリック・アンダーソン選手が登場しました。

パトリック・アンダーソン選手(左)と、パーソナリティの伊藤友里



パトリック選手は1979年、カナダのエドモントン生まれ。9歳のときに飲酒運転の車にはねられ、両足の膝から下を失いました。その後、車いすバスケットボールと出会い、1997年にカナダ代表入り。シドニー、アテネ、ロンドンのパラリンピックで金メダルを獲得するなど、チームの中心選手としてカナダ黄金時代を築き上げました。ロンドン大会で現役を引退したものの、今年再び現役復帰を果たしました。

11月25日(土)に東京ミッドタウンで、パラスポーツの楽しみ方や理解を深めることを目指し「IMPOSSIBLE CHALLENGE FIELD」が開催されました。このイベントに参加していたパトリック選手を伊藤が直撃。現在の心境や東京パラリンピックへの思いを伺いました。

パーソナリティの伊藤友里



伊藤:今回のイベントはどのような気持ちで参加されましたか?

パトリック:カナダでは健常者が車いすバスケをやったりするんですけど、このイベントでは、そのチャンスがあるのは見どころだと思います。あと若手の選手たちがどれだけ強いのか、どんなプレーをするのか見てみたかった。車いすバスケって、言葉で説明しにくいので見てわかってもらうのが大事なんです。今回、日本人の若手選手たちも世界レベルのプレーができる選手ばかりで。僕自身、まだ世界レベルだといいんだけどね(笑)。そういう世界レベルの選手たちが戦うスゴさを感じてほしいし、それが東京の室内で行われるのはスゴいことだと思う。

伊藤:“生きる伝説”と称されるパトリック選手ですが、9歳のときに交通事故にあわれて車いすバスケで活躍されるまで、辛い時期をどのように乗り越えてきたのでしょうか?

パトリック:“ひとつの悪いことの後ろには1,000個の素晴らしいことが隠れている”という考え方があって。自分が乗り越えられたのは決してひとりの力ではない。家族やコミュニティ、協会の人だったり、たくさんの人に支えられてきたからなんです。また、カナダはヘルスケアのシステムがすごく良くて、そういうサポートもあったおかげです。今の自分があるのは、本当に恵まれた環境で多くの人の支えがあったからだと強く思います。

◆バスケと音楽の意外な共通点

伊藤:ミュージシャンとしても活動しているパトリック選手のお気に入りの1曲は?

パトリック:本当は控えめに他のアーティストを挙げたいんだけど……。自分にとって音楽というのは、妻のアナとふたりで分かち合う時間です。音楽を通して一緒にパフォーマンスをしたり、詩を書いたり、クリエイティブになってみたり、ふたりのなかでとても大切な絆なんです。音楽を通してふたりの気持ちが通じ合うとか、自分の気持ちを外に出すというのは、バスケのプレーを通して相手の気持ちがわかるのと似ています。やっぱり好きなのは、自分たちのグループ、The Lay Awakes。そして、最初に妻と一緒に作った曲が「Great Divide」。この曲は彼女と出会った頃を思い出すし、一番心に響く曲です。

パトリック選手の音楽グループ・The Lay Awakes



◆ハイレベルなメダル争いに

伊藤:最後に、2020年の東京パラリンピックへの思いは?

パトリック:もちろん金メダルが欲しい。でも2000年に初めて金メダルを獲ったときよりも、ゲームがすごく進化していて強い選手がどんどん出てきているので、そう簡単に金メダルが獲れるとは思えない。メダルだったら何色でもいいというぐらい、レベルが高いと感じています。(2020年には)41歳になって、そのときどういうプレーができるかわからないけど、それでもチームにとって戦力でありたいし、貢献できるプレーヤーでありたい。また、パラリンピックをみにくる人たちに、ベストな素晴らしいゲームもみせたい。カナダのチームはプレー的にも素晴らしいし、エンターテインメントの部分でも面白いプレーを、自信を持ってみせられると思う。もちろん勝てたらいいけど、色にこだわらず、とにかくメダルを獲りたいというのが素直な気持ちです。

----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2017年12月17日(日) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:TOYOTA Athlete Beat
放送日時:毎週土曜 10:00〜10:50
パーソナリティ:藤木直人、伊藤友里
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/beat/

関連記事(外部サイト)