【加計学園問題】“面従腹背”の前川氏は社会人失格?

【加計学園問題】“面従腹背”の前川氏は社会人失格?

【加計学園問題】“面従腹背”の前川氏は社会人失格?

中西哲生と高橋万里恵がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「クロノス」。6月14日(水)は、松野博一文部科学大臣が再調査することを明らかにした記録文書について、慶應義塾大学大学院教授の岸博幸さんに話を伺いました。



学校法人加計学園の獣医学部新設計画に関して、「官邸の最高レベルが言っている」と記録された文書はあるのかないのか? 当初、菅官房長官は「怪文書のようなもの」と斬り捨て、文科省の調査でも「文書の存在は確認できず」。ところが、文科省の前事務次官、前川喜平氏は記者会見でその実在を主張……。

そんななか、突如9日に松野大臣は再調査を求める世論を受けて文書の追加調査の方針を表明しました。

岸さんは「再調査されること自体は良かったと思います」と評価しつつ、「これまで官邸が再調査しなかったのは意図的なものを感じます」と対応の遅れを指摘。
「個人的に納得できないのが、なぜこんなにダラダラ時間がかかるのかということです。新聞に内部告発した人がいるので、1日あれば(調査は)終わるはずなんですよ。これをきっかけにちゃんと全部検証したほうがいいと思います。文書があったとすると、次は文書に書かれた『官邸の最高レベル』『総理の意向』といった表現が本当に正しいのか。そして総理の意向というのが岩盤規制を突破することなのか、加計学園に獣医学部をということなのかも明確にすればいい。それが明らかになれば結果はともかく、国民にも納得感が出るはずです」と話していました。

また、面従腹背を座右の銘とする前川さんについて、
「ふざけるなと思いました。一部のメディアや政治家は前川さんをヒーロー扱いしたがっていますが、面従腹背が座右の銘というのは官僚としてはもちろん、社会人として失格だと思います。面従腹背は上に何を言われても従わないということなので、野党も政治家として怒らないといけないと思いましたし、それを批判せずに褒め称えるメディアや政治家がいる日本はヤバいと思います」と批判を展開していました。


【番組概要】
番組名:「クロノス」
放送日時:毎週月〜金曜6:00〜8:55
パーソナリティ:中西哲生(月〜木)、速水健朗(金)、高橋万里恵
番組Webサイト:http://www.jfn.co.jp/ch/


----------------------------------------------------
この記事の放送回を『radikoタイムフリー』で聴くことができます(1週間限定)。
(スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)

■番組聴取は【コチラから】(無料)
聴取期限 2017年6月22日 AM 4:59 まで

※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

関連記事(外部サイト)