ひふみんが人々に愛される「3つの理由」とは?

ひふみんが人々に愛される「3つの理由」とは?

ひふみんが人々に愛される「3つの理由」とは?

中西哲生と高橋万里恵がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「クロノス」。12月4日(月)〜15日(金)の放送は「ありがとう大賞2017」と題して、“今年愛された人”をさまざまな角度から検証します。14日(木)にピックアップされたのは、今年大ブレイクした“ひふみん”こと加藤一二三さん。「BREAKFAST NEWS」のコーナーではそのノミネート理由について、日めくりカレンダー「よろこんでいきる まいにちひふみん」(パルコ出版)の編集者である坂口亮太さんに伺いました。



加藤さんがプロ棋士となったのは14歳7ヵ月。これは当時の最年少記録で、今年藤井聡太さんが14歳2ヵ月でプロ入りを果たすまで62年間破られなかった大記録です。そのほか現役中の戦績1,234勝は歴代3位、最高齢現役棋士記録など多くの記録を塗り替えており、将棋の世界ではまさにレジェンド。「神武天皇以来の天才」と称されていました。

そんな加藤さんが愛された理由として坂口さんが挙げたのは3つ。

1つ目は「愛らしさ」。
坂口さんは「ゆるキャラのようにマスコット的な愛らしさがあり、『かわいい』と感じてしまう」と言います。街でも女子高生からOLまで「かわいい」「癒される」と多くの声が挙がっていました。

2つ目は「人生で積み重ねてきた言葉」。
数多くあるなかでも坂口さんが今回ピックアップしたのは、日めくりカレンダー内31日目に載せられている「人生で一番幸せな瞬間はこれからやってくる」という言葉。「数十年間将棋の世界でトップにいた人がまったく新しいフィールド(芸能界)にチャレンジし『ピークはまだ先にある』と言う。加藤さんのバイタリティに感動した」と坂口さん。

3つ目は「信仰心」。
加藤さんは旧約聖書の言葉を座右の銘としており、熱心なクリスチャンとして知られていました。「長年勝負の世界で生きてきた加藤さんを支えたのは“祈る”という行為だった」と坂口さんは説明します。

棋士を引退し、タレント活動をはじめてからテレビに引っ張りだこの加藤さん。来週にはBSで自身初の冠特番を予定しているそうです。

勝負の世界という過酷な場所にいながら、誰もが癒される笑顔を持つ加藤さんの魅力について、「“ギャップ”がいろいろな人の心を掴んでいるのでは」と中西は分析。高橋は「(加藤さんは)常に前向きな言葉から、癒されると同時に学ぶべきポイントがたくさんある」とコメントしていました。


----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2017年12月22日(金) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------


【番組概要】
番組名:クロノス
放送日時:毎週月〜金曜6:00〜8:55
パーソナリティ:中西哲生(月〜木)、速水健朗(金)、高橋万里恵
番組Webサイト:http://www.jfn.co.jp/ch/

関連記事(外部サイト)