種類や性格、飼い方は? 意外と知らない「小鳥」の話、教えます!

種類や性格、飼い方は? 意外と知らない「小鳥」の話、教えます!

種類や性格、飼い方は? 意外と知らない「小鳥」の話、教えます!

さまざまな趣味と娯楽の奥深い世界をご紹介するTOKYOFMの番組「ピートのふしぎなガレージ」。3月10日(土)放送のテーマは「小鳥」。どこからか聞こえてくる小鳥のさえずりに、春を感じている人も多いのではないでしょうか。気象庁が毎年発表している「うぐいすの初鳴日」によると、今年は、宮崎や高知、静岡などの暖かい地域は2月中からウグイスが鳴き始めているそうです。今回は「小鳥」の魅力を、TOKYO FMの番組の中で詳しい方々に教えていただきました。
(TOKYO FM「ピートのふしぎなガレージ」2018年3月10日(土)放送より)


種類や性格、飼い方は? 意外と知らない「小鳥」の話、教えます!



◆「小鳥がいればOK牧場!」
元WBC世界ライト級チャンピオン、俳優 ガッツ石松さん

── 失礼ですが、ガッツさんが小鳥好きだとは意外でした。

私は栃木の寒村で生まれ育ったので、物心が付いた頃から野生の小鳥が身のまわりにたくさんいました。だから、好きというよりは仲間意識でしたね。しかも、悪ガキだったので人間不信だったんです。でも、小動物は言葉こそ喋れなくても、愛情をもって接すれば必ず応えてくれます。だから、小鳥たちは親友を越える心友でした。

それで、昔からセキセイインコや九官鳥やメジロなど、いろんな小鳥を飼ってきました。今は家の屋上でスズメやヒヨドリやハトに餌をやっています。私が屋上へ行くとスズメが30〜40羽、ヒヨドリが5〜6羽、それからどこかの飼い鳩っぽいハトがおやつをつつきにやってきますよ。

── 野生のハトと飼い鳩って、区別が付くんですか?

普通の人にはわかりづらいと思いますが、私は見た目でわかります。餌をやろうとしているのはスズメなので、オモチャの鉄砲に弾を入れず空気の発射音だけさせて飼い鳩にはお引き取り願うのですが、スズメも驚いて逃げてしまうので、そのへんの間合いが難しいところです。

ちなみに「鳥」という漢字の上半分が白なのは、鳥にはどこかしら白い部分があるからだそうです。ところが、烏(カラス)は真っ黒なので、白ではないという意味で真ん中の棒を取ってしまったんだとか。鳥が好きだとこんな雑学も耳に入ってきます。

── 小鳥の魅力って、どのへんにあるのでしょうか?

小鳥に限らず、生き物はまず好きにならないと、その魅力がわかりづらい部分があるかもしれません。たとえば、小鳥は目の前にある餌をすぐに取らずに、まわりをあちこち探してから最終的に食べにきたりします。亀を飼っていたこともあるのですが、亀は「よく噛んで食べろよ」と言っても「かめへん」と言って、噛まずに飲み込むんです。そんな仕草に気づくとさらに可愛くなっていきます。

ウチの屋上に来るスズメもよく観察すると、ヒヨドリやハトと一緒にお米をつついていても、ほかの鳥とは喧嘩しません。ところが、違う群れのスズメが自分たちが食べている場所に来ると、羽で威嚇するんです。そこで、私はちょっと間隔をあけて餌をあげています。そうすれば喧嘩になりませんから。そんなところもかわいいですね。


◆「知っているようで知らない小鳥の話」
作家、サイエンス・ライター 細川博昭さん

── 飼える小鳥は何種類くらいいますか?

ジュウシマツやブンチョウやカナリヤ系の鳥、インコやオウム系の鳥、いろいろいますが、全部足し合わせると亜種も含めて100種類以上います。昔の日本では野鳥を飼う文化があったのですが、戦後に鳥獣保護法が変わって、今は基本的に野鳥を飼うことはできなくなりました。ですから、現在飼育されているのは海外産で、ブリーディングされた鳥が中心です。

ジュウシマツはもともと中国系の鳥が日本で品種改良されたものですし、ブンチョウはインドネシアのジャワ島の鳥です。カナリアはヨーロッパの沖の島の鳥ですね。インコやオウムは世界中の熱帯から亜熱帯に分布している鳥なので、アフリカ、アジア、中南米に生息しています。

── どんな鳥が飼われているのでしょう?

やっぱり、人間に馴れやすい鳥が人気ですね。よく喋るセキセイインコ、もっとも人間に懐くオカメインコなど、鳥の種類によって性格は大きく違います。コザクラインコやボタンインコはオスとメスがすごく仲の良い鳥で、英語で「ラブバード」と呼ばれています。

喋る鳥は全体の中でもごく一部で、主にオスです。大型のほうが喋る種が多く、小型だとセキセイインコくらいでしょう。有名なのはキュウカンチョウですね。鳥が人間の言葉を喋るのはコミュニケーションのためと考えられています。人間と暮らす中で、鳥も人間との関係を作ろうと考えて、ルールを学ぶんです。鳥はそれくらい高度な脳を持っています。

── 鳥が喋る内容には、どの程度の意味があるんですか?

状況を理解して、なんとなく意味を把握しています。人間が朝に「おはよう」と呼びかけ、鳥がそれを覚えて「おはよう」と返したら、それは「今日も1日よろしくお願いします」みたいな意味です。一番よく言葉を覚えるセキセイインコの場合、逃げ出したときに住所を覚えていたので飼い主の家に送り届けることができたというエピソードもあります。

スズメ目とインコやオウムの仲間は、気管支が分かれるところに鳴管という人間の声帯に近い構造を持っていて、自分の意思で震わせることができます。さらに、インコやオウムは舌の筋肉が発達しているので、人間の言葉に近い音を出すことができるんです。おいしいものを見せると「ちょうだい!」と言いながら舌を伸ばしたりする姿はとてもかわいいですよ。


◆「小鳥と一緒に素敵な毎日を!」
愛鳥専門店『BIRDMORE』 木幡直希さん

── 小鳥の寿命は、どのくらいですか?

種類によってさまざまですが、大きくなればなるほど長生きになる傾向にあります。オウムくらい大きめの鳥になると50〜60年も生きることもめずらしくありません。小さいセキセイインコでも10年以上生きると言われています。小鳥は意外と長生きなんです。

性格でいえば、オカメインコは愛情深くて寂しがり屋。性格も温厚なので、人間と長くすごしやすい鳥です。逆に愛情が向けられていないと、そのことを敏感に感じるので、ちゃんと愛情をもって接してあげないといけません。オレンジのほっぺが可愛らしいですし、口笛のような歌も素敵です。

セキセイインコの場合は甘えん坊な子もいますが、オカメインコほど近くで可愛がらなくても、オモチャがあればひとりで遊んでいたりするような性格が多いです。もちろん、人に懐いて飛んできたり、お喋りもできます。

── 小鳥を飼ううえで注意すべきなのは、どういう点でしょう?

まずは、外に出てしまわないようにすることです。ちょっとした窓の隙間からでも外に出てしまうと、自力で戻ってくることはほとんどありません。初めての外の世界にパニックになって、まわりが見えずにどこまでも飛んでいってしまうんです。「いつも肩に乗ってるから大丈夫」と思っていても、何かの拍子で飛び出してしまうことがあるので気をつけてください。

餌に関しては、ブンチョウ、セキセイインコ、オカメインコあたりはアワ、ヒエ、キビなどの穀物類を中心に与えます。さらに、イカの甲やボレー粉(牡蠣の貝殻を砕いたもの)、小鳥専用の総合ビタミン剤で栄養を補ってください。最近は栄養バランスを調整してあるペレットも販売されています。

── 小鳥を飼うために最低限必要な道具は、どんなものですか?

鳥かご、餌、それから、ヒーターです。特にヒナの頃は体調を崩しやすいので、温度が低くなりすぎないよう注意が必要です。しっかり、ペットヒーターで暖められるような環境作りをしてあげましょう。大きくなっても、ちょっと体調が悪そうなときには、まず暖めてあげてください。

ちなみに、大きめのオウムやインコになると、自力で鳥かごの鍵を開けることもあります。中には、ダイヤル式の鍵を開けてしまう子もいますよ。ダイヤルの番号を覚えるのか、ひとつずつ試して感触を確かめているのか、詳しいことはわかりませんが、本当に頭の良い鳥です。


TOKYO FMの「ピートのふしぎなガレージ」は、《サーフィン》《俳句》《ラジコン》《釣り》《バーベキュー》などなど、さまざまな趣味と娯楽の奥深い世界をご紹介している番組。案内役は、街のはずれの洋館に住む宇宙人(!)のエヌ博士。彼のガレージをたまたま訪れた今どきの若者・新一クンと、その飼い猫のピートを時空を超える「便利カー」に乗せて、専門家による最新情報や、歴史に残るシーンを紹介します。

あなたの知的好奇心をくすぐる「ピートのふしぎなガレージ」。3月17日(土)の放送のテーマは「SUV」。お聴き逃しなく!


----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2018年3月18日(日)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:ピートのふしぎなガレージ
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国37局ネット
放送日時:TOKYO FMは毎週土曜17:00〜17:50(JFN各局の放送時間は番組Webサイトでご確認ください)
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/garage

関連記事(外部サイト)