“できる大人”の「手みやげ」、みんなのセレクトは?

“できる大人”の「手みやげ」、みんなのセレクトは?

“できる大人”の「手みやげ」、みんなのセレクトは?

東京の声とシンクロするTOKYO FMの番組「シンクロのシティ」。ボイス収集隊が東京の街に繰り出し、さまざまな人々に声をかけ、ひとつのテーマについてその人の意見や思いを聞き出します。その声を聴き、リスナーと共に考えるのはパーソナリティの堀内貴之。12月5日(火)のテーマは「『手土産』力!」でした。
年末年始のごあいさつ。友達に呼ばれたホームパーティで、ちょっと気の利いた手土産を持ってくる人ってかっこいいですよね。今回は街の人々に「お呼ばれした際の手土産」について伺いました。



「手土産」力!

【有楽町で出会った75歳の女性】

お花とかが多いんですけど、そうでなかったらちょっとかわいいタオルハンカチみたいなものを贈ります。本当は、残らないもののほうがいいのかなと思ったりするんですよね。タオルハンカチとかは、仲の良い方だったら残るものでもいいのかなと思うんですけど、そうじゃない方には、食べてなくなるものにしたりします。

――どうすれば、上手く手土産を選べるのでしょうか?

相手の方をよくわかってないと、なかなか選べないですよね。 日頃、接触しているうちに、相手の性格や心が見えてきますよね。お歳暮なんかと一緒で、相手のことを思って、これだったら喜ばれるかなって自分で信じて贈りますね。

【銀座で出会った34歳の男性】

最近、母親に手土産を持って行きました。用事があって帰省したときに。お酢です。フルーツ酢。リンゴや果物がお酢に漬かっていて「割って飲むのが美味しいですよ」って感じのものだったんですけど。 都会っぽいおしゃれなやつを持って行ったら喜ぶかなと思って。母が「これどうやって飲むの?」という感じだったので、レクチャーを兼ねて2人で飲んで。「あ、おいしいね」みたいな。親子なので、あまりしゃべらないじゃないですか。いいきっかけにはなったかなと思います。

――手土産を選ぶときのポイントは?

相手の方の趣味というか、好きそうだと思うことをイメージして。たとえば読書が好きだと、コーヒーや紅茶も好きでしょうから、好きそうなことを意識して選んでます。

【銀座で出会った46歳の女性】

お出汁。ちょっと高いお出汁を持っていってあげると、すごく喜ばれる。主婦のみなさんは、お料理は必ずするので。絶対ムダにならないもので、いろんなものに使えるんですよね。今の時期だと、おでんとかうどんもそうですし。茅乃舎さんっていうところの「茅乃舎だし」は、あご出汁で、コクがあってお出汁に少しお醤油を垂らすだけで、高級なスープができちゃう感じなので。私もいただいて、美味しさに感激して。同じ主婦目線で、喜ばれるものを選んでるのかもしれないですね。

【永田町で出会った40代の女性】

私は秘書なので、仕事で相手先を訪問したり海外のお客様に接したりと、ほかの方よりも手土産を渡す機会が多いかもしれません。たとえば、会社のお祝い事があるとします。その際、ペーパーナイフとかは「社運を切り開く」とか「開く」っていう良いイメージを持っているので、そういったものを選ぶこともあります。あとは新築祝いでいえば、火事を連想するので赤いものは贈らない。タブーですね! 結婚間近のカップルが相手の両親に挨拶に行く場合に贈る「羊羹」は、「細く長くこれからもお付き合いください」という昔からのメッセージ性があるので今も長く愛されているのだと思います。

【白金台で出会った47歳の男性】

お菓子とかもよくお渡しするんですけど、あまり印象に残らないみたいで。意外と道の駅で買ってきた地域のものが喜ばれますね。松本で長芋を買ってきたときは喜ばれました! ギフトにもどうぞって書いてあったのでちょうどいいな〜って(笑)。農産物って箱に入っているのでインパクトもありました。もちろん加工品でも美味しいものもあるでしょうし、お菓子もオシャレなものがいっぱいあるんですけど、やっぱりその地域にしかないものというのが良かったんでしょうね。高い安いではなくてエピソードがあるほうが、気持ちが伝わるんじゃないかと。

――贈ったり贈られたりする日本の文化をどう思いますか?

ひとつの儀式なんでしょうね。格式高くやるのではなく、カジュアルに気持ちを伝え合うのは、すごく良いと思います。

【何を贈ったかより、どれだけ相手のことを考えたかが重要!】

堀内貴之も「今日、僕も番組が始まる前に、たかみな(高橋みなみ)ちゃんから沖縄のおみやげを貰ったんですよ。雪塩ちんすこう。すごく笑顔で渡してくれて、その瞬間、視界がパーッと明るくなりました(笑)。沖縄行ってたもんねーって話が盛り上がったり。手土産は心がパッと明るくなる!」とコメント。どこか違う場所で、自分のことを思い出し、考えてくれた嬉しさ。手土産は内容よりもそこに価値があるのでは、と感じた放送でした。

<番組概要>
番組名:シンクロのシティ
放送日時:毎週月〜木曜15:00〜16:50
パーソナリティ:堀内貴之、MIO
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/city/

関連記事(外部サイト)