チャーハンは「パラパラ」でないといけないのか? 

チャーハンは「パラパラ」でないといけないのか? 

チャーハンは「パラパラ」でないといけないのか? 

東京の声とシンクロするTOKYO FMの番組「シンクロのシティ」。ボイス収集隊が東京の街に繰り出し、様々な人々に声をかけ、1つのテーマについてその人の意見や思いを聞き出します。その声を聴き、リスナーと共に考えるのはパーソナリティの堀内貴之。5月24日のテーマは「チャーハンはパラパラじゃないといけないんですか?」でした。

美味しいチャーハンの売り文句に「パラパラ」という言葉がよく使われますよね。インターネットで調べると「パラパラチャーハンの作り方」が星の数ほど出てきます。なぜ、チャーハンといえばパラパラなの? そもそもしっとり派だってたくさんいるのでは? ということで今回は「チャーハンはパラパラじゃないといけないんですか?」という質問を、街の皆さんにぶつけてみました!




まずは一人暮らしの男性編。

◆梅ヶ丘で出会った21歳の男性
「パラパラのほうがいいと思います。お米自体、白米でも柔らかいのが好きじゃないのでチャーハンってなるとパラパラのほうがいいですね。柔らかいお米より硬めのほうが好きです。うちの母が料理が好きなので、すごくパラパラに作ってくれてました。先に卵とご飯を混ぜてフライパンに入れるとパラパラになって、フライパンにご飯を入れてから後で卵を入れると、べちゃべちゃになりやすいって聞いたことありますね。一人暮らしで自炊してるんですけどたまにやってます。

(中華屋さんでベチャっとしたの出てきたらテンション下がります?)
下がりますね、美味しいチャーハンを知っちゃてる分」

◆大森で出会った30歳の男性
「そうですね! パラパラです! お店で食べるのが基本パラパラで美味しいからですね。食べるならパラパラのが食べたいですね!

(家で作る時はどうですか?)
パラパラにはならないです。あんまり。そんなやっぱりお店みたくうまくならないですね。味も。

(工夫してることはありますか?)
先に卵を入れるとか、油多めにするとか、冷やご飯のほうが良いとか悪いとか、そんな感じですかね」

◆飯田橋で出会った20歳の男性
「僕は断然パラパラ派です! 食べた時、口に入った時の爆発力!! あと、匂いがいいんでチャーハンは。中華鍋で炒めたチャーハンって言うのが美味しいイメージなのでそれが伝わってくるといいなって。お婆ちゃんが作るチャーハンはしっとりめでそれはそれで好きなんですけど、別物って感じです! しっとりめも好きです(笑)」

◆目黒で出会った42歳の男性
(チャーハンはパラパラじゃないといけないんですか?)
「いえ、そんなことないと思いますよ。しっとり派ですね。

(お店でパラパラしたチャーハンが出ると物足りないですか?)
スープかけて食べますね!

(どうしてパラパラじゃなくてしっとりがお好きなんですか?)
結局スープかけて食べてるので(笑)。子どもの頃からそうやって食べてる。それが普通になってますね。

(小さい頃からしっとり派?)
はい。しっとり派です。

(これからも?)
しっとり派ですね」


そしてお次は主婦の方々。
◆神楽坂で出会った28歳の女性
「そうですね、パラパラのほうが美味しく感じますね! 自宅でパラパラに出来ると少しテンション上がります(笑)。あとはパラパラ=美味しいっていう固定概念がありますね。

(パラパラにするコツってありますか?)
こないだ観た番組では、玉子を半熟で1回取り出して、後でご飯と絡ませるとパラパラになるってやっていたんですけど、なかなか上手くできないですね〜(笑)。作る側としたらパラパラで出来たら『成功した! よしッ!』って思うのでパラパラ派かな」

絵/ボイス収集隊:ジャイアント麗子ちゃん



◆梅ヶ丘で出会った45歳の女性
「パラパラのほうが美味しいですけどパラパラじゃないチャーハンもありかな、と思います。私が作るチャーハンは、パラパラにならないことが多いのでそれでも味が美味しければいいと思います。パラパラに出来るだけしようとは思いますけど時間がない時とかは、パラパラじゃなくなります」

◆大森で出会った36歳の男女性
「パラパラだったら嬉しいですけど、しっとりでも美味しいものは美味しいと思います。どうしたらパラパラになるんだろうねって話をしちゃうこともあるのでパラパラのほうがいいように思い込んでる部分はあるのかな、と思います。

(奥様方の間でもそういう話が?)
でますね。この間も聞かれたばっかりで。中華料理屋じゃないとパラパラにはならないよっていう話をしてました。

(なんでパラパラがいいと思うんでしょうか?)
思い込みかな。皆がパラパラがいいって言うからそうなのかなって思っちゃう。自分が作ったのは、しっとりになりますけど、子どもも楽しく美味しくいただいてます。料理番組とかでパラパラになりますよって聞いて、そうしたほうがいいのかなって、思い始めてから目指すようになりましたね」


ここからは、街の中華屋さんにお話を伺いました!

◆笹塚にある四川料理・笹華(ささはな)の店員さん
「そうですね、チャーハンはパラパラにしないといけないですよね。コックさんの経験で。チャーハンは難しいんですよね。家で作ると家の火はちょっと小さいから。飲食店のガス量は普通の家より多いから、火が多いです。家ではちょっと難しいかもしれないですよね。

(本場では、べちゃべちゃなチャーハンはチャーハンじゃない?)
水分が多いと、美味しくないですよね。

(中国では、パラパラしかない?)
お米はパラパラな感じででも例えばカニチャーハンとか、餡かけのチャーハンあります。チャーハンだけはパラパラなんですがその上の餡かけは、五目焼きそばみたいなものでちょっとべちゃべちゃ。普通のチャーハンは、パラパラな感じです」

◆大森にある中華料理屋「大連(タイレン)」の店主さん
(チャーハンはパラパラじゃないといけないんですか?)
お店でやるのと家庭とは違うんじゃないですかね。家庭だとやっぱり旦那さんの好み、子どもの好み、それを考えて愛情を込めて作るじゃないですか。そういう味が一番だと思うんですよね。ただ、店だとどうしても、7割のお客様が好きになってくれるパラパラ。チャーハンだとどうしてもそういうカタチになるんだと思いますよ。

(やはりパラパラが好きという方が多いですか?)
そうですね。割合で言うとパラパラがいいって言うお客様が多いですね。お客さんがしっとりめが好きであれば調整はしますけどね。

(家庭で美味しくパラパラチャーハンを作るには何かコツはありますか?)
まずは、ご飯を卵かけご飯みたいにしちゃうんですよ。混ぜちゃって電子レンジで一度加熱して半熟状態にするんです。それからネギとか入れて油ひいて炒め直すと結構パラパラになりますよ。

(家庭では中華鍋がないというところが難しいんですかね?)
そんなことないですよ。フライパンでもじゅうぶんできますよ。テフロンとかのフライパンだと油を多くしちゃうとべっとりしちゃうので、油をひいたらティッシュでふいて余分な油を取ってから炒めたほうが美味しく出来ますよ。パラパラで。あとは、腕次第なので。中華ではやっぱりチャーハンが一番難しいですもの。

(こちらのお店では当初からチャーハンはパラパラですか?)
いいえ、違いますね。最初はしっとりめのチャーハンだったんですよ。20年ぐらい前ですかね。それぐらいからお客様の好みを統計してパラパラのほうがいいみたいだということで。

(これからも進化して行きそうですか?)
時代時代によってお客様の好みって変わるじゃないですか。どんどんお客様のニーズに合った味にはなっていくと思いますよ」

◆神楽坂にある中華料理屋「幸せのはし」調理師兼オーナーさん
(なぜ、そこまでパラパラなんでしょう?)
ウチのお店の場合はチャーハンの為にお米を炊いているのでお米がパラパラにできる感じですかね。ご家庭でパラパラにしたいんでしたら、炊飯器のメモリ半合分くらいお水を少なく、そしてお米を研ぎすぎないことですね! 極端な話、お水に浸ける時間も短くして炊いたほうが適しているかと思います。

(火力の問題もあるんですか?)
火力の問題もあるんですけど、フライパンの大きさに対して合ったお米の量は必ずですね! 量が多いと熱がどうしても下がってしまうので、面倒でも一人前ずつ作ったほうがいいと思います! ある程度パラパラしているほうが米粒一粒一粒の味がわかりやすい。均一に味が付いていてひとつひとつが主張しているのがチャーハンなのかなって! 勿論、食味、見た目全部合わさってのことなんですけど。街の中華屋ではラードを使うんです。ラードを使うと、よりしっとりした味付けになるんですね! 表面にテリが出て旨味が強いんです。どちらも美味しいと思います!


【パラパラ派優勢、しっとり派も負けてない!】
オンエア中にTwitterで「チャーハン、パラパラ派? しっとり派?」というアンケートを行ったところ7割の方が「パラパラ派」とやはり優勢。街声も、やはりパラパラ派が多い結果となりました。ですが番組宛てのメールはしっとり派も多数。堀内貴之も番組前に同じ調味料と具材の条件で作ったパラパラとしっとりチャーハンを食べ比べ「圧倒的にしっとりチャーハンが好き!」とコメント。当たり前のように「チャーハンはパラパラ」と言われている世の中にも、ひっそりとしっとり派が存在することがわかりました。

<番組概要>
番組名:「シンクロのシティ」
放送日時 :毎週月〜木曜15:00〜16:50
パーソナリティ:堀内貴之、MIO
番組Webサイト: http://www.tfm.co.jp/city/

----------------------------------------------------
この記事の放送回を『radikoタイムフリー』で聴くことができます(1週間限定)。
(スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)

■番組聴取は【コチラから】(無料)
聴取期限 2017年6月1日 AM 4:59 まで

※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

関連記事(外部サイト)