Brian the Sun 漫画家になりたいリスナーに「今は Maybe だけど!」

Brian the Sun 漫画家になりたいリスナーに「今は Maybe だけど!」

Brian the Sun 漫画家になりたいリスナーに「今は Maybe だけど!」

4ピースロックバンド・Brian the Sunの森良太さん(vo./gt.)と白山治輝 さん(ba./cho.)さんが、9月15日放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。9月7日発売のニューシングル「Maybe」にちなみ、リスナーから『私は「Maybe=たぶん」●●になっているでしょう』という未来への宣言を募集しました。その中から「漫画家になっている」と宣言したリスナーに直接電話をかけ、話を聞きました。



【リスナー(14歳・女性)の宣言】
『Maybe……私は将来、漫画家になっています!』


とーやま校長「漫画家になろうって思ったきっかけは何?」

リスナー「中学1年の時に友達に漫画の『BLEACH』を薦められて、そこから少女漫画にハマっていったんです。私もこんな絵を描きたいなって思って、1年前くらいから漫画家になりたいって思いました」

とーやま校長「どういう風にMaybeを現実のものにしていく?」

リスナー「今はノートに絵を描いて練習しているんですけど、それを続けて高校を卒業したら漫画の専門学校に入って、漫画についての基礎知識を身に着けたいと思っています」

とーやま校長「今の段階で自分が行くところを定めていて、そこに進んでいくってめちゃめちゃ良い事ですよね」

森「きちんと見据えていますね」

とーやま校長「こういう漫画を描きたいとかあるの?」

リスナー「ピュアな恋愛もので、キュンキュンするような漫画を描きたいです」

あしざわ教頭「いいね。描いたものを誰かに見せたりするの?」

リスナー「漫画を薦めてくれた友達からアドバイスをもらっています」

あしざわ教頭「作品って見せるまでがドキドキするじゃん。人に見せた時に喜んでくれたりしたら、すごく嬉しくない?」

リスナー「嬉しいです!」

あしざわ教頭「それをどんどん繋げていくことがすごく大事な気がするな」

とーやま校長「エンターテイメントという大きなくくりで言ったら、音楽も漫画も人が作るものという点で同じじゃないですか。(白山)治輝先生は10代の時にアーティストになりたいって思った時にこういう気持ちだったっていうのって覚えていますか?」

白山「僕、将来の夢がブレブレだったんですよ。色んなものになりたくて、バンドでご飯を食べていきたいって思ったのは20歳を過ぎてからなんですよ。今から芯があって決まっているっていうのは良いかもしれないですね!」

とーやま校長「スタートダッシュが出来ているってことだもんね」

白山「中2の頃なんて、丸坊主で野球してましたからね。こんなにしっかり考えているのはすごいと思います!」

とーやま校長「漫画家になるのは大変だと思うし、色んなことがあると思うけど、そういう事を作品にすることが出来るからね」

森「そうですね。人の言っている事に左右されないくらい、強い芯がいるかもしれないですね。音楽もそうですけど、評価を気にしない図太さみたいなのもいるかもしれないです」


番組の最後には。森さんから未来を見据えるリスナーにメッセージが送られました。


『今は Maybe だけど!』

“かもしれない”って時間が関係している言葉じゃないですか。
今の時点から先を見た時のMaybe。
でも、今っていうのは常に進んでいて、その瞬間が今になっていきますよね。
明日の一歩を着実に進めば、今はMaybeだけど、そのMaybeが踏み台になって、
その次のMaybeを呼ぶと思います!

【あわせて読みたい】
★広瀬すず×李相日監督「映画『怒り』の撮影は大変だった」
★Brian the Sun ニューシングル「Maybe」は「男女の関係が分からないように書いた」
★「未確認フェスティバル2016」グランプリはYAJICO GIRL

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:
月〜木曜 22:00〜23:55
金曜 22:00〜22:55、23:30〜23:55
番組Webサイト ⇒ http://www.tfm.co.jp/lock/

<今後の予定>
9/19(月) BURNOUT SYNDROMES 新曲「ヒカリアレ」初オンエア
9/21(水) 忘れらんねえよ 新曲「俺よ届け」を初オンエア
9/22(木) 桐谷健太が生出演

関連記事(外部サイト)