LiSA×シド マオ&明希 今年の漢字は「生」「動」「絡」

LiSA×シド マオ&明希 今年の漢字は「生」「動」「絡」

LiSA×シド マオ&明希 今年の漢字は「生」「動」「絡」

LiSAがTOKYO FMのレギュラー番組に出演。ニューシングル「ASH」の作詞作曲を手掛けたシドのマオさんと明希さんをゲストに迎え対談を行いました。その中からそれぞれが発表した「2017年の漢字」とその理由をお届けします。
(TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK! LiSA LOCKS!」12月12日(火)放送分)



【2017年を漢字一文字で表すと何?】
◆マオ『生』

LiSA:エロいっ!

マオ:ちょっと待ってそっちじゃない! そっちじゃないっていうか、それもどっちか分からないけど。

LiSA:あれ、違う?(笑)。

明希:ちょっと聞いてみよう(笑)。これどういう?

マオ:まずはライブの『生』。シドが久しぶりに始動したんですよ。アルバムは3年半くらい、ライブも2年くらいぶりにめちゃくちゃやったなと。あと、最近俺って「結局ライブが“生”きがいなんだな」という気持ちが強くなってるんです。まさに全部『生』が入ってるんで、『生』かなと思いました。

LiSA:なるほど〜。セクシーです。

マオ:その、“セクシー片付け”やめてもらっていいですか(笑)。

明希:“セクシー片付け”(笑)。

◆明希『動』

明希:シドが新たに始まって“動”き出した年で、リリースとかライブとか色んなことをやらせてもらったんです。5月に武道館2日間があったんですけど、そこからが特に濃くて早くて。武道館終わったらちょっと休めるかなと思ったら、すぐにアルバム『NOMAD』を作り出して。あっという間にレコーディングやって、ライブもやって。しかも俺とマオくんはその間にソロもやってて、とにかくめちゃめちゃ動いたなっていう。色々なことがまた“動”き出した一年だったという印象です。

マオ:うん、たしかに。

LiSA:ここからまた動きっぱなしなんじゃないですか?

明希:止まらずガンガンこれからも動いていけたらと。

LiSA:来年15周年ですもんね!

明希:そうなんですよ。

◆LiSA『絡』

マオ:ん、エロい!

LiSA:わ! 戻ってきた(笑)。

明希:たしかにね(笑)。

LiSA:今までは、自分の音楽を貫くぞと思ってワンマンライブとかも頻繁にやってきたんです。でも今年はシドさんに新しくお願いさせていただく機会があったり、フェスに出させてもらったりとかで色んな方とコラボさせてもらって、そこで音楽がもっと好きになりました。だからそういう“絡”むって大事だなって。

マオ:うまく絡めましたか? 俺たちは(笑)。

LiSA:楽しく絡ませてもらいました!

マオ:俺たちも思うよね。やっぱり自分たちだけだと引き出しの限界があるというか。新しい方と知り合ったり何かやらせてもらうと、自分の幅が広がるんでそれをまたシドに持って帰ってやるっていう。それを繰り返していくのかなと思ってますけどね。

LiSA:嬉しいですね。その一つに私が参加させていただけて。

マオ:一つどころか別格ですよ。

LiSA:いえいえ。ありがとうございます!

シドが12月27日にLIVE DVD&Blu-ray“SID 日本武道館2017「夜更けと雨と/夜明けと君と」”をリリースします。また2018年には結成15周年を迎えるということで、元日にZepp Tokyoでシド結成十五周年記念公演「シド初め」を開催。さらに5月には全国ツアー「SID 15th Anniversary LIVE HOUSE TOUR 2018」がスタート。詳細はシドのオフィシャルサイト(http://sid-web.info/)まで。

----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2017年12月20日AM 4:59 まで

スマートフォンでは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員に登録の上ご利用ください。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:SCHOOL OF LOCK!
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:
月〜木曜 22:00〜23:55
金曜 22:00〜22:55
番組Webサイト ⇒ http://www.tfm.co.jp/lock/

★Check it out!★
12/11(月)〜12/15(金)“2017年スゴかった人”が毎日登場するWEEK!

関連記事(外部サイト)