炒め物でも感染する“O157”予防対策

O157に感染した3歳が死亡 炒め物が汚染されるケースに3つの注意点

記事まとめ

  • O157に感染した3歳が死亡、O157には年間3000人位感染し、60人程が死亡しているという
  • O157は加熱で死ぬと言われるが、死亡した3歳の感染源は炒め物だったと言われている
  • 炒め物の汚染には加熱不十分、温度が下がった状態での汚染、食べるまでの過程に注意

炒め物でも感染する“O157”予防対策

炒め物でも感染する“O157”予防対策

炒め物でも感染する“O157”予防対策

中西哲生と高橋万里恵がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「クロノス」。
9月14日(木)放送の「WAKEUP NEWS」のコーナーでは、このところ何かと話題となっている“O157”と“RSウイルス”について、感染症に詳しいナビタスクリニック理事長、久住英二さんに話を伺いました。


※写真はイメージです



まずは、腸管出血性大腸菌“O157”について、先日“O157”に感染した3歳の女の子が亡くなりました。そもそもこの菌はどういうものなのか。久住さんによると、大腸菌自体は人間の腸内に住んでいる菌で、その中でいくつか病気を引き起こす種類があり、そのひとつが腸管出血性大腸菌だと言います。
これはベロ毒素という毒素を作り、腸管の粘膜を傷つけたり、血管の内側の壁を痛めることで血小板を減らしたり、腎臓の機能を低下させたりし、病気を引き起こすそうです。

あまりニュースにはなっていませんが、“O157”の感染者は久住さん曰く年間3000人くらい。そのうち60人程の方が亡くなっているとか。基本的に“O157”は加熱すると死ぬそうですが、今回亡くなった幼児は炒め物を食べて感染したと言われています。
この場合考えられる汚染のケースは3つ。ひとつは炒め物の加熱が不十分だった可能性。もうひとつは、調理後に温度が下がった状態での汚染。さらには、炒め物には問題なく、それを買ってきて食べるまでのプロセスの中で何らかの汚染が起きた可能性があると指摘します。

では、気になる予防法について、久住さんは「汚染された食べ物を食べないようにすることに尽きます」ときっぱり。
生野菜でも感染しているケースは相当数あるそうで、野菜や果物はとにかく洗って食べること。そして、肉類をはじめとする特に汚染しやすいものは、必ず加熱して食べること。さらには食材を触る、調理するときには手洗いをしっかりと行い、まな板は使い分けるなど、日常的に対策をしていくしかないと注意を促していました。

また、食中毒というと一般的に夏に多いイメージがありますが、秋、冬も油断は禁物と久住さん。通常、菌の増殖は10℃以上の環境で起きやすく、とりわけ夏場は特に気をつけないといけませんが、今は秋も冬も暖房を使って室内も暖かいため、「年間を通じて気をつけていかないといけない」と久住さんは主張していました。

一方、患者数が過去最多を記録したという“RSウイルス”。
乳幼児が感染した場合、大多数はただの風邪で終わるそうですが、ごく少数が汎細気管支炎や肺炎になり、中には入院して治療する必要性も出てくるとか。そんな“RSウイルス”は患者の唾液などに含まれているため、くしゃみをした飛沫などからも拡大し、いろいろなところにウイルスがあると久住さんは言います。
久住さんが調べたところ、大人を含め“RSウイルス”は風邪のほとんどの場合に検出されることがあるそうです。そして、現在患者数が過去最多となっていますが、その調査は全員を調べたわけではなく、あくまで調べた方の中で感染した人の数だとも。

最後に久住さんは、「調べる人が増えれば当然患者数も増えるので、本当に感染者が増えているのか、見かけ上増えているだけなのか、両方の可能性がある」と話していました。


----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2017年9月22日(金) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------


【番組概要】
番組名:「クロノス」
放送日時:毎週月〜金曜6:00〜8:55
パーソナリティ:中西哲生(月〜木)、速水健朗(金)、高橋万里恵
番組Webサイト:http://www.jfn.co.jp/ch/

関連記事(外部サイト)