私ってヘン? 「眠れない夜」についついしてしまう、あの行動

私ってヘン? 「眠れない夜」についついしてしまう、あの行動

私ってヘン? 「眠れない夜」についついしてしまう、あの行動

東京の声とシンクロするTOKYO FMの番組「シンクロのシティ」。ボイス収集隊が東京の街に繰り出し、さまざまな人々に声をかけ、ひとつのテーマについてその人の意見や思いを聞き出します。その声を聴き、リスナーと共に考えるのはパーソナリティの堀内貴之。
7月11日のテーマは「眠れない夜の不思議な行動」。いよいよ本格的な夏。東京では梅雨明け前から連日30度超えが続くなど、厳しい暑さとなっています。昼はもちろん、熱帯夜の寝苦しさもこの季節の悩みのひとつ。そんな眠れぬ夜、いっそ起きてしまおうと突然なにか別のことを始めちゃうことってありませんか? 今回は「眠れない夜にしてしまう変な行動」について街の人に伺いました。
(TOKYO FM「シンクロのシティ」2017年7月11日放送より)

私ってヘン? 「眠れない夜」についついしてしまう、あの行動



「眠れない夜にしてしまう変な行動は?」

【◆錦糸町で出会った27歳の男性】
僕は、壁倒立をします! 逆立ちの足を壁にかけてするやつです。

――なぜ、逆立ちを夜中に!?

僕の場合、起きちゃうと寝ることを諦めちゃうんですね。なので、いかにそこから起きるか!ということを考えてるので、逆立ちをして、頭に血を上らせて、目覚めを良くするというところです。怪しい行動だなと思うんですけど、それが一番起きられるので。諦めて、そこから寝てもいい眠りにはつけないので、だったら起きて、朝の時間を有効活用しようかなと、そういったところですね。夜中の2時以降は、逆立ちしちゃいます!(笑)


【◆中野で出会った34歳の男性】
そうですね、瞑想とかしちゃいますね〜。寝れないときっていろいろ考えちゃうじゃないですか。無になりたいって感じです!

――どうやって“無”になっていくんですか?

黒いものを思い浮かべるんですよ! 昔、勤めていた会社の研修で、一日中ずっと座禅をしているときに“無”に入るスイッチを見つけた出したんですよ! ザラザラした感じというか焼き海苔の裏みたいな(笑)。

――焼き海苔の裏を想像していると無になってくる?(笑)。

そうッス! 真っ黒になってくる(笑)。


【◆赤羽で出会った28歳の男性】
カメラマンなので眠れない夜は、家にいっぱいあるレンズを掃除したりしています(笑)。空気のブロアーでシュッシュ、シュッシュっとやったり、ずっとクルクルやってると眠くなってくる気がします。彼女と住んでいて一緒に寝ているので、別の部屋に移動して、棚からレンズを出して拭いたりしています。そんなに拭く必要ないんですけど(笑)。ちょっと仕事のことに頭を使って、レンズの掃除が終わると安心するのか眠れます(笑)。


【◆亀有で出会った53歳の男性】
夜中の3時くらいかな。急に甘いものが食べたくなって、コンビニまで行って水羊羹を買ったことがあります。水羊羹とコーヒーゼリーが食べたくて。両方食べたくて、どっちかといえばコーヒーゼリー推しかなと思ったんですけど、あったのが自分の好みじゃなくて、水羊羹がキンキンに冷えてたので。すごい美味しかったなって。

――なんで眠れなかったんですか?

前日が夜勤で、夜勤明けにちょっと寝ちゃって、起きたら夕方。当然、眠れなくなって。ご飯食べてどっか遊びに行けばよかったんですけど、遊びに行かずに疲れ果てて寝ちゃってて。お風呂入って、“眠れない、どうしよう! 小腹が空いたな”って。


【◆梅ヶ丘で出会った29歳の男性】
頭を使ったりすればちょっとは寝れるかなと思って、別にラッパーじゃないんですけど、起きてひたすらラップを考えるっていうのをやったことあります。

――ラップをやってみたいっていう願望があった?

多少はあったんでしょうね。最近ラップとかテレビで流行ってるじゃないですか。あれで、カッコイイなとか思ったりしたので僕にもできるかな〜ってことで。韻を踏もうって考えて、頭を使って寝ようとしたことがあります。考え始めたら、どうやって(詞を)書くんだ?って、YouTubeで日本のラッパーを研究し始めて、全然眠れない!

――ラップを披露してもらえませんか?

僕、栗橋っていうんですけど「My name isクリハシ まだ負けなし!」まで考えたのは覚えてるんですけど。自己紹介で披露してみようかなと思ったんですけど、だいたい引きますよね……1回やってみましたけど(笑)。


【◆錦糸町で出会った30代の女性】
家の近くの土手に行きます。夜空を眺めたり。何もしないんですけど、ただ、ぼーっとして……ぼーっとしてます。

――普段もその土手によく行かれるんですか?

めったに。普段は行かないですね。昼間は人がいっぱい散歩していたり、お子さんとか犬の散歩の人たちがいるんですけど、だからでしょうかね。眠れない夜、土手に行って、誰もいなくて、静かな場所って空気がいいのかなって思います。落ち着きますね。

――どのくらいいるんですか?

20〜30分くらいいて、夜風に吹かれて落ち着いたら、お家に戻って。そのあとぐっすり眠れる感じです。

――その土手からどういう景色が見えるんですか?

小さくスカイツリーが見えて、高層マンションがないので、夜の空とちょっとした夜景が見えて、その小さいスカイツリーを眺めながらぼーっとしてます。習慣ではないですけど、なんか、突然行きます。「あ! 眠れないから土手に行こう!」って思って行くわけでもなくて。なんか不思議な感じがします。音楽が好きなので、たまに音楽を聴いてます。最近聴いてるのが、片平里菜さんの「夏の夜」という曲なんですけど、切なくなって泣いてしまいました。

――土手で?

はい!(笑)。


【眠れない夜は、自分ひとりだけの特別な時間】

堀内貴之は「お酒とかコーヒー、寝る前のスマホが不眠を作り出しているとかっていうのはよく聞く話なんですけど、眠れない一番の理由は不安や緊張感ですよね。眠れない夜に変なこと始めちゃって、夢中になっちゃって、ひと仕事終えたときに急にパタリと眠れるって経験、誰にでもあるんじゃないかな」とコメント。

眠れないときに眠ろうとするのはとても辛い時間。明日のことは明日考えることにして、今は自分ひとりの暗闇の中の時間を楽しむことで、いつの間にか不安や緊張も少しほどけてくるのかもしれません。


<番組概要>
番組名:「シンクロのシティ」
放送日時 :毎週月〜木曜15:00〜16:50
パーソナリティ:堀内貴之、MIO
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/city/

関連記事(外部サイト)