OKAMOTO’S“見えない”ラジオライブで見せた“滑稽な姿”とは?

OKAMOTO’S“見えない”ラジオライブで見せた“滑稽な姿”とは?

OKAMOTO’S“見えない”ラジオライブで見せた“滑稽な姿”とは?

“ライブ音楽とビールが生み出すゆたかなひととき”をテーマに、あなたのすぐそばで素敵なアーティストたちが生ライブで生きた音楽を届けるTOKYO FMの番組「KIRIN BEER “Good Luck” LIVE」。6月3日(土)の放送には、4人組ロックバンド・OKAMOTO’Sが登場しました。



全員が「オカモト」性を名乗り、今年10月7日(土)には初のホールワンマン開催が決定しているOKAMOTO’S。この番組のライブにも初登場で、観客との距離感に驚いた様子です。「近いっすね」「こういう感じは初めて」と、それぞれが感想を口にしました。

そんなOKAMOTO’Sがライブパフォーマンスで心がけていることについて、ボーカルのオカモトショウさんは「その瞬間に自分がしたことで相手を楽しませられるかどうか」と答えました。

まずは進行するうちに次々とコードが変化していく「BROTHER」から。あらゆるジャンルから解き放たれる曲調で、OKAMOTO’Sの自由な“音魂”を知るに最も適した楽曲と言えるでしょう。続いては、先月末に発売したライブアルバムから「ROCKY」を。

2曲続けたロックナンバーの後、4人は都会的でクールなファンク「NEKO」を披露しました。落ち着いた楽曲「ハーフムーン」では、ショウさんからギターのオカモトコウキさんにボーカルをシフトし、また違ったバンドの一面を見せる一幕も。

そして印象的なギターのリフに引き込まれ、思わず体が揺れる「Beek」。さらには、この番組のためにスペシャルなカバー曲も。「聴いてください! レッド・ホット・チリ・ペッパーズで『Give It Away』!」ショウさんが高らかに宣言すると、客席からは大きな歓声があがりました。OKAMOTO’Sが魅せるレアなステージに観客もテンションMAX!!

まだまだ彼らの勢いは止まりません。ファンキーな全編英語の楽曲「Lagoon」に続いてはラストナンバー「Beautiful Days」! 「皆さんの日々が少しでも美しくて素敵でありますように」。そんな願いを込めてOKAMOTO’Sが、聴く人全てに“美しい日々”を贈ります。

最初から最後まで観客は立ちっぱなし! 大喝采のもと、ライブパーティーは終了となりました。ライブアテンダントの堤友香が「最後の方は全員でジャンプするところもあって……」と感想を述べると、メンバーは「(ラジオだから)見えないのに」「今日来てくれている人だけに見せる滑稽な姿でしたよね」と笑いを誘いました。



この日のライブの模様は『radikoタイムフリー』で聴くことができます(1週間限定)。フロアの熱気をぜひ体感してみてください。

現在、番組Webサイトでは6月17日(土)放送の中村一義さんのライブ観覧者を募集中です。(※応募締切:6月9日)
次回6月10日(土)の放送は、安田レイさんのライブをお届けします! お楽しみに。

◆Set List
1.BROTHER
2.ROCKY
3.NEKO
4.ハーフムーン
5.Beek
6.Give It Away
7.Lagoon
8.Beautiful Days

<番組概要>
番組名:「KIRIN BEER “Good Luck” LIVE」
放送日時:毎週土曜16:00〜16:55
ライブアテンダント:堤友香
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/live/


----------------------------------------------------
この記事の放送回を『radikoタイムフリー』で聴くことができます(1週間限定)。
(スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)

■番組聴取は【コチラから】(無料)
聴取期限 2017年6月11日 AM 4:59 まで

※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

関連記事(外部サイト)