秋の京都巡りに! 名庭で楽しむ“苔の景色”

秋の京都巡りに! 名庭で楽しむ“苔の景色”

秋の京都巡りに! 名庭で楽しむ“苔の景色”

「ボタニカル」=「植物」の力でキレイと元気を磨くをコンセプトにお届けしている、TOKYO FMの番組「NOEVIR BOTANICAL LIFE」。

9月29日(金)の放送では、この季節におすすめの、古都京都の神社仏閣の森や日本庭園で見られる美しい“苔(こけ)の風景”を紹介しました。


東福寺で楽しむ“苔の庭”
さまざまな“苔の風景”のある京都。その中でも、苔の豊かな表情を独特の景色の中で見せてくれるのが臨済宗大本山・東福寺です。この時期にぜひ訪れたいのが、昭和の作庭家・重森三玲による印象的な本坊庭園「八相の庭」。東西南北に4つの名庭をもっていますが、苔を印象的に楽しむことができるのは西、東、北の庭。

市松模様の苔が目に入る「北庭」、円柱で北斗七星を表現した、宇宙を感じさせる「東庭」。直線的なサツキの刈り込みと砂地の白に、柔らかな曲線の苔の緑の盛り上がりが配置された「西庭」。庭と庭は廊下で繋がっており、まるで美術館で絵画を楽しむように、回廊を巡りながら多様な苔の景色を楽しむことができます。

国指定名勝 東福寺本坊庭園 北庭



国指定名勝 東福寺本坊庭園 東庭



国指定名勝 東福寺本坊庭園 西庭(井田の庭)




法然院、心洗われる苔の景色
秋の京都の雨の日におすすめしたいのが法然院。深い森の緑に囲まれた石の階段と坂道を登ると苔むした山門があり、境内には水を表す2つの砂盛りが作られています。この間を通ることは、心身を清めて浄域に入ることを意味しています。また「善気水」と呼ばれる名水の泉があり、池の水辺を囲む瑞々しい苔の緑は時が止まったような感覚さえ感じさせてくれます。

法然院 山門と白砂壇(びゃくさだん)



法然院 境内の池と苔



苔の深い緑と穏やかな雰囲気は、長い歴史を持つ京の風情には欠かすことのできないもの。苔のある景色を訪ねて、秋の古都を巡ってみませんか。


TOKYO FM「クロノス」では、毎週金曜日、8時38分から、毎週週替わりのテーマでボタニカルな暮らしを紹介する「NOEVIR BOTANICAL LIFE」をオンエア。次回10月6日(金)の放送では、秋のラッキーフラワーを紹介します。

また、TOKYO FMで毎週土曜日、9時から放送しているノエビア「Color of Life」。9月は歌手の森山良子さんを迎えてお届けしています。どうぞ、お聴き逃しなく。



----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2017年10月7日 (土)AM 4:59 まで
(スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:「NOEVIR BOTANICAL LIFE」
放送日時 :毎週金曜8:38〜8:43
ナビゲーター:高橋万里恵
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/botanical/

関連記事(外部サイト)