「ひとり1泊3万円の超贅沢キャンプ」ありですか? なしですか?

「ひとり1泊3万円の超贅沢キャンプ」ありですか? なしですか?

「ひとり1泊3万円の超贅沢キャンプ」ありですか? なしですか?

「グランピング」という言葉をご存知でしょうか。グラマラス(glamorous)とキャンピング(camping)を掛け合わせた造語で、一言で言えば「超高級キャンプ」のこと。ホテルや宿泊施設が提供してくれる豪華なキャンプで、一泊数万円することもあるのだそうです。現在人気急上昇で、全国各地にグランピングの施設が誕生しているのだそう。それってそもそもキャンプの意味があるの?という所も含め、皆さんがこの「グランピング」についてどう思うか気になるところ。
TOKYO FMの番組「中西哲生のクロノス」の9月14日の生放送では、パーソナリティをつとめる中西哲生と高橋万里恵が、「ひとり1泊3万円の超贅沢キャンプ、ありですか? なしですか?」に寄せられたメッセージについて答えてくれました。



高橋は「私は最近グランピングに行こう!って友達と話しています」と「あり」派。中西は「3万円あったら温泉かな……。でも僕も近くまで見に行ったことがあるんですよ」と興味はある模様です。

まずは、ナシ派の意見。

「昭和生まれの僕としては、キャンプとは材料がしょぼかったりしてもそれを現地の雰囲気で盛り上げながら楽しむものだと思います。それに3万円あるなら、僕ならLCCで海外に行きます!」

「キャンプ自体に興味がないのでキャンプに3万円払う意味が分かりません! 心地よい布団、心地よい温泉、心のこもった食事が出るお宿に泊まりたいです!」

「キャンプ場に一泊3万円はナシです。ただ、(高橋)万里恵さんの好きなお肉など、食材にこだわって高くなるのならいいです」

これには「たしかに食べ物のクオリティはすごく大事ですよね」と中西。

「3万円のキャンプはナシだな。我が家は年に4回は激安キャンプに行ってます。キャンプは毎回違うセッティングで我が家の正解を見つけるから楽しい」

「ナシです。それなら旅館に泊まって、昼間に外で遊べばいいと思います。そもそもアウトドアなのにインドアのような環境を求めるのがおかしい。自然に触れ合うのに、人工物に囲まれながらというのが間違えてると思います。私の理想はリュックに収まる装備で、あとは自然の恵みをいただきながら過ごすことです」

「確かにそれもそうだなぁ」と中西。高橋は「キャンプのホテル寄りバージョンと考えるか、ホテルだけど自然寄りバージョンと考えるか、とらえ方によっても違うかもしれませんね」とコメントしていました。

次に、アリ派。

「女性だけでキャンプも出来るし食事もついていて、調べていくうちにアリという結論に達しました。こんなのキャンプじゃないという人もいるかもしれませんが、キャンプ道具を一式そろえたらそれ以上かかってしまうことを考えれば安いのかなとも思います」

この意見に中西は「確かにそうですよね。一年に何回も行かないならこういう施設が整っているところに行った方がいいかもしれない」と賛同していました。

「自然が好きだし、他の人がやってないことを経験したいタイプなのでぜひ体験したいです!」

「この時代、自然の中でキャンプというのはそもそも贅沢なことだと思います。その中で3万円分の贅沢というのは、いったいどういうものなのか体験してみたいです。森でシャンパンみたいなことですかね!」

「アリです。格安の回転寿司と銀座の高級寿司、全く違う個性ですがどちらも好きなのと同じです。カジュアルなキャンプと高級なキャンプ、どちらも素敵なんだと思います」

「女性はやっぱり水周りがキレイな方が喜びますよ。女性がいるならグランピングはアリ!」

「若いうちは普通のキャンプでいいけど、歳を取ったらグランピングの方がいいかも」

また、こんな意見も。

「鍵をかけられるようなところじゃないと心配で眠れないので無理かなと思ってます。あるとしたらテントじゃなくバンガロ―的なところなら……」

高橋曰く「まさにグランピングってそういう感覚だと思うので、鍵はかけられると思いますよ」とのこと。実際、お部屋式になっていて鍵がかけられる場合もあるようです。

「家族と行くならナシ、友達と行くならアリです。友達とならワイワイ楽しそうだけど、家族で行ったら結局お料理も片づけもしなきゃいけなくて家にいるのと変わらない!」

こちらも、施設によっては料理を出してくれて片づけもしてくれるところがあるとのこと。それならご家族でも楽しめるかもしれませんね。

ちなみにオンエア中、番組公式ツイッターの投票機能を使ってアンケートを取ったところ、アリ派が32%、ナシ派が68%という結果になりました。やはり本来のキャンプの意味がないのでは?と感じる方が多かったようですね。

中西は番組内で紹介した雑誌「Glamp」を見ながら「これは今までの概念が覆りますね。キャンプはキャンプでいいところがあるけれど、これはまた別」と驚いた様子。最終的に2人の出した結論は「アリ」!
元々のキャンプとは別物に考えて楽しむことが出来る新しい形のリゾートなのではと感じました。

文/岡本清香


【あわせて読みたい】
★ホンネ告白! 私がモテないこれだけの理由/女性編
★男のオシャレ「脱毛、ネイル」はあり? なし?
★女性のホンネ告白!「私が、もうオバサンだと思った瞬間」

<番組概要>
番組名:「クロノス」
放送日時:毎週月〜金曜6:00〜9:00
パーソナリティ:中西哲生(月〜木)、速水健朗(金)、高橋万里恵
番組Webサイト:http://www.jfn.co.jp/ch/

関連記事(外部サイト)