「娘には亡き父が見えていた?」不思議体験を、江原啓之が解説

「娘には亡き父が見えていた?」不思議体験を、江原啓之が解説

「娘には亡き父が見えていた?」不思議体験を、江原啓之が解説

スピリチュアリストの江原啓之が、現代社会でさまざまな悩みに直面している人たちに温かい“ことば”を届けるTOKYO FMの番組「Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り」。今回番組では、亡くなった父が娘に見えているかのような体験をした方のメッセージを紹介し、江原が“ことば”を届けました。

パーソナリティの江原啓之



◆亡き父の姿が見えていた?
「今から5年前に父を食道癌で亡くしたのですが、1歳半になる娘を連れて、先日、初めて娘と一緒にお墓参りに行きました。娘は初めてお墓に行ったのですが『じーじ、どこにいるかわかる?』と言うと、初めて訪れたにも関わらず、父の眠るお墓をすぐ指さしました。私は父に会えたような気がして嬉しくなって『じーじにタッチしてごらん』と言うと、誰もいない空中に向かってタッチしました。父は、孫である私の娘に会うことなく逝ってしまったので、父が孫と会って喜んでいる姿が目に浮かんで、心がとても温かくなりました。やはり小さな娘には、父の姿が見えていたということでしょうか?」

◆江原からの“ことば”
「見えていましたね。赤ちゃんや子どもは、先入観が何もないから見えるのです。赤ちゃんは、なぜ仏壇を見て笑うのか。どこの赤ちゃんでもそう。私の甥っ子のときも、赤ちゃんの頃、仏壇を見てケラケラ笑っていたので、甥っ子の位置をひっくり返したら、のけぞって見ていた。そういう純粋な心でありたいものですね」

◆江原啓之 今宵の格言
「天は見て御座る」
「天の目は、防犯カメラより正確です」

番組では、江原に相談に乗って欲しい悩みや感想、メッセージを募集しています。こちらにどしどしお寄せください。

【番組概要】
番組名:Dr.Recella presents 江原啓之 おと語り
放送日時:TOKYO FM/FM OH! 毎週日曜 22:00〜22:25
エフエム山陰 毎週土曜 12:30〜12:55
パーソナリティ:江原啓之
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/oto/

関連記事(外部サイト)