広末涼子、5年ぶり舞台「今回は最年少という嬉しい立ち位置です」

広末涼子、5年ぶり舞台「今回は最年少という嬉しい立ち位置です」

広末涼子、5年ぶり舞台「今回は最年少という嬉しい立ち位置です」

アーティストの坂本美雨がお届けするTOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」に、広末涼子さんが登場。来年2月18日(日)から始まる舞台「シャンハイムーン」について、その意気込みを語ってくれました。
(アーティストの坂本美雨がパーソナリティをつとめるTOKYO FM「坂本美雨のディアフレンズ」2017年12月14日(木)放送より)


広末涼子さん(右)とパーソナリティの坂本美雨



坂本:広末さん、最近までドラマに出てらっしゃいましたけれども。

広末:そうですね。

坂本:先日最終回を迎えました「奥様は、取り扱い注意」では、ご主人にひどいことを言われるという主婦の役でしたけれども(笑)。

広末:そうでしたね(笑)。脚本が金城(一紀)さんで、ちょっと社会派のテーマで突っ込んだ内容でストーリーが展開していたので。タイトルからするとポップな内容なのかと思いきや、DVがあったり、なかなかハードな内容でみんなびっくりしてたんですけど。でも、私としては、1話完結の回が多くて必ず最後に悪をやっつける部分は、水戸黄門的というか。なかなか女性があのぐらいのアクションシーンを見せる連ドラはこれまでなかったような気がするので、綾瀬はるかちゃんがすっごくかっこいいアクションに挑んでいたので、みなさんも観ていてスカッとしてたんじゃないかなとか。私もすごくドキドキして楽しかったですね。

坂本:そして、新しい舞台が始まりますけれども。舞台は5年ぶりなんですね。

広末:そうなんです。意外と舞台は期間が空いてしまうんですけど、特に映像をメインにとか、舞台はこのぐらいの期間を置いてみたいなスタンスは考えてないんですが、気づくとあっという間で、2、3年ぶりかと思ったら5年も経ってしまっていて。久しぶりの舞台になるんですけど、来年の1月にお稽古して、2月、3月に「シャンハイムーン」という舞台に出演させていただきます。

坂本:「シャンハイムーン」は井上ひさしさんの戯曲ですけれども、東京・世田谷パブリックシアターで行われます。今回共演されるのが、野村萬斎さん。

広末:初めてなんです。

坂本:初めての共演。一緒に撮られたお写真が今ここにあるんですけれども、じゃあ、お会いしたのも、この撮影が初めてだったんですか?

広末:はい。まだお稽古も始まっていないので、これからのお芝居にワクワクしてますね。

坂本:初めてお会いして、どのような印象でしたか。

広末:姿勢が良くて、ピシッとした良い緊張感のある空気感を持ってらっしゃる方で、本番ももちろんですが、これからお稽古が始まるのが本当に楽しみですね。しかも今回の舞台は、久しぶりに私が出演者の中で最年少という嬉しい立ち位置で(笑)。(中略)10代からお仕事を始めてきたので、年上の人についていくスタンスのお仕事が長かったんですけれども、気づくと自分が年上だったり座長的な立ち位置みたいなことが続いていたので、今度の舞台は自分が年下っていうのがすごく嬉しくて。やっぱり先輩方に委ねてついていくのは最高ですね(笑)。


野村萬斎さん、広末涼子さんらが出演する舞台「シャンハイムーン」は、2018年2月18日(日)から東京・世田谷パブリックシアターにて上演されます。公演情報の詳細は、世田谷パブリックシアターサイト内舞台「シャンハイムーン」特設ページをご覧ください。

12月18日(月)のゲストは、ピアニストの塩谷哲さんです。毎回、多彩なゲストとの楽しいトークや素敵な音楽をお届けします。


----------------------------------------------------
【??この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く??】
聴取期限 2017年12月22日(金)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ)
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

〈番組概要〉
番組名:坂本美雨のディアフレンズ
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国38局ネット
放送日時:毎週月〜木曜11:00〜11:30
パーソナリティ:坂本美雨
番組Webサイト: http://www.tfm.co.jp/dear/

関連記事(外部サイト)